記事内に広告を含む場合があります。

神社に歓迎されてないサインを見逃すな!神様に歓迎される人の特徴や最善の対策

神社の画像 神社
スピちゃんねる【公式LINE】

\スピちゃんねるからのプレゼント/

❶生涯役立つスピリチュアルな激レア情報

❷本当に良い占いの使い方を伝授(裏技)

❸毎月/願望実現を祈る強力な女神の待ち受け

※これら友達登録で豪華特典ゲット

友だち追加

PR

工学博士ALICE先生の無料プレゼント/

PR:エキサイト

\初回合計最大8500円分無料/

PR

\最強のスピリチュアルジュエリー紹介/

いつでも神聖な空気に包まれている神社ですが、場所やタイミングによって歓迎されてないサインが現れることもあります。

なぜ、神様に拒絶されてしまうことがあるのか気になりますよね。

そこで今回は、そんな神社や神様に歓迎されてないサインの真相について解説していきます。

スポンサーリンク

神社に歓迎されてないサイン!神様から拒絶される理由

神社に行くことは悪いことではありません。

しかしながら、神社や神様にも相性があると言います。

そのため、相性によって神社から歓迎されないことや神様から拒絶されてしまうこともあるんですね。

ここからは、そんな神社や神様に歓迎されてないサインとして多い現象をご紹介していきます。

体調が悪くなる

神社に訪れた途端に、身体が重くなったり気分が悪くなる人も多いと言います。

これは、自分自身の心が清らかではない状態を意味することもあります。

または、自分の気が弱っていることで、神社の強いエネルギーに当てられ体調を崩した可能性もあるでしょう。

どちらにしろ、「まだここに来るのは早い」という神社や神様から歓迎されてないサインとも言えるでしょう。

感情が不安定になる

神社に行くと感情が不安定になる人もいますよね。

中でも、感情が落ち着かない、急な不安に襲われるなど。

これは、訪れた神社が過去世や前世で何か深い繋がりがあったことを意味し、自分にとって都合が悪い場所だったのかもしれません。

過去や前世を通して神社との関係が悪い(歓迎されない関係)ことを意味してるとも言えるでしょう。

天候が優れない

「次の休みの日は神社に行こう」なんて思っても、当日になると大雨・雷・大雪など悪天候になってしまうことありますよね。

これは、神社や神様から歓迎されてないサインとしてよくあることです。

「来るのは今じゃない」という意味なのかもしれません。

当日に急な予定が入る

神社へ行く予定を立てても、予定日に近づくにつれ急な用事が入ってしまうこともありますよね。

これも、「今来るのは辞めておけ」という神社や神様からの警告の可能性があります。

自分の思い通りにならないときは、あまり歓迎されてないサインと思っておきましょう。

寝坊する

朝から神社に行こうと意気込んだときほど、当日に寝坊してしまう人もいますよね。

普段は寝坊なんてしないタイプなら、神社から歓迎されてないサインとしても受け取れます。

行きたい神社が変わる

「〇〇神社に行こう」と思ってたはずが、「やっぱり〇〇神社にしようかな…」なんて気持ちがコロコロ変わってしまうときもありますよね。

こうした行きたい神社が変わるときも歓迎されてないサインの可能性があります。

「他の神社に行きなさい」というメッセージかもしれません。

向かう途中に忘れ物に気づく

神社に向かう途中、貴重品など忘れ物に気づいて帰らざる終えないことありますよね。

これは、「もう少し時間を置いてから来なさい」というメッセージかもしれません。

今は歓迎されてないサインだと思いましょう。

参拝者が多い

いざ神社に入ろうとすると観光客やツアーなどの団体が来てしまい参拝できなくなってしまうこともありますよね。

これも、「少し時間を置いてから来なさい」という神社や神様からの遠回しなサインと言えます。

神社に行ったのに閉門していた

これ自分も経験がありますが、神社に行ったのに閉門していることってありますよね。

例えば、修繕工事やイベントだったり…。

こうした年に数回あるかないかのことで神社が閉門していたときは、今は歓迎されてないサインと思いましょう。

道に迷う

初めて行く神社や久しぶりに行く神社ほど、現地に着いてから道に迷うこともあります。

しかし、これも神社や神様の遠回しな来てはならぬのサインかもしれません。

道に辿り着けない=今はお呼びでないという意味合いもあるんです。

お参りがスムーズにできない

境内の道が工事をしていて通れない、または手水舎の水が出ていないなどありますよね。

こうしたお参りまでの行程がスムーズに進まないときも、あまり歓迎されてないサインと言えます。

神社や神様に歓迎されない人の2つの特徴

このように、神社や神様に歓迎されてないサインが現れることは、意外によくあることです。

ただし、ほとんどの理由は、「来るなら今ではない」という意味合いのことが多いと言います。

とはいえ、単純に神社や神様からして歓迎したくない人もいるとされています。

それでは、そんな神社が歓迎したくない人や神様が拒絶したくなるような人の特徴もご紹介します。

欲にまみれた人

神社にお参りしに行く人も多いでしょうが、あまり欲ばかりにまみれた人ほど神社や神様も良い気分にはなりません。

欲にまみれて、「お金持ちになって豪遊したい!モデルやアイドルと遊びたい!」なんて頼みたくなる気持ちは分かりますけどね…。

もちろん、願い事をすることがダメってことではありません。

でも、大事なことは、日々何不自由なく過ごせていることに感謝する気持ちです。

そうした純粋な心を持っている人のほうが、神社や神様からも歓迎されやすいとされています。

悪意のある感情を持つ人

普段から、悪行を働く人や人に迷惑をかけている人など。

はたまた、人の不幸を願おうとする人はもってのほかです。

清らかな気持ちがない悪人は、神聖な場所にはそぐわない。

むしろ、失礼に値しますよね。

あまり神社や神様としても歓迎したくない存在と言えるでしょう。

神社や神様に歓迎されているサイン

ここまで、神社や神様に歓迎されないサインについて話してきましたが…。

打って変わって、神社に歓迎されているサインがあることもご存知ですか?

これは、神様に呼ばれている(歓迎される)サインと言われることもあります

ここからは、そんな神社や神様から歓迎されるサインとして多い現象もご紹介します。

無性に立ち寄りたくなる

散歩していて、ふと神社を見つけることありますよね。

そして、ふと立ち寄ってみたくなることもありませんか?

この気持ちの変化は、神社にいる神様からの寄っていきなさいという歓迎のサインと言われています。

もしかすると自分の潜在意識が神様からのメッセージをキャッチしたのかもしれません。

突然と雨が降る

神社に行くまで快晴だった天気が、境内や鳥居をくぐった瞬間、または参拝中に雨が降ってきた経験ある人もいるでしょう。

雨が降ると、「運が悪いなぁ…」と思う人もいるでしょうが安心してください。

雨が降るのは、神社や神様からの歓迎されているサインです。

雨は、空間を浄化してくれる意味があります。

禊の雨とも言われています。

より神聖な空間で参拝できる環境を用意してくれているわけです。

突然と雨が止む

逆に、雨が降っていたのに、神社に足を踏み入れた途端に快晴に変わった経験がある人もいるはずです。

これも、神様からの歓迎のサインでしょう。

太陽が出ると太陽のエネルギーが境内に注がれます。

そのため、より神聖な空間に変わります。

良いエネルギーが流れる環境を用意していただいたと受け取りましょう。

気持ちいい風が吹く

境内に入ると気持ちいい風が吹いてきたり、参拝中に拝殿から風が吹いてきたりすることもあります。

これも、神社や神様から相性が良いというサインです。

風は清らかな気持ちにさせてくれるため、心を浄化してくれます。

御幌(みとばり)が揺れる

神社にある御幌が、風も吹いていないのにゆらゆら舞うよう揺れたときは、願い事が叶う縁起の良い現象とされています。

御幌が内側から外側へ揺れると、神様が願いを聞いてくれたという意味もあるようです。

逆に、御幌が外側から内側へ揺れたときは、神様に願いが届いたことを意味しています。

木の葉・花びら・鳥の羽がひらりと落ちてくる

境内を散策していると木の葉・花びら・鳥の羽などか落ちてくる経験したことがある人もいますよね。

これも神社からの歓迎されているサインと言われています。

小石がぱらぱら落ちてくる

風で飛んできたのか、目の前に小石がパラパラと落ちてくることありますよね。

これは、天狗のつぶてとも言われています。

こちらも縁起が良いとされ、歓迎のサインと言われています。

何かに引っ張られる

境内を歩いているとき、ふと何かに引っ張られるような感覚があったときは、それも神様からの歓迎のサインとされています。

神社に向かって引っ張られたときは、「寄っていきなさい」の意味があるでしょう。

突然と虹が現れる

神社を参拝しに行って、雨が降ったり快晴になることもあれば、虹が現れることもあります。

これも、縁起が良い事柄です。

虹には、願いが叶う、希望がある、人生の転機が起きる、夢の実現、明るい未来など、縁起の良い意味がたくさんあります。

神社に訪れたときに虹が見られたときは、それだけ歓迎されているサインだと思いましょう。

突然と彩雲が現れる

もともと彩雲を見られるのは珍しく、縁起が良い吉兆の前触れとも言われています。

神社に足を踏み入れてから彩雲が現れたなら、それは神社や神様からの大きな歓迎を意味しいるかもしれません。

バッタリ知り合いと出会う

立ち寄った神社で知り合いや友達と出会うと縁が良いとされています。

久しぶりに会う人物であれば、もしかすると神社や神様が縁を繋いでくれた可能性もあるでしょう。

バッタリ動物(生き物)と出会う

神社で見かけることがある動物たち。

これらの動物たちに出会うことも吉兆と言われています。

神社で出くわす生き物のほとんどは、祭神の使者、神様の使い、神のつかわしめ、神のみさきとも言われています。

中でも、

  • ハト
  • カラス
  • シカ
  • キツネ
  • ヘビ
  • ニワトリ
  • サル

このような生き物に出会えたら、神社や神様から歓迎されているサインかもしれません。

御神体(鏡)が見える

神社に訪れたとき、たまたま御神体(鏡)の扉が開いていて見れることがありますよね。

これも、より神様に近づけたという縁起が良い現象とされています。

たまたまイベントに出くわす

ふと立ち寄った神社で、七五三・奉納舞・ご祈祷・結婚式などのイベント行事に出くわすこともあるでしょう。

実は、これも歓迎のサインです。

奉納舞・ご祈祷であれば、「立ち寄って見ていきなさい」という意味合いもあります。

または、ご利益のおすそ分けという意味もあるかもしれません。

七五三や結婚式に関しては、心がほんわかしますよね。

これは、幸せのおすそ分けなのかもしれません。

スッと人がいなくなる

さっきまで、参拝している人で溢れていたはずが、急にスッと人がいなくなるようなことがあったら、神様から歓迎されたサインかもしれません。

もしかしたら、「あなた(自分)の願いを聞こう」というメッセージかもしれません。

神社や神様が、願いやすい静かな環境を作ってくれたのかもしれません。

周りに人がいなくなったときは、じっくり参拝していきましょう。

涙が出る

神社に訪れたとき、ふと涙が出る人も多いと言います。

スピリチュアルでは、涙には浄化の意味があります。

神社の神聖な空気やエネルギーに触れ、自分の中にある悪い気が浄化されて涙として溢れてきたのかもしれません。

これも、神社や神様から癒やしを与えてもらえたのかもしれません。

神社や神様に歓迎されてない環境から抜け出す方法

神社や神様に歓迎されてない環境から抜け出したい人もいますよね。

そこで、スピリチュアル的に神社や神様に歓迎されやすい人の特徴もご紹介します。

いつも感謝を忘れない

どんなことでも感謝を忘れない人は、良い気をまとうと言います。

言霊というものがあるように、感謝することが多い人ほど、ありがとうの言葉を大切にしています。

ありがとうの言葉には、言霊の中でも強いプラスなエネルギーを持つとされます。

そんな感謝の気持ちを大切にしている人ほど良い気をまといやすく、神社に流れる良い気との相性も合ってくるんです。

気の相性が合う神社が多くなる=歓迎されやすい環境と言えます。

いつも清らかな気持ちで居ること

いつも清らかな気持ちを保てる人は、これもまた良い気をまとっている状態と言えます。

例えば、人の悪口を言わない、悪いことをしない、人を騙さない、人を傷つけないなど。

誰よりも優しい気持ちを持っている。

これ、とても大切なことです。

こういった純粋な心を持つ人ほど、神社や神様から歓迎されやすい存在と言えます。

波動が高い

神社自体が波動が高い空間と言われています。

神聖な場所と言われるところほど波動が高いためです。

この波動の性質には、同じレベルの波動同士は共鳴しやすいと言われています。

要は、高い波動を持つ人ほど高い波動が流れる神社に引き寄せられるということです。

そのため、波動が高い人ほど神社や神様からも歓迎されやすいと言えるでしょう。

波動は、人生での経験や学びを積むことで高まっていきます。

人生の中で、自分の成長に繋がる生き方を意識してみましょう。

自分の成長と共に波動が高まれば、いつか神社や神様からも歓迎されるような人間になれるかもしまれせんよ。

神社や神様にも自分と相性の良し悪しがある

知っていますか?

スピリチュアル界隈では、自分と相性の合う神社や神様もいれば、合わない神社や神様もいると言います。

当然、自分に合わない神社や神様には歓迎されない可能性は高いわけです。

ということは、自分に合った神社や神様のいるところに行けば、歓迎される可能性も高いわけですよね。

自分の属性に合う神社や神様を知ると歓迎される!自然五元素で解決

神社に行っても歓迎されないことが多いなら、自分の属性と相性が悪い神社に行っている可能性もあります。

人や土地には、それぞれ生まれ持った属性があると言われていますからね。

ここでの属性とは、空・地・水・火・風の自然五元素のことを指します。

この人(自分)と土地の属性の相性を調べることを繭気属性(けんきぞくせい)と呼びます。

これは、自分に合った相性の良い神社や神様を調べるきっかけになります。

それでは、最初に自分の属性を調べる方法からご紹介します。

例:1990年1月1日生まれの方

自分の生年月日をすべて足します。

1+9+9+0+1+1=21

合計数が二桁の方は、合計数を分散させ一桁になるよう足します。

21→2+1=3

一桁に導きかれた数字に、以下の自分の血液型に記された数字を足します。

A型=1 B型=2 AB型=3 O型=4

1+9+9+0+1+1=21→2+1=3+1=4

※A型の場合

一桁の数字が出ましたか?

それでは、その出た数字と以下の属性が当てはまったものがあなたの属性となります。

属性表
  • 「地」:1と6
  • 「水」:2と8
  • 「火」:3と7
  • 「風」:4と9
  • 「空」:5

それでは、自分の属性が分かったところで自分の属性と土地(神社)の属性を知るための繭気属性の表もお教えしておきます。

自分の属性と合う土地の属性、繭気属性を調べるときは以下表を参照ください。

自分の属性 相性(良) 相性(悪)

参考:神社属性サーチ

この繭気属性の表と照らし合わせ、自分の属性と相性の合いそうな神社を選んでお参りに行ってみましょう。

今までみたいに、神社や神様から歓迎されないサインが現れることも減るはずです。

属性に合った神社に訪れることで、今まで以上に神社や神様からの歓迎のサインが現れたり、重要なメッセージを受け取ることも増えるかもしれません。

また、分かりやすいように属性別に合う相性の良い神社もまとめておきました。

こちらも神社巡りをするときの参考の一つにしてみてください。

地属性との相性が良い神社
東京:大國魂神社

千葉:猿田神社、香取神宮

神奈川:伊勢山皇大神宮

山梨:武田神社

長野:戸隠神社

岐阜:南宮大社

奈良:大神神社、春日大社

京都:地主神社

兵庫:日吉神社

島根:出雲大社

鳥取:金持神社

香川:金刀比羅宮

宮崎:都萬神社

熊本:国造神社

鹿児島:新田神社

北海道:北海道神宮

水属性との相性が良い神社
東京:東京大神宮、亀戸天神社

長野:諏訪大社

奈良:天河大弁財天社

京都:貴船神社、下鴨神社、晴明神社、出雲大神宮

三重:伊勢神宮

広島:厳島神社

福岡:太宰府天満宮

佐賀:伊勢神宮

鹿児島:霧島神宮

火属性と相性が良い神社
千葉:千葉神社

埼玉:川越八幡宮

宮城:大崎八幡宮

栃木:古峯神社

茨城:鹿島神宮

静岡:山宮浅間神社

和歌山:熊野神社

滋賀:多賀大社、建部大社

京都:八坂神社

大阪:住吉大社

愛媛:伊曽乃神社

島根:須佐神社

岡山:由加神社本宮

宮崎:荒立神社

福岡:竈門神社

熊本:宝来宝来神社

風属性と相性が良い神社
青森:岩木山神社

山形:上杉神社

新潟:彌彦神社

東京:日枝神社、花園神社

埼玉:三峯神社

埼玉:氷川神社

愛知:真清田神社

三重:椿大神社

和歌山:神倉神社

奈良:石上神宮

京都:伏見稲荷大社

兵庫:伊和神社

福岡:宮地嶽神社

空属性と相性が良い神社
埼玉:今宮神社

栃木:日光東照宮

愛知:熱田神宮

奈良:玉置神社

島根:八重垣神社

岡山:吉備津神社

福岡:桜井神社

ピンポイントで〇〇神社の属性を知りたいと思ったときは、Googleで〝〇〇神社 属性〟などと検索すると出てきたりします。

自分の最も最初に行くべき神社!氏神様の調べ方

氏神様を知らない人は、以下を参照。

氏神(うじがみ)は、日本において、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神のこと。同じ氏神の周辺に住み、その神を信仰する者同士を氏子(うじこ)という。現在では、鎮守(ちんじゅ)ともほぼ同じ意味で扱われることが多い。氏神を祀る神社のことを氏社という。

引用:Wikipedia

要するに、自分の住んでいる地域を守ってくれている神社の神様のことです。

そうなるとです。

自分が住む街を守ってくれている氏神様のいる神社にこそ、一番最初にお参りとして訪れなければいけない場所と言えます。

自分の氏神様がいる神社を知りたい人は、各都道府県の神社庁サイトをチェックして聞いてみましょう。

自分の住んでいるエリアを伝え、自分の氏神様のいる神社はどこか聞くだけでOKです。

あとは、感謝の気持ちを込めてお参りに行ってみましょう。

氏神様のいる神社にお参りに行って歓迎されないなんてことはないはずですからね。

むしろ、「やっと来たか」と神社や神様から歓迎のサインがあるかもしれませんよ。

【豆知識】パワースポット神社と言われた場所にまつわる噂

よくパワースポットなんて呼ばれ、人気が出る神社ありますよね。

でも、流行っているからといって軽い気持ちで神社に行くのはちょっと違います。

実は、パワースポットと呼ばれるようになった神社には以下のような噂が立つことがあります。

パワースポットと呼ばれた瞬間から、そこはパワースポットではなくなる説です。

「え?なんで?」なんて思いますよね。

理由としては、簡単です。

例えば、テレビで、「〇〇神社に行くと金運が上がりお金持ちになれる!」なんて言われたら、みんな行きますよね。

でもこれ、お金が欲しい欲にまみれた波動の低い人たちが集まりやすい場所になってしまう可能性があります。

よくパワースポットに行っても、「何も良いことが起きなかった…」なんて人いますよね。

これ、訪れたパワースポットの神社に対して、何かメリット(見返り)を求めて行ってしまうからなんです。

本来神社は、日々の平和な暮らしに感謝を伝えに行く場所とも言われています。

あまりに欲にまみれた気持ちで行ってしまえば、そんな人を神様も見守りたいとは思わないはずです。

いくらパワースポットだからと言っても、ただ行けばパワーをもらえて良いことが起きるなんて都合良いことはありえません。

見返りは求めず、清らかな気持ちで感謝を伝えに行くことで始めてパワーを頂けるんです。

まとめ

このように、神社に訪れるときには、何か神社や神様から歓迎されていないサインが現れていないか探してみましょう。

また、神社のような神聖な場所に行くときは、パワースポットだからといって欲にまみれて行かないことです。

清らかな気持ちで、神様に日々の感謝を伝えに行くほうがご利益はあるかもしれません。

この記事が、少しでも誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

神社
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
管理者
スピちゃんねる

日本レイキセラピスト協会認定ヒーラーが運営するスピちゃんねるでは、世の中の不思議や疑問をテーマとしたスピリチュアルな話題を発信してます。スピリチュアルを身近に楽しめるメディアNo.1を目指しています。記事作成の依頼やお仕事の依頼のみ問い合わせフォームへよろしくお願いいたしますm(__)m

スピちゃんねるをフォローする
スピちゃんねる
error: Content is protected !!