裏切る人と裏切られる人のスピリチュアルな真実を徹底解説!

裏切った人と裏切られた人が口論になっているイラスト画像スピリチュアルの裏話

今までずっと信じていたのに…。

裏切る人がいるということは、裏切られる人も存在する。

 

これ実は、スピリチュアル的にも見ると、ある真実やメッセージが隠されていることがあるんです。

 

スポンサーリンク

裏切る人のスピリチュアルな理由

裏切る人のが悪い。

そう思う人のが多いはず。

もちろん、どんな理由があっても、人を裏切り傷つける行為は許せない気持ちも分かります。

 

でも、裏切る人にも何かしらのスピリチュアル的な意味があるかもしれない。

要因として考えられるのは、以下3つです。

 

波動が落ちている

単純な話なのですが、波動のエネルギーが低くなっている、質が悪い人ほど、人を裏切る行為をしやすいと言えます。

常に悪い波動エネルギーに包まれているので、人のことを傷つけてでも、自分の身を守ろうとしたり、幸せになろうとします。

 

波動エネルギーは高ければ高いほど、良い運命を引き寄せやすい。

打って変わって、波動エネルギーが低ければ低いほど、悪い運命を引き寄せやすいんです。

 

だから、波動が低い人ほど、目的のためなら罰が当たるようなことでもしてしまう。

平気で人を裏切り、傷つけるような行為もしてしまうこともあるんです。

 

潜在意識からの自己防衛

潜在意識と言うのは、自分では意識できない部分です。

だからこそ、現状(リアル)に何かしらのメッセージやサインとしてでてくることが多いんです。

 

人を裏切る行為、これも潜在意識からの何かしらのメッセージやサインかもしれないってことです。

 

人を裏切ってでも、相手を傷つけてでも、自分を守らなければならないとき。

それだけ余裕がなくなるほど、潜在意識では何か危機を感知しているのかもしれないってこと。

 

そういった今あるすべての出来事には、何かしらのスピリチュアルなメッセージやサインがあるかもしれないとも言われているんです。

 

カルマによる行為

カルマとは、過去や前世にしてきた行いによって、今の自分を作り上げているという意味を持ちます。

何が言いたいかというと、過去や前世に悪とされる行為をしてきた者ほど、善人にはなれない。

 

人への裏切り行為、相手を傷つける行為をしてしまう人は、過去や前世にも何か悪い行いをしていた可能性があるということ。

 

それがカルマとして、人を裏切ってしまうような悪い自分を作り上げてしまう。

これは、〝善人にはなれない〟という過去や前世での行いによる罰を受けているのかもしれないってことです。

 

裏切られる人のスピリチュアルな理由

裏切る人にもスピリチュアルな意味があるなら、裏切られる人にも何かしらのスピリチュアルな理由があると考えるのが普通ですよね。

それでは、解説していきましょうか。

 

波動が低くなっている

波動などのエネルギーが低くなっている人ほど、裏切られやすい傾向がある。

この波動は、生活習慣が悪かったり、悩みやすい性格だったり、ネガティブだったりするだけでも低くなることがあります。

 

明るい人、前向きな人ほど、この波動は高くなるってことです。

 

波動が低くなると問題なのは、同じような波動の低い人を引き寄せやすくなってしまうということです。

これは、人は似たもの同士で共鳴し合うためです。

 

好きなものが一緒な人は、相性が合いますよね。

嫌いなものが一緒な人も、話が合って相性が良いですよね。

 

波動も同じなんです。

そんな自分と同じように波動が低い人の中には、裏切る行為や人を傷つけるような行為をする人だって混じっていることがある。

 

だから、スピリチュアルな世界では波動が低くなっている人ほど、裏切りなどの何かしらのトラブルにも巻き込まれやすいと言われているんです。

 

波動が合わなくなった

またまた波動の話になりますが、良い意味で人から裏切られることもあります。

こんなことを言うと、「裏切られて傷つけられているのに、良い意味なんてある訳ないだろ!」なんて言いたくなる人もいるでしょう。

 

でも、ちょっと最後まで話を聞いて。

実はね、あなたの波動が高くなり、人を裏切るような波動の低い人と相性が合わなくなっただけかもしれません。

 

先ほども話しましたが、同じ波動を持つ人同士は引き寄せ合う傾向があります。

 

人を裏切る人は、波動が低い。

同じように波動が低い人は、この人を裏切るような波動が低い人と相性が良く引き寄せやすくなってしまうんです。

 

でも、この理論で言えば、どちらかの波動が変われば、この相性は合わなくなるってことですよね。

相性が合わなくなれば、必然とどちらかが自然と離れていくようになるんです。

 

今回、波動の低い人から裏切られ縁を切ることになったのなら…。

それは、スピりチュアル的に言えば、お互いに波動の相性が合わなくなったから離れていっただけなのかもしれません。

 

むしろ、解放されたと思っても良いのかもしれない。

裏切られて傷つけられたことはショックでしょうが、〝今の自分には必要のない存在だった〟というだけなんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

嫌いな人が去っていくスピリチュアルな理由を徹底解説!
スピリチュアルの世界では、課題をクリアしたりステージが上がることによって、人間関係に変化が現れると言われています。 職場などで、嫌いな人がいるという人は多いですよね。 そうした嫌な人間関係もスピリチュアルの世界では波動が上がるに...

自分(魂)が成長するための試練

スピリチュアルな世界では、人間は魂を成長させるために生きているとも言われています。

この魂を成長させるには、色々な困難や試練を乗り越えていくことが必要ともされている。

 

そのため、運命のようにでてくる嫌なこと、ショックなこと、壁にぶち当たることは、自分の魂を成長させるための試練なのかもしれないってことなんです。

 

人に裏切られることってショックですし、経験したくないに決まっています。

でも、もしも裏切られてしまったのなら、過去は変えられない。

 

もうそれは何かしらの試練であり、これを乗り越えれば自分(魂)の成長に繋がると考えるのもありでしょう。

 

カルマによる宿命

先ほどもカルマの話をしましたが、もしかしたら裏切られるという嫌な出来事は、過去や前世での行いの罰なのかもしれません。

スピリチュアルでは、悪いことをすれば、必ずそれはカルマとして自分に返ってくると言われています。

 

過去や前世に、何か自分が裏切るようなことをしたことがあるのかもしれない。

それがカルマとして、今の自分に罰として返ってきているのかもしれません。

スピリチュアルでは、こうした悪い出来事はカルマによる罰と解釈する人も多いんです。

 

裏切る人も、裏切られる人も、魂を成長させることが大事

スピリチュアル的な解釈で話してしまうと、裏切る人も、裏切られる人も、これは避けられない運命であるとも言えますよね。

 

起きてしまったことなら、お互いに後悔してもしきれないんです。

どうあがいても、事前に防ぎことはできなかった。

 

となると、何が大事なのかと言うと…。

裏切る人も、裏切られた人も、その経験を自分(魂)を成長させるための材料にしようってことです。

 

例えば、

  • 裏切ってしまった人は、もう二度と人を傷つけないと反省をする。
  • 裏切られた人は、良い経験をしたと学び、次は付き合う人はよく選ぶことを決意する。

こうして、起きた出来事を上手く学びに変えること。

 

経験したことを学びに変えることで、新たな自分(魂)に成長します。

なんでもズルズル引きずらず、思考を切り替えて、前向きに考えて次に進む。

 

自分(魂)の成長していけばいくほど、どんな人でも波動は高まっていきます。

波動が高まっていくことで、今後は悪いこともしなくなるでしょうし、悪い出来事も起きなくなっていくんです。

 

スピリチュアル的に考えると、裏切る人も裏切られた人も、ここで経験したことをどう捉え、どう学び、どう成長に繋げられるか試されている場面なのかもしれませんね。

 

傷ついた心を癒すスピリチュアルな方法

裏切られた人は、心が傷ついてしまった人もいるでしょう。

少なからず、裏切った人も自分の行った行動に後悔して心が傷つくこともある。

 

裏切る人も裏切られた人も、こうした傷ついた心を癒さなければ、なかなか前向きにもなれないし次に進めないですよね。

それでは、同じことを繰り返してしまうかもしれない。

 

そこで、今回はスピリチュアル的にできる心を癒す方法をご紹介していきます。

 

ヒーリング

ヒーリングってのは、宇宙エネルギーを使った施術と言われています。

もちろん、普通エネルギーなんて見えないものなので、本当にあるかどうか分からないのがスピリチュアルです。

 

しかし、ヒーリングは海外の一部の国では、医療機関でも使われていると言われているほど、ヒーリングの効果は証明されているという話も聞きます。

 

信じる信じないは別として、お試し感覚でヒーリングを受けてみるのも良いかもしれませんね。

今では、ヒーリングサロンなんてものもたくさんあるので、気軽に相談してみるのも良いかもしれません。

 

とはいえ、怪しいヒーリングサロンや高額請求するようなサロンもあるかもしれません。

信用できるサロンかどうかは、しっかりホームページや口コミなどから見極めましょう。

 

瞑想

心に負った傷ほど、思考を変えれば癒えることがある。

思考を変えるためにおすすめなのは、脳や身体をリセットする瞑想です。

 

 

一日の間で、何も考えずに済む無でいる時間を増やします。

 

やり方は、

  1. 座位、あぐらになる
  2. 両手の手のひらを上に向け、両膝から太ももらへんに添える
  3. 目を閉じる
  4. 細く深い呼吸をする(自分のリラックスできる呼吸でOK)
  5. 何も考えずに呼吸に意識を傾ける

たった、これだけ。

 

こうした瞑想による無になれる時間を作ることは、頭の中をクリアにすることや、呼吸による酸素が身体を巡るのでスッキリするんですよね。

 

苦しいとき、悩みがあるときほど、瞑想の効果は高いと感じます。

瞑想するたび、頭の中や身体がクリアになることで、前向きな考えがでてきたりするんです。

是非、リラックスできる環境でやってみましょう。

 

関連記事

瞑想続けた結果が凄すぎた!365日5年間続けて起きた人生の変化
この記事を読んでいる人のほとんどは、きっとこれから瞑想を始めようとしている人、または始めたばかりの人が多いでしょう。 瞑想を続けた先にある結果がどうなるのか、気になりますよね。 そりゃあ、当然です。 毎日頑張って続...

言霊

言霊には、自分を癒す効果があると言われています。

とくに、ありがとうなどの感謝の言葉など、プラスのエネルギーのある言葉は凄いと言われています。

 

「大丈夫。ありがとう。」など、自分にとって安心する言葉を自分に投げかけてあげてみよう。

言霊の効果があれば、傷ついた心が不思議と落ち着いて癒えるかもしれませんよ。

 

いつでもどこでも気軽にできるので、口に出しても、心の中でも唱えてみましょう。

 

まとめ

このように、裏切る人も裏切られる人にも、何かしらのスピリチュアルな意味が隠れていることもあるのかもしれない。

 

しかしながら、これはスピリチュアルな話。

信じる信じないはあなた次第です。

 

ただし一つ言えることは、裏切って誰かを傷つけてしまった人も、裏切られて傷ついた人も、その経験をどう捉え、どう学び、どう今後に生かすのかが大事なんです。

 

自分(魂)の成長のために、今の現実を受け止め、今後はそんなことがないような人生を信じて過ごしていくのが良いのかもしれませんね。

 

傷ついた心が癒えずに次に進めない人は、今回お教えしたスピリチュアルな対処法も参考にしてみてください。

この記事が、誰かの役立つことがあれば嬉しいです。

コメント

error:Content is protected !!