人を癒す力がある人の特徴!ライトワーカーの実態と目指す方法まで徹底解説

人を癒すほどの笑顔をしている二人の女性の画像スピリチュアルの裏話

人を癒す力がある人っていますよね。

周りに、一緒にいて癒される人とかいませんか?

 

そういった人たちをスピリチュアルな世界では、ライトワーカーとも言われています。

こういう人たちは精神力が高く、人を明るく照らし癒す能力があると言われているんです。

 

「なんて素敵な人だ!自分もそんな存在になりたい!」

そんな気持ちになる人もいますよね。

 

今回は、そんな人を癒す力があるライトワーカーの実態と自分も同じような存在になる方法までご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

人を癒す力がある人、ライトワーカーの特徴とは

人を癒せるライトワーカーには、ある特徴があります。

自分もライトワーカーになりたいなら、このライトワーカーのことは知らないと意味がない。

その辺も詳しく解説していきます。

 

何事にも前向き

ライトワーカーほど、何事にも前向きです。

下向きやネガティブになっていても、何も現状は変わらないことをよく理解しているからです。

 

それなら前向きにいるほうが気分も良いですよね。

人を癒せる人ほど、こうした前向きな思考に安心感を感じやすいんです。

 

声やしゃべり方が優しい

偏見はできませんが、やっぱり言葉遣いや口調が素っ気ない人よりは、優しいほんわかした声や優しいしゃべり方の人のが安心しますよね。

 

人は、声のトーンや口調などの会話から相手をどんな人間なのか判断しがち。

会話からも安心を与えてくれる人ほど、人を癒せる人の特徴の一つです。

 

目がキラキラしている

なんだろう。

ライトワーカーと言われるような太陽みたいな人って、目が澄んでいるしキラキラしているんですよね。

 

目が大きくてパッチリしているとか、そういう見た目的なことじゃありません。

嘘がない目というか、いつも真っすぐな目と言うんですかね。

こうした眼光からも、その人自身の魅力を感じやすいこともよくあります。

 

いつも笑顔

人を癒す人って、やっぱり笑顔が素敵なんです。

いつも笑顔なんです。

 

だから、こっちも安心するんです。

見ていて、こっちまで笑顔になってしまうんですよね。

だから、いつも一緒にいたくなるんでしょうね。

 

いつも楽しそう

いつも笑顔なのもあるからかもしれませんが、ライトワーカーって人生を充実していることが多いんです。

だから、周りから見たらいつも楽しそうなんです。

 

いつもなんでも楽しそうにしている人だから、「羨ましいなぁ!」なんて気持ちから魅力を感じる人も多いんでしょうね。

 

いつも全力

何事にも全力で挑める人って、そうそういないですよね。

でも、ライトワーカーはやると決めたらとことんやるような人が多いです。

 

遊びも仕事も!

いつも全力だから、後悔することも少ないんですよね。

こうしたところも、自分にはない魅力を感じやすい部分なのかもしれません。

 

ほんわかしている

全員とは言いませんが、人を癒すような人って雰囲気が柔らかいというか、ほんわかしている人に多いんですよね。

 

一緒にいると、こちらまでほんわかしてくる。

ゆるキャラみたいな感覚かな?w

 

やたらとモテる

人を癒す力があるのですから、そうした存在の人は異性からもモテるんですよね。

だって、一緒にいて落ち着く人ならずっと一緒にいたくなりますよね。

 

それが、恋として気持ちが変わる人だって当然いるでしょう。

人を引き寄せやすいし、人から惹かれやすいのも、ライトワーカーの特徴でしょう。

 

人の意見を否定しない

こうしたライトワーカーの人と話すと分かりますが、自分の意見もしっかり聞いてくれるし否定もしないんです。

だから、話してて気持ちいいんですよね。

 

ストレスなく満足できる会話ができるって言うんですかね。

だから、居心地良く癒されるんです。

 

悪口を言わない

前向きだし、否定もしないことが多いので、人の悪口も言いません。

悪口は自分に返ってくる、悪口言ってても自分も後味が悪い、悪口を言ってても何も解決しないことを理解しているんでしょう。

 

そもそも悪口を言っている人に対して、良い印象を持つ人も癒される人もいませんよね。

そこが、人を癒せる人とそうでない人の違いでしょう。

 

夢や目標を持っている

なんでも全力で生きている人なので、常に夢や目標を持っている人も多いんですよね。

夢や目標に向かって頑張っている人って、なんか魅力を感じますよね。

自分も頑張ろうと思わせてくれる人というのは、一緒にいて落ち着くし癒させるんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

会うと嫌な気持ちになる人のスピリチュアル的な意味合い!出会ったときの対処法を伝授
悪い人ではないけれど、会うと嫌な気持ちになる人っていますよね? しかしながら人生において、人間関係は切れない問題です。 この人付き合いが悩みの種になってしまうことも多いと思います。 そこで今回は、会うと嫌な...

自分もライトワーカーになるために大切なたった一つのこと

「ライトワーカーのように自分も人を癒せる人になりたい!」

そんな風に思ってしまう人もいるでしょう。

 

そんなときに、ライトワーカーになるためには何が大事なのか?

これ実は、スピリチュアル的な話で言えば、波動を高めることが大切なんです。

 

波動とは、自分を覆うエネルギーのことです。

このエネルギーの波動が高ければ高い人ほど、一緒にいて落ち着くなどの人を癒す力があると言われているんです。

 

いつもイライラしている機嫌悪い人と一緒にいて、居心地良く感じる人はいませんよね?

いつもネガティブな人、文句や愚痴ばかりの人と一緒にいて、癒される人もいませんよね?

 

こういった一緒にいて居心地が悪い人は、波動が低い状態だと思ってください。

だからこそ、波動って大切なんです。

 

普段もしも、人の悪口、文句、愚痴など垂れ流しになっている人いたら、それ波動が低くなっている証拠ですよ。

そのままでは、一生人を癒す力のあるライトワーカーなんてなれません。

 

人を癒せる人間になるには、この波動のエネルギーを高めることに集中することが大事なことは覚えておきましょう。

 

波動を上げる方法!今日からできるエネルギーの整え方

さて、人を癒す力があるライトワーカーになるには、波動を上げる必要があると話しました。

それでは、今よりも波動を高くしていく方法、エネルギーの整え方をご紹介していきます。

 

とにかくリラックスできることをする

  • 瞑想をする
  • 森林浴をする
  • エステやリラクゼーションを受ける
  • 好きな音楽を聴く

 

自分がリラックスすることなら、なんでもOKです。

とにかく自分が心地良い環境で過ごせる時間を増やしていきましょう。

 

波動というのは、リラックスできない環境にいる人ほど、気分も下がり波動も下がるんです。

だから、毎日忙しかったりしている人ほど要注意。

 

常に、自分のリラックスできる環境を意識してみることが、波動を上げるためには重要なんです。

人を癒す力を得るには、まず自分が癒されていないと意味がありません。

 

先ほど、人は共鳴すると話しました。

自分の波動が高く居心地が良い状態であれば、一緒にいる相手も共鳴し波動が高くなり居心地良く感じるようになるんです。

 

よく笑っている人を見ると、自分まで笑顔になるような嬉しい気分になりませんか?

これも共鳴です。

 

自分の好きな人だけと繋がる

波動を高める中で、かなり重要なことは人間関係です。

波動というのは、何度も共鳴すると話しました。

 

波動が高い人と一緒にいる時間が増えれば、自分の波動も共鳴して波動が高くなりやすくなるんです。

しかしながら、もうお気づきかとは思いますが、逆もある訳です。

 

波動が低い人と一緒にいる時間が多くなると、同じように自分の波動も引っ張られて下がっていきます。

 

いつも理不尽に怒られたり、人の文句や愚痴を聞いていたりすると、嫌な気分になりますよね。

この嫌な気分になることが多いから、気分も落ち込み波動も落ちるという原理です。

 

となるとですよ?

自分にとって苦手な人や嫌いな人などの波動が低い人とは関わらないほうが良いってこと。

 

なるべく自分が一緒にいて心地良い人とだけ関わる時間を増やすこと。

これだけでも、ずいぶんと自分の波動が上がっていくスピードが高まります。

 

それだけ、どんな人間関係を築いているかで、人を癒せるような波動が高いライトワーカーになれるか決まってくるんです。

是非、人間関係を改めて考えてみてください。

 

やりたくないことを辞めて、やりたいことをやる

やりたいこと、好きなことできていますか?

やりたくないことばかり我慢してやっていませんか?

 

自分のやりたいように好きなようにできない人生なんて、テンション下がりますよね。

文句も、愚痴も増えていきますよね。

 

それでは、心にも余裕が生まれませんし、波動も上がりません。

波動のエネルギーを高めるのに大事なのは、自分の人生を楽しくすること。

 

それを忘れてはいけない。

だから、我慢してやっていることは辞めてみる。

自分のやりたいこと、好きなことを優先してやってみましょう。

 

これだけでも、心に余裕が持てる人生に生まれ変わる。

そして、自分の人生に幸福感が増えて、波動も一緒に上がっていきます。

人を癒すには、まずは自分が幸せでなければならないってことなんです。

 

自分のために生きてる人ほど、周りも癒されていく

ライトワーカーになるためには、波動を高めることが大事と話しました。

でも、勘違いしてはいけないのは、人を癒すために波動を上げようとしてはいけないことです。

 

こんなこと言っても、「え?なんで?人を癒せるようになりたいのに!」なんて思う人もいますよね。

 

もちろん、人を癒したい気持ちを持つことは、とても素晴らしいことです。

でも、人のためだけに生きてても、波動って高くならないんですよ。

 

理由としては、人のために生きれば生きるほど、自分をないがしろにしてしまう人が多いからです。

よく気遣いなんて言葉があるけど、人に気遣いするほど自分は気疲れしませんか?

 

そうなんです。

自分のことよりも、人のことを優先した生き方は、気疲れする。

相手を癒せているか、喜ばせることができているか、常にプレッシャーの中で生きてしまう。

 

それでは、相手を一時的に癒やすことや喜ばせることはできても、自分がしんどいだけです。

自分が苦しいなら、波動が上がりにくいのも当たり前ですよね。

 

だから、人を癒す力があるライトワーカーは、自ら人を癒そうとしていないことが多いんですよ。

 

自分のために自分らしく生きていたら、いつの間にか周りを癒していた。

 

本当は、これだけなんです。

ライトワーカーは、自分を優先して好きなように自分らしく生きています。

 

だから、ライトワーカーっていつ見ても幸せそうなんです。

幸せだから、自然と波動も高くなっていくし、近づく人もみんな癒してしまうんです。

 

不思議ですよね。

でも、人を癒す力ってそういうことなんです。

 

その辺を間違えないようにしましょう。

まずは、自分の幸せのために波動を高める行動をしてみること。

それが結果として、人を癒せるライトワーカーになれる最短の道です。

 

まとめ

このように、人を癒す力がある人のことをライトワーカーと言います。

「そんな人に自分もなりたい!」なんて憧れを持つ人もいるでしょうが、ポイントは波動です。

 

いかに、自分をまとったエネルギーの波動を高められるかが重要なんです。

波動を高めてライトワーカーになるには、他人のことよりも、自分のことを優先して生きること。

 

人を癒すために生きようとしても、自分をないがしろにしていては、思うように波動は上がりません。

 

自分を優先して生きる、自分のために生きる、自分らしく生きられる人生を心がけること。

たったこれだけで、自然と波動は上がり、いつの間にか周りも癒せるようなライトワーカーになれるんです。

 

自分らしく生きる方法、波動を上げるために何をしたらいいか分からない人は、今回ご紹介した波動を高める方法を参考にしてみてくださいね。

error:Content is protected !!