「波長が合わない人と合う人」のスピリチュアル的な特徴(サイン)

波長が合う友達7人の後ろ姿の画像スピリチュアルの裏話

「波長が合わない人」なんて言葉はよく小耳に挟みますが、少し概念的で分かりにくい言葉ですよね。

 

スポンサーリンク

波長とスピリチュアルの関係とは

そもそも波長は、良い波長、悪い波長があります。

スピリチュアル的に波長とは、個性や霊的なパワー、ものの考え方によって決まります。

 

  • ポジティブな考え方をする人
  • 愛に溢れていて優しい人
  • また人の手の入っていないような美しい自然
  • 神様のような高次元の存在

 

のような状態や環境ほど、高い波長と言えます。

 

反対に低い波長は、

  • ネガティブな考え方をする人
  • 異常に人を羨んでしまう人
  • 汚い場所
  • 人が沢山いる場所

 

のような状態や環境ほどなりやすい。

 

波長が合わない人のスピリチュアル的な特徴(サイン)

波長が合わない人は、スピリチュアル的にも以下のようなある特徴(サイン)があります。

 

一緒にいると緊張する・疲れる

スピリチュアル的に波長が合わない人は一緒にいると、理由もなく緊張してしまい疲れてしまいます。

仕事や学業などで、どうしても関わらなくてはいけない人で、仲良くしようと努力をしても疲れてしまうなどのケースもあります。

 

イライラする

なぜか当たり障りのない会話をしているだけでも、無駄にイライラしてしまう人はスピリチュアル的に波長の合わない人です。

人として嫌いなところがなくても、なんとなくイライラしてしまいます。

 

ネガティブになる

一緒にいると、自分までネガティブになってしまう人がいると思います。

そういう人とは、あまり波長が合っていないどころか、自分にも悪い波長に引っ張られてしまいます。

どうしても関わらなくてはいけない場合以外は、あまり関わらない方が良いでしょう。

 

関連記事↓

友達が変わるときはスピリチュアル的なサイン?原因と対策法まで
これまで仲良かった友達といてもなんだかつまらないと感じたりしたことはありませんか? そのような時は人生のステージが変わるときなのかもしれません。 今回は友達が変わるときはどんなときなのか?原因と解決策などについてご紹介していきま...

波長はスピリチュアル的には一定ではない

波長は常に一定ではなく、考え方や行動、周囲の環境などによって変わっていくものです。

例えば、毎日誰かに悪態をついていたのを止めるだけでも波長は高くなります。

毎日健康に気を配った食事をしていた人が、ジャンクフードばかり食べるようになると波長も下がると言われています。

 

人の波長は、こうして毎日少しずつ変わっていきます。

前は、波長が合っていてお互い居心地を良く感じていた人でも、少しずつ波長が合わなくなってしまい関係が悪くなってしまう事もあるんです。

 

自分の波長が高くなったことで居心地の悪さを感じてしまう場合は、その波長から卒業してワンステップ踏み込むタイミングになります。

自分の波長が低くなったことで居心地の悪さを感じる場合は、自分の悪い部分と向き合う必要があるというサインです。

 

波長が合う人とスピリチュアル

同じような波長を持つ人や環境に囲まれると、安心感や居心地の良さを感じます。

この安心感や居心地の良さを感じる波長をスピリチュアル的に、「波長が合う」と言います。

スピリチュアル的に波長が合う人とは、会った瞬間に直感的に、「この人なんとなく仲良くなれそう!」と感じ、そのあとでも実際に仲の良い友達になったりします。

 

反対に波長の合わない人は、会った瞬間の印象で「なんかこの人無理かも」と感じてしまいます。

その後も、「仕事の関係だから…」「サークルの先輩だし…」と頑張って仲良くなろうと努力をしても表面的には仲良くなれても、どこか息苦しさを感じてしまいます。

 

波長が合う人のスピリチュアル的な特徴

波長が合わない人と打って変わって、波長が合う人とのスピリチュアル的にある特徴(サイン)はこちら!

 

一緒にいて楽・緊張しない・居心地がいい

スピリチュアル的に波長が合う人とは、特に会話を交わさなくても一緒にいるだけで、楽に自然体で居られることが多いです。

また、「こんなこと言ったら否定されるかもしれない…」というような不安も少なく、なんでも言いたい事を話せる関係になります。

親友なんてそうですよね。

 

価値観や認識が似ている

同じ環境で育った訳でもないのに、価値観や認識が似ていてる人、話していて楽な相手はスピリチュアル的に波長が合う人もある可能性が高いです。

 

初めて会った時から「好き」と思える人

男女関わらず、初めて会った時から〝なんとなく好きだな〟と感じた経験のある人も多いと思います。

そう感じた人とは、不思議と縁があって仲良くなることが多いですよね。

そんな人こそまさに波長の合う人で、スピリチュアル的に一緒にいるとお互い癒される人でしょう。

 

会うと元気になる

会って話したりすると楽しくて元気になれたり、従属感があって元気になれる場合、波長があっている証拠です。

また相手も同じように、元気になったりポジティブになれるWin-Winの関係です。

 

スピリチュアル的な波長が高くなる行動

  • 人を褒める
  • 人を助ける
  • ポジティブに考える
  • 健康にいいものを食べる
  • 綺麗な部屋にいる
  • 無理しない範囲で運動をする
  • ペットや他人を可愛がる

…など

 

他人のために慈愛の心で触れ合うことや、自分の健康管理をしっかりすることで波長を高めることができます。

 

スピリチュアル的な波長が低くなる行動

  • 人を妬む
  • 人の悪口を言う
  • ネガティブに考える
  • 健康に悪いものばかりを食べる
  • 汚い部屋にいる

…など

 

他人を傷つけることをするや、自分の健康管理を怠ると波長が低くなってしまいます。

ネガティブ思考でいるとスピリチュアル的な波長が低くなりやすい。

自分がネガティブだと感じる場合は、ポジティブに考える練習をすると波長が上がりやすくなります。

 

波長が合わない人と一緒にいるとどうなるか

波長が合わない人なのにも関わらず、罪悪感から離れられないような人もいますよね。

もちろん。うまく関りを保つことも人生には大切かもしれませんが、波長が合わない人と一緒にいると、どんなことが起きるのかもお話してきます。

 

自分より波長が低い人の場合

自分より波長が低い人と一緒にいると、無性にイライラしてしまいます。

会う約束をすること自体が億劫になり、待ち合わせに行くだけですごく疲れてしまいます。

 

低い波長は高い波長を引っ張って落としてしまう傾向があるため、繰り返し会うと自分の波長もどんどん低くなってしまいます。

自分の波長が低くなってしまうと、今までは気にしなかったことが気になってしまうなど、ネガティブ思考に引っ張られやすくなります。

自分より波長が低い人とは、なるべく距離を置くなどして関わらないようにすることが大切です。

 

波長が自分よりも高い人の場合

波長が自分よりも高い人の場合、一緒にいてもイライラすることはあまりありません。

しかし無駄に緊張してしまいます。

自分の価値観を受け入れられている気がしないことや、なんとなく自分だけから回っている気分になり緊張してしまうことが特徴です。

 

自分よりも波長が高い人といる場合、その人と同じレベルの波長になれるように自分を見直すタイミングかもしれません。

自分にできる範囲で自分の気になる点を少しずつ改善するきっかけにすると良いでしょう。

 

まとめ

スピリチュアル的な波長によって、人間関係の居心地の良さが決まってしまうことを紹介しました。

しかし波長は後からでも変えることができるので、自分の心の持ちようや言動によって変えることができます。

大切な人や好きな人と波長が合わないなと感じてしまっても、自分の努力で合わせることも出来るので参考にしてみてください。

 

関連記事↓

波動が合わない人と離れるメリットとデメリット!直感による選択
これまで人間関係において、「なんかこの人とは合わないな」と思ったことはありませんか? これはスピリチュアル的に言うと、波動が合わない為に起こっている現象です。 波動が合わない人と一緒にいると、お互いに運気を低下させやすい...
\無料期間中の解約もOK/



スピリチュアルの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:カメラ、キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント