友達が少ないのはスピリチュアルサイン!自分の成長過程に起きること

友達が少ない子供と猫の画像スピリチュアルの裏話

「友達が少ない…。本当に気を許せる人はほとんどいない…。」

実は、これは悩むことではなくスピリチュアルな理由があることもご存知でしょうか?

 

日本って、「友達はたくさん作ろう!多くの人と仲良くなろう!」なんて空気がありますよね。

そんなイメージから、友達が少ないこと=悪いことだと思っている人も多い。

 

そこで今回は、友達が少ないスピリチュアルな理由についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

友達が少ないこととスピリチュアルの関係

友達が少ないことに悩んでいる女性がベンチに座っている画像

スピリチュアル視点で見ると、友達とはお互いに何かを学び合えることができる相手です。

友達は、自分の人生にとって大切なことを学べる相手として導かれ出会うとされているんです。

 

自分の人生にとって意味がある人だけ、そんな縁ある人が友達になるんです。

そのため、友達が少ない多いかは問題ではないんです。

 

出会った友達は、人数関係なく何かしら自分にとってスピリチュアルな理由があると思いましょう。

 

友達が少ない理由!友達が離れていくスピリチュアルなサイン

友達が少ない理由の一つに、仲良かった友達が離れていってしまった人もいるでしょう。

実は、友達が離れていくことは決して悪いことではありません。

 

では、スピリチュアル的に見ると、どのようなタイミングで友達は離れていくものなのか解説していきます。

 

自分にとっての必要な人が変わるとき

人生の転機が訪れるときほど、自分の周りから友達が離れていくこともあります。

理由としては、環境が変わることでの自分自身が成長していくことが影響しています。

 

人は、成長と共に今まで合ったものが変わることがあります。

それは、人も物も一緒です。

 

そのため、自分が成長するごとに、今の自分の環境に合った人や物が新しく入ってくるもんなんです。

 

大人になると、昔の友達より大人になってから出会った友達と仲良くなることのが多いですよね。

これも、大人になるにつれて成長した自分にとって合う友達が入れ替わっていくからです。

 

そのため、自分の成長と共に、今まで仲良かった友達が離れていくこともよくあることなんです。

 

もしも、友達が少なくなっていくことがあるなら、自分の成長によりステージが変わろうとしている予兆です。

 

決して悪いことではないので安心しましょう。

成長のために次のステージに行こうとしている自分を止めないように突き進みましょう。

 

一人になることでの学びを得ようとしている

人生には、友達に囲まれているよりも、

  • 一人で色々なことを見つめ直す時間
  • 一人で成長するための時間

こんな時間を必要とするときもあります。

 

こうした一人になる時間が必要になる時期がくると、自然と周りから友達がいなくなることもあります。

 

または、自分が成長するための試練として、友達がいない一人の環境になることもあります。

これは、決められていた運命のようなもんなんですよね。

 

友達が離れていき少なくなってきたときは、一人の時間を上手く活用しましょう。

自分を見つめ直す時間であり、その中で学べることを見つけ成長するための時期と思いましょう。

 

自分にとって悪影響を与える人を連れ去ってくれている

スピリチュアルでは、自分の最も親しい人が自分にとって悪影響を与える人を連れて去ってくれるという考え方もあります。

 

人生生きていると、たくさんの出会いがありますよね。

でも、中には相性が合わない人と出会ってしまうこともありますよね。

 

その中には、自分にとって悪影響を及ぼすような人も潜んでいることもあるんです。

 

そんなときスピリチュアルでは、身近な最も親しい人が、そんな自分に悪影響を及ぼすような人を連れて去ってくれるがあると言われているんです。

 

ある意味、自分にとってのヒーローですよね。

 

友達が離れていくのは寂しい気持ちもあるでしょうが、今後の自分にとって悪影響になるような人が去ってくれただけかもしれません。

 

連れ去ってくれたであろう助けてくれた親しい人に感謝しましょう。

 

他人に依存しているとき

スピリチュアルでは、友達とは対等な関係であり、お互いに支え合うことができる人のことを言います。

 

しかし、友達と呼びながらも、相手に依存しているだけになってしまっているだけの状態の人もいますよね。

 

依存は、お互いの身も心にも負担がかかります。

もしも、相手が限界を迎えてしまえば、友達の関係性が成り立たなくなるんです。

 

友達が周りから減っていくときは、自分が友達に依存しすぎている可能性もあると考えましょう。

スピリチュアル的に見れば、これは依存しやすい自分と向き合うタイミングが来たとも言えます。

 

自分と友達との関わり方を見つめ直す時間です。

自分にとって友達とは何かをしっかり考えることが大事かもしれませんね。

 

そうすることで、お互いが信頼し合えて支え合える本当の友達ができるかもしれませんからね。

 

関連記事

「友達と合わなくなってきた…」スピリチュアルな重要サイン!原因から対処まで解説
「最近、友達と合わなくなってきた…。」 これが、話なのか、相性なのか、気なのかは、人それぞれで違うでしょう。 実はこれ、スピリチュアル的な何かのサインかもしれません。 大人になるにつれて、友達との関係で何か...

もともと友達が少ない人のスピリチュアルな理由

夕焼けをバックに映る一人の女性のシルエット画像

もともと友達が少ない人もいますよね。

 

もしかしたら、そんな友達が少ない人は、

  • 話すのが苦手
  • 人と関わるのが苦手
  • 話が盛り上がらない
  • 一言が多く嫌われやすい

このように、何かしら自分に問題があって友達が少ない人もいるでしょう。

 

実は、こういった環境になりやすい人は、スピリチュアルな理由が隠されていると思います。

それは、自分の成長をさせるためにはもってこいの環境が揃っていると言えるんです。

 

友達ができない、友達が少ない環境だから、自分を変えるチャンスがいくらでもあるんです。

もちろん、無理に変わる必要もないですが、人は苦しい環境ほど自分の力を発揮しやすい。

 

友達関係などの人間関係で悩みやすい環境は、自分の中にある〝本当の力〟を知ることができるんですよね。

 

例えば、

「もっとこうしたら良いかも!」

「もっとこうしたら自分を見てくれるかも!」

「もっとこうしたら自分らしく過ごせるかも!」

こうした前向きな考えができるようにもなるんですよね。

 

人は、悩みがなければ成長もしません。

もちろん、友達が少ないことに悩んでいる人は多く苦しいこともあるでしょう。

 

でも、そうした環境が出てくるのも、自分の成長のためと思いましょう。

 

どうすればこの環境を変えることができるのか、どうすれば自分のためになるのかを考えて行動することが大切です。

 

スピリチュアルでは、こうした悩みを解決していくことは、自分の成長に繋がるだけでなく波動が上がり魂が輝くことに繋がるとも言われているんです。

 

まとめ

このように、友達が少ない環境にあったとしても落ち込む必要はありません。

スピリチュアル視点から考えると、今の環境は決して悪いこととは限らないんです。

 

基本スピリチュアルの世界では、この世の中で起きることすべてのことに意味があると言われています。

 

今ある友達が少ない環境も、自分にとって意味があって起きているとしてみましょう。

 

そして、自分はどう行動するべきか考えることが、自分の成長に繋がり環境を良い方向に変えるきっかけになります。

 

友達が少なかろうが多かろうが、そこを問題に考えるのを辞めること。

重要なのは、人数ではないってことに気づくこと。

 

そして、いつでも自分を成長させるためには、スピリチュアル視点からも物事を捉えて行動していくことを大切にしましょう。

 

そうした行動が、自分にとって必要な最高の友達ができる環境に導いてくれるはずですよ。

 

この記事が、少しでも思考や環境を良い方向に変えるきっかけになれば嬉しいです。

コメント

error:Content is protected !!