友達が少ないのはスピリチュアルサイン!自分の成長過程に起きること

友達が少ない子供と猫の画像ぼっち(独りネタ)

「友達が少ない」

「本当に気を許せる人はほとんどいない」

 

こんな悩みを抱えているという方は、案外多いのではないでしょうか?

 

日本の教育上、

「友達はたくさん作りましょう」

「多くの人と仲良くしましょう」

 

と小さな頃から言われ続けてきた私たちは、「友達が少ないこと=悪」だと思いがちです。

そんな思いに囚われて悩みを抱えている方向けに、今回は友達が少ない理由をスピリチュアル要素を含めてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

友達が少ないこととスピリチュアルの関係

そもそも友達とは、スピリチュアル的に見るとお互いに何かを学ぶことができる相手を指します。

友達だけでなく、人との関係性は自分の人生に必要な学びを行うことを目的として、人と人は導かれ出会うとされているんです。

これは、友達が少ない環境だろうが多い環境だろうが、自分にとって何かしらのスピリチュアルなサインと理由があると言えますよね。

 

友達が少ない理由!友達が離れていくスピリチュアルなサイン

友達が少ない理由の一つに、もともと居た友達が離れていってしまった人もいるでしょう。

ではスピリチュアル的に見ると、どのようなタイミングで友達が離れていくのか?

その意味について、ご紹介していきます。

この理由を知っていれば、友達が離れていったり、今の友達が少ない状況でも心持ちが変わってきます。

 

自分にとっての必要な人が変わるとき

人生の転機において、友達が離れていき周りからいなくなるということはよくあることです。

その理由としては、環境が変わったからというだけではなく、あなた自身が成長していることも影響しています。

自分が変わるタイミングでは、それまでに持っていたものを手放さないと、新しい情報やエネルギーを自分の中に取り入れることができません。

そのため、自分の成長にとって必要ではなくなってしまったものは、自然と自分の周りから離れていくのです。

 

このような転換の時期には、それまでかなり仲が良かった友達と過ごしていても、何か違うという違和感の感覚を覚えることもあるでしょう。

それは自分のステージが変わろうとしている予兆なので、悪いことではありません。

次のステージに行こうとしている自分を受け止めて進むことが大切です。

 

今は1人でいることに学びがある

長い人生の中では、友達に囲まれている状態よりも、自分1人で色々なことを見つめ直し成長するための時間が必要なときもあります。

そのような場合には、自然と周りから友達がいなくなるということもあるでしょう。

他人と同調するのではなく、自分の中にある感覚に意識を集中して、内面と向き合うことによって成長できることもあるんです。

 

1人でいることに対して寂しいと感じることもあると思います。

しかし今は、1人で学ぶことがある時期なのだと気持ちを切り替えることも大切です。

今できることに全力を尽くしていれば、その後に成長を遂げた自分に必要な友達がまた新たに現れてくるはずです。

 

自分にとって悪影響を与える人を連れ去ってくれる

スピリチュアル的には、自分の最も親しい人が自分に悪影響を与える人を連れて去るという考え方があります。

色々な人と一緒に過ごしていると、相性が合わない方もいるはず!

その中には、自分の精神に悪影響を及ぼす人や人生の妨げになる方もいるでしょう。

 

そのような方を、最も仲の良い人が連れて一緒に去るという役割を持っている場合もあります。

友達が自分から離れていく時には、その人が自分にとって必要な役割を終えて次のステージに向かっていったということでもあります。

感謝の気持ちを持って、自分自身も次のステップを踏み出すことにしましょう。

 

他人に依存しているとき

友達とは、スピリチュアル的には対等な関係で、お互いに支え合うことができる方のことを指します。

しかし、友達と呼びながらも相手に依存しているだけの状態になってしまっていることはかなり多いでしょう。

依存しているだけだと相手がその状態に限界を迎えてしまうと、関係性は成り立たなくなります。

 

友達が周りからいなくなったときは、自分が友達に依存をしてしまっていて、人生においてその状態から抜け出す必要があるとき(向き合うとき)だと言えます。

自分自身の他人との向き合い方を見つめ直し、自分が今本心では何を求めているのかをしっかりと考えるときかもしれませんね。

 

関連記事↓

「友達と合わなくなってきた…」スピリチュアル的な重要サインとは
友達と合わなくなってきた時は、スピリチュアル的に言えばサインかもしれません。 あなたは、今まで一緒にいた友達と話題が合わなくなっ敵たり、気が合わなくなったりする経験ありませんか? 一体、自分自身にどんな変化が起きているの...

もともと友達が少ない人のスピリチュアルな理由

  • 話すのが苦手…
  • 人と関わるのが苦手…
  • 話が盛り上がらない…
  • 嫌われやすい…

 

このように、何かしら問題があり、もともと友達が少ない人もいるでしょう。

こういった環境でいるのも、スピリチュアルなサインなのかもしれません。

 

こんな環境だからこそ〝自分が変わるチャンス〟がいくらでもあると言えます。

もちろん、無理に変わる必要もないですが、人は苦しい環境ほど自分の力を発揮しやすい!

自分でも知らないような自分の中にある〝本当の力〟を知ることって、人生にとって凄い貴重な経験なんですよね。

こういった経験をしていくほど、スピリチュアル的に言うと、波動が上がる、魂が輝くような自分の成長に繋がるんでしょうね。

 

または、まだ自分にとって必要な出会いは〝今じゃない〟だけってこともあります。

スピリチュアルでは〝物事に意味のないことはない〟と考えている人は多いとされています。

 

今の友達が少ない環境、友達を作るのが苦手な自分には、何か意味があるのかもしれませんよね。

友達が多くいることがすべてではないことを実感するときがくるかもしれませんし、友達が少ないことが良いって訳でもありません。

結局のところ、自分にとっての友達は何なのかを知ることが、スピリチュアル関係なく人生には大切なんだと感じます。

これを知ろうとしていくことが、結果的に自分の成長に繋がるような生き方になるのでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?

「友達がいない」ことを悪いことだと捉えている方は多くいますが、実際には友達がたくさんいても充実した人生を送れていないという方はたくさんいます。

友達は、本当にお互いが支えあえて、お互いの人生と成長を高めあうことのできる人のことを指します。

 

そのため、友達が多い・友達が少ないと数にこだわるのではなく、スピリチュアル的にも自分自身が成長しながら相性が合う相手との出会いを見つけることが大切です。

まずは周りに目を向けるのではなく、今の自分自身と向き合ってみましょう。

\無料期間中の解約もOK/



ぼっち(独りネタ)スピリチュアルの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:カメラ、キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント