記事内に広告を含む場合があります。

神社で雨が降るスピリチュアルに隠された意味!神聖な場所で起きる相乗効果を解説

神社境内の地面に雨が降り注いでいる画像 神社
スピちゃんねる【公式LINE】

\スピちゃんねるからプレゼント/

生涯役立つスピリチュアルな激レア情報

※友だち追加で豪華特典をゲット

友だち追加

PR

\この無料特典はマジですごすぎました

PR:エキサイト

/悩みが消えないなら占いで解決\

\初回合計最大8500円分無料/

※今すぐサイト登録で

特典の無料ポイントは確保

PR

\スピリチュアル好きなら興奮する内容/

神社に着いた途端、雨が降ることありますよね。

こうした急な天候の悪化に対して、「運悪いな…」なんて思う人も多いでしょう。

しかしながら、神社で雨が降ることはスピリチュアル的にも縁起のいいこととされています。

神聖な場所では、こうした天候の変化一つでも深い意味があるんです。

そこで今回は、神社で雨が降るスピリチュアルに隠された意味について解説していきます。

スポンサーリンク

神社で雨が降るスピリチュアルに隠された意味

それでは、神社で雨が降るスピリチュアルに隠された意味についてご紹介していきます。

雨が降るのには、以下3つの理由があると言われています。

場所の浄化

スピリチュアルでは、雨には浄化の作用があると言われています。

神聖な神社でも、空間をより良い状態にするために浄化の雨が降ることがあるんです。

要するに、雨が降るのは悪いエネルギーを浄化してくれている。

または、良いエネルギーが流れる空間へしてくれていると考えるべきなんです。

そのため、雨が降ってきたときは、より神聖な空気やエネルギーが漂う神社を感じられる縁起のいいサインと思っておきましょう。

心身の浄化

先ほど、雨には浄化の作用があると話しましたが…。

実は、それは場所や空間だけでなく、心身の浄化にも役立つとされています。

自然の雨に打たれることで、心身に溜まった悪いエネルギーを洗い流してくれるんです。

滝行も、強い滝の水に打たれることで心身の浄化を図りますよね。

こうした滝や雨の水など、昔から自然界により生成された水には、人間を清め浄化する神聖なものとして扱われてきたんです。

また、他にも雨は、恵みの雨なんて呼ばれることもあったり、雨が降るときの雨音には1/fゆらぎというリズムもあります。

この1/fゆらぎは、人間の鼓動や血圧体温などの生体リズムと相性が良くリラックス効果があると言われているんですね。

そのため、神聖な神社に降り注ぐ雨と雨音によって、自然と心身の浄化だけでなくリラックス効果も期待できるでしょう。

神様からの歓迎のサイン

神社で雨が降る現象は、場所や空間や心身の浄化に繋がると話しましたが…。

結局この雨を降らしてくれたのは、神様からの歓迎のサインの可能性もあります。

「清らかな空間でお参りしていきない」という神様からの優しさあるメッセージかもしれませんよね。

本当にそうなら嬉しいですね。

普段なら雨が降れば、

  • 湿気でジメジメする
  • 濡れる
  • 傘をさすのがめんどくさい
  • 外出るのめんどくさい

こうしたマイナスな気持ちになる人のが多いでしょうが…。

これからは、神社で雨が降る場面に出くわすことがあったら、神様からの歓迎のサインなのかもしれないと喜びましょう。

神社で雨が降る以外での縁起のいい流れ

ここまでは、神社で雨が降る意味は、浄化の意味、または神様からの歓迎のサインと話しました。

しかし、神社で雨が降る以外にも、雨にまつわる縁起がいいことはたくさんあります。

例えば、

  • 神社の鳥居をくぐった途端に雨が降る
  • 神社の鳥居をくぐった途端に雨から快晴に変わる
  • お参り中に雨が止み快晴になる
  • 境内を歩いていると雨が止み虹が出てくる

など

これらもすべて縁起がいい(神様の歓迎のサイン)と言われています。

また、浄化が完了したことを知らせるような形で、快晴に変わり虹が出たりすることもあります。

こうした神社と雨にまつわる天候や環境の変化が起きたときは、そのほとんどは縁起のいいこととして受け取りましょう。

そして、神様には感謝の気持ちを持つことです。

神聖な場所で雨が降る相乗効果の良さ(魅力)を解説

通常、雨が降ってきても、「運が悪いな…濡れるの嫌だな…外出るのめんどくさいな…」ぐらいにしか思いませんよね。

しかしながら、神社で雨が降ることは、縁起がいいだけでなく相乗効果としてスピリチュアルなメリットもあるんです。

例えば、

  • 神聖な神社の空間をより感じられる
  • 自分自身も浄化されフラットな気持ちでお参りができる
  • 神様からの優しさや繋がりを感じられる

など

こうした雨が降ったことでしか味わえない参拝が経験できるわけです。

そのため、神社に行って雨が降ってきても、運が悪いと思わないことです。

「雨だ!縁起がいい!」と思いましょう。

【番外編】神社と雨が降る悪い意味

神社で雨が降ることは、縁起がよく神様から歓迎されている可能性がありますが…。

実は、雨が降るタイミングによっては、悪い意味(歓迎されていない)こともあるんですね。

例えば、神社に向かうために自宅を出た途端に、大雨やゲリラ豪雨が来た。

これは、話が別なんですね。

この雨は、浄化の意味でも歓迎のサインでもありません。

どちらかといえば、「今日は来るのはやめておきなさい」という神様からの歓迎されていないサインとされています。

もちろん、言い方を変えれば、神社に訪れるべきベストなタイミングを教えてくれている良い意味としても捉えることはできますけどね。

しかしながら、神社で雨が降るのか、神社以外の場所で雨が降るのかでは、まったくスピリチュアルな意味は変わってくることは覚えておきましょう。

まとめ

このように、スピリチュアルでは、神社で雨が降ることは縁起のいい神様からの歓迎のサインとされています。

雨の浄化作用によって、より神聖な空間でクリアな自分で参拝が行えます。

そのため、雨が降ってきてもマイナスなイメージは捨てましょう。

とても喜ぶべきことです。

また、神様からの歓迎のサインが現れるということは、訪れた神社とあなたは相性がいい証拠の一つでもあります。

このご縁を大切にして、神社で雨が降ってきたときは、最高の環境を整えてくれた神様に感謝の気持ちを持ってお参りしていきましょう。

この記事が、少しでも誰かの役立つ情報になっていれば嬉しいです。

error: Content is protected !!