記事内に広告を含む場合があります。

波動が高い人は透明感あるオーラを放つ!特徴や波動を上げる秘訣も伝授

波動が高い女性が、気球や地球が見える異世界のような空間を眺めて座っている画像 波動
スピちゃんねる【公式LINE】

\スピちゃんねるからのプレゼント/

❶生涯役立つスピリチュアルな激レア情報

❷本当に良い占いの使い方を伝授(裏技)

❸毎月/願望実現を祈る強力な女神の待ち受け

※これら友達登録で豪華特典ゲット

友だち追加

PR

工学博士ALICE先生の無料プレゼント/

PR:エキサイト

\初回合計最大8500円分無料/

PR

\最強のスピリチュアルジュエリー紹介/

よく波動が高い人ほど透明感あるオーラを放っていると言います。

これは、その人自身の魅力が溢れているからなのか、生まれ持った力なのか謎ですよね。

きっと、「自分もそんな透明感あるオーラを放つような波動の高い人間になりたい!」なんて思う人もいると思います。

そこで今回は、そんな波動が高い人は透明感あるオーラを放つ理由について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

波動が高い人は透明感あるオーラを放つ

波動が高い人ほど透明感あるオーラを放つとされている。

でも、それは一体なぜなのかが知りたいですよね。

よく神社や大自然の中に行くと、空気が透き通るような澄んでいるような気持ちになりますよね。

それは、神社や大自然の中というのは、波動がとても高い神秘的な空間だからなんです。

これと同じような状況が人間にも起きると思っていただければ答えが見えてきます。

人間の波動は、神社や大自然ほどの膨大でなおかつ神聖なエネルギーを持つことは不可能ですが…。

波動が高い人ほど、神社や大自然と似た純度の高いエネルギーに包まれやすくはなるのは確かです。

そんな純度の高いエネルギーは、透明感のあるオーラにも見えるんですね。

だから、波動が高い人を見たときには、透明感のあるオーラに感じる人や見えたりする人もいるんです。

要は、神聖な高いエネルギー(波動)に近いほど、透き通る、または透明感を持つと思っておきましょう。

透明感あるオーラを放つ波動が高い人の特徴

それでは、透明感あるオーラを放つ波動が高い人の特徴についてもご紹介していきます。

いつも明るくイキイキしている

いつも明るくイキイキしている人っていますよね。

こうした一緒にいるとこちらまで元気をもらえるような存在ほど、波動が高い人の特徴です。

これは、波動が高い人は、強力なスピリチュアルなエネルギーで満ち溢れているためです。

いつだって良い氣が身体を巡っていて前向きな思考が生まれやすく、表情や行動にも現れやすいんです。

シンプルに、明るい=波動が高いと考えておきましょう。

生命エネルギーが強い人

波動が高い人は、生命エネルギーが強い人に多い傾向があります。

例えば、心身共に健康な人や生きる希望を持っている人です。

しかしながら、健康志向の人はちょっと違います。

潜在的に自分の生命エネルギーに不安を持っているために、健康を気にしている人もいますからね。

これは、いくら健康であっても真の波動が高い状態とは言えません。

「自分は強い!強く生きている!」と自分の生命エネルギーを心の底から信じている人ほど、波動は高く透明感あるオーラまで放つと思っておきましょう。

自己肯定感が高い

自分のことを信じている人、自分をしっかり評価できる人は、やっぱり魅力的です。

そうした自分への自己肯定感が高いところに、人は魅力を感じて憧れを抱きます。

要は、自分のことを好きな人、または自分のことを認められる自己肯定感が高い人ほど、波動が高い状態であり透明感あるオーラを身にまとっています。

人を許せる心の広さ

広い心を持っている人ほど、オーラも透き通っていて輝いています。

中でも、人を許せる心の広さを持っている人は、波動がものすごく高い傾向があります。

何かあったとき怒りの感情に縛られるのではなく、環境や相手の気持ちを考えて許すことができる人は悟りを開きかけている人です。

人を許せる広い心を持った人ほど、透明感ある波動に包まれるんです。

濁りのない透き通った瞳

見た目から言えば、濁りのない透き通った瞳を持っている人も波動が高いです。

これは、屈託のない子どもの瞳とも似ています。

とくに瞳は、自分のすべてを映す場所とも言われています。

瞳にも透き通った透明感のある人は、それだけ心もキレイな証拠です。

波動の高い人の特徴でもあります。

なぜか目立ってしまう

やたらと目立つ人や存在感がある人っていますよね。

芸能人のオーラのような、どこか目が引き寄せられるような感じの人も波動が高い特徴です。

人の心を惹きつけてしまうほどに身にまとうオーラが強く魅力的だからです。

人は、魅力的なものほど心を惹かれてしまいやすい生き物ですからね。

本能的に、波動の高い人を見ると興味を持ってしまい見てしまうんです。

波動が高い人の簡単な見分け方

世の中には、多くの人間で溢れかえっていますが、波動が高い人の簡単な見分け方についてもご紹介していきます。

波動が高い人には、独特なオーラや雰囲気を持っている人が多いと言われています。

例えば、人とは違った感性を持っていたり、人にはない考えや価値観が持っていたりなど。

そんな独特なオーラや雰囲気を持った人ほど波動は高いとされ、人は心を惹かれてしまいます

「何かこの人は他の人とは違う。すごい魅力的に見える。」なんて思える人が現れたときは、波動の高い人だと思っておきましょう。

もしかしたら、一緒に過ごしていくと波動の高い人の透明感あるオーラを直接感じられるチャンスもあるかもしれませんよ。

波動を高め透明感あるオーラを発つ存在になる方法

それでは、自分の波動を高めて透明感のあるオーラを放つ存在になる方法もご紹介していきます。

波動が高い食べ物を摂取する

波動の高低差は、日頃の摂っている食事とも関係するとされています。

大事なのは、身体が喜ぶものを食べているかです。

例えば、身体に悪いものばかり食べていれば、心身共に不健康になってしまいやすい。

これは、スピリチュアル的には生命エネルギーを悪くする行動でもあります。

結果、波動も低くしてしまうんですね。

そのため、波動を高めたいなら、身体に優しいものや良いものも意識して食べましょう。

いわゆる健康に良いもの、またはバランスの良い食事ですね。

中でも、よく断食の準備食として食べることが多いまごわやさしい食を参考にしてみましょう。

まごわやさしい食一覧
  • 「ま」納豆、豆腐、味噌などの豆類
  • 「ご」ごま、くるみ、銀杏、ナッツなどの種子類
  • 「わ」わかめ、ひじき、のり、昆布などの海藻類
  • 「や」緑黄色を中心とした野菜類
  • 「さ」魚類(特に小型の背青魚類)
  • 「し」しいたけ、えのき、なめこなどのキノコ類
  • 「い」じゃがいも、さつまいも、こんにゃくなどのイモ類

こうした身体が喜ぶ食材を口にすることで、生命エネルギーも高まりやすくなり波動も高まります。

透明感あるオーラを持つ波動の高い人ほど、食事もバランスが良いことが多いと思っておきましょう。

波動が高い人に触れる機会を増やす

波動は、良い意味でも悪い意味でも人へ影響を与えます。

要は、波動が高い人は周りに良い影響を与えやすく、波動が低い人は周りに悪い影響を与えやすい。

この波動の特性を利用して、波動の高い人を見つけたら一緒に過ごす機会を増やしてみましょう。

スピリチュアルでは、波動の高い人と同じ空間にいるだけでも、自然と自分の波動にも良い影響を受けて高くなるとされています。

波動の高い人を見極めるなら、

  • 一緒にいて落ち着く人
  • 一緒にいて気分が上がる人
  • 一緒にいて前向きになれる人

そんな感覚に陥る人がいるなら、一緒にいる時間を増やしてみましょう。

自然と透明感あるオーラを身に付くようになるかもしれません。

自分の魂を喜ばせる行動を意識する

人間は、魂を成長させることを目的として生まれてくると言われています。

そのため、魂が喜ぶような行動をすることは、波動を高めるためにも有効なんです。

もちろん、波動が高く透明感あるオーラを身にまとう人も、日頃から魂を喜ばせるような行動を無意識に行っていることが多いです。

例えば、

  • ストレスを感じたら自然なところに行ってみる。
  • 新しいことに挑戦してみる。
  • 自己満でも自分も嬉しくなるような人の喜ぶことをしてみる。

など。

こうした自分にとって刺激的な日々に繋がるような行動ほど、魂は喜び波動も高まります。

まとめ

このように、波動が高い人は透明感あるオーラを身にまといやすく周りにも良い影響を与えやすい存在です。

特徴としては、どこか惹かれる魅力ある人間性を持っている人に多いとされています。

そんな自分も魅力的な人間になりたいと思ったときは、今回ご紹介した波動を高め透明感あるオーラを発つ存在になる方法も参考の一つにしてみてください。

この記事が、少しでも誰かの役立つ情報になっていれば嬉しいです。

波動
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
管理者
スピちゃんねる

日本レイキセラピスト協会認定ヒーラーが運営するスピちゃんねるでは、世の中の不思議や疑問をテーマとしたスピリチュアルな話題を発信してます。スピリチュアルを身近に楽しめるメディアNo.1を目指しています。記事作成の依頼やお仕事の依頼のみ問い合わせフォームへよろしくお願いいたしますm(__)m

スピちゃんねるをフォローする
スピちゃんねる
error: Content is protected !!