周りのレベルが低いと感じるときほど、どん底に落ちる前兆!

セミナーに集まった人たちのレベルの低さを実感している女性講師の画像人間関係

「天狗だけにはなるな」と言われるが、これはマジな話ですよ。

自分に、何か誰よりも長けているものがあると、周りのレベルが低いと感じるときってありますよね。

 

実は、そんな周りを見下すような思考は、どん底に落ちる前兆とも言えるんです。

 

スポンサーリンク

周りのレベルが低いと感じるときは、どん底に落ちる前兆と思え

ハッキリ言います。

少なからず、どんな理由においても、周りのレベルが低いなど、他人を見下すような言動をしているときは、いつかどん底を経験する前兆と思ったほうがいい。

 

特に、こんな思考がよぎったときほど危険?

  • 自分の方が凄い(自己主張)
  • 〇〇のやり方や考え方は違う(否定)

生活の中で、こんなことを思うことが増えてきていませんか?

 

もしかしたらそれ、あなたの成長が止まっている時期なのかもしれません。

そのままの思考のまま過ごしていけば、必ず何かしらの後悔することが多くなってしまうかもしれませんよ。

 

自分に自信を持つことと、自分を過大評価することは違う

自分に自信がないと、人生において色々と消極的になってしまうことは多い。

だから、自分に自信を持つことは大切ですよね。

 

自信というのは、自分のやりたいことに恐れずに挑戦することができるためには必要なエネルギー源になるんです。

ただし、問題なのは自分を過大評価してしまうこと。

 

いわゆる天狗になってしまうことですね。

自分のことを過大評価するってことは、自分に自信を持つのと同じ意味がありそうですよね。

でも、違うんですよ。

 

自分に自信を持つってことは、冷静に自分を評価しているってことであり、自分を過大評価しているってことは、冷静な判断ができていない状態なんです。

 

周りのレベルが低いと感じるときほど、自分のレベルが低いとき

自分のことを過大評価している人ほど、周りと自分を比べます。

でもこれ、自分に自信がない人でも他人と自分を比べたりしがちですよね。

 

この両者の違いは何かというと、自分に自信がない人が他人と自分を比べるときにでてくる感情は、劣等感です。

自分のことを責めてしまうような思考ですね。

 

打って変わって、自分のことを過大評価している人が、他人と自分を比べるときにでてくる感情は、優越感です。

周りを見下して、自分の評価を尊重しがちな人も多いんですね。

もちろん、全員とは言いませんけどね。

 

でもこれって、周りのレベルを低く捉えてしまうぐらいに、自分を評価している人って、実は心の底では自分に自信がない人に多かったりするんですよね。

本当に、自分を信じていて自分に自信があるのなら、他人のことなんてどうでもいいと思うんですよね。

 

わざわざ他人と自分を比較するような発言をするってことは、比べることで自分を大きく見せようとしているってことなんです。

結果として、周りのレベルが低く感じるときほど、自分のレベルが低いときとも言えるんです。

 

天狗になって他人を見下していると、必ず足元をすくわれる

何か他人よりも、自分のほうが優れていることが多ければ多いほど、天狗になってしまいやすい。

調子に乗ってしまう気持ちは分かりますが…。

ハッキリ言って、周りから見たらその光景はダサいんです。

 

もう何度でも言います。

超絶にダサく見られているんですよ。

 

天狗のときって、実は自分では気づけていないことって多いんですよね。

いつの間にか、他人を見下すような言動が目立つようになると、身の周りにいた人は離れていきます。

 

当然、「あいつは天狗になって性格がヤバくなった」と、周りにも悪い口コミが広がる可能性だってある。

一度離れてしまった信用や他人の心を取り戻すのは、ほぼ不可能に近いんです。

 

もしも、離れていった人たちが、自分の人生において必要な存在だったとしたら、もう後悔でしかないですよね。

そう。

これが、まさにどん底に落ちる前兆でもあったということです。

 

自分が周りに対する負を持った感情は、必ず自分にも返ってきます。

調子に乗って、周りを見下していれば、必ずいつか自分が見下されてしまうような環境として返ってくるということです。

悪口と同じですね。

 

常に向上心を大切にすることが、自分のレベルを上げる

やっぱり人間って、常に向上心がないと人としてのレベルも止まってしまうと思うんです。

未熟なときほど、変わろうとするエネルギーがみなぎっているもんですよね。

 

未熟な立場にいるからこそ、努力を惜しまないし、自分を信じて突き進んでいこうと思えるし、周りを見下すような発想にもならないんです。

でも、ある程度の結果を残してしまうと、どこか安心からか調子に乗ってしまうときがでてくる。

 

それが、自分に自信を持つを通り越して、過大評価になってしまったとき、その人のレベルはそこで止まるんです。

むしろ、落ちるに落ちていくのかもしれません。

 

とはいえ、人は何度も失敗して、また学んでを繰り返すことは多いので、この流れは当たり前なのかもしれませんよね。

自分も、整体サロンを開いて売上げが上がってきたときは、調子に乗っていたときもありました。

 

しかし、達成感による燃え尽き症候群なのか、パッとやる気がなくなってしまった時期もあるんですよね。

そのときは、やっぱり売上げも落ちてきましたね。

 

自業自得なんですが、売上げが落ちるたびに、気持ちまで落ち込んでいたのを今でも覚えています。

落ちるに落ちてから、初心に帰ろうと思うようになり、また向上心を持って取り組むようになって今に至ります。

 

人生において、一度ぐらい天狗になること、自分を過大評価するほどの自信過剰になるのも、ある意味いいのかもしれませんね。

そこで、学べることもきっとあるんでしょうし。

 

ここで、何も学ばずに、向上心すらもなくなってしまったとき、這い上がれずにどん底に落ちていく人は多いのでしょう。

今もしも、いくら自分のレベルが高くて、周りのレベルが低く感じることがあるのなら、それは自分のレベルが落ちていっているサインだと思ってください。

 

常に向上心を持って、周りと自分のレベルを比較しなくなったとき、そのときが一番自分が輝ける状態のときです。

今の自分と向き合うためのきっかけに、この記事が役立てば幸いです。

人間関係人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!