味方がいないスピリチュアルな理由!孤立の中でも大切にするべき3つの生き方

味方がいない孤立した女性が壮大な景色を見ている画像スピリチュアルの裏話

周りに味方がいない状況って、何かあったときに不安ですよね。

でも、そんな孤立した環境になることには、スピリチュアルな意味があるかもしれません。

 

決して、何か悪いことをしたわけでもないのに…。

それなりには、人付き合いもしてきたはずなのに…。

 

なぜこんなにも、味方が一人もいない環境になってしまったのか分からない人も多いと思います。

 

そこで今回は、そんな味方がいない環境になるスピリチュアルな理由や、孤立した環境の中でどう生きていくべきなのか解説していきます。

 

スポンサーリンク

味方がいないスピリチュアルな理由!

それでは、なぜ自分の身の周りには味方になってくれる人がいないのか…。

きっと、自分のどこがいけなかったのか考えてしまってる人もいると思います。

 

そんな味方がいないスピリチュアルな理由を解説していきます。

 

波動が低い

周りに味方がいないのには、波動が関係することがあります。

波動はエネルギーでもあり、自分の思考や精神状態で高低差が変わるとされています。

 

そんな波動の性質には、波動は高いほど良い出来事を引き寄せやすく、波動が低いほど悪い出来事を引き寄せやすくなると言われています。

 

そのため、今の味方がいない悪い環境は、もしかしたら自分の波動が低く悪い出来事を引き寄せた結果かもしれません。

 

因果応報やカルマによる罪の償い

スピリチュアルでは、悪い環境ほど、因果応報やカルマによる罪の償いによるものと考えることがあります。

 

過去や前世での行いが、今の結果を招いているかもしれないってことです。

 

スピリチュアルでは、過去や前世も含めて善か悪かで生きていたかで、今の環境が幸せか不幸になるか変わるとされています。

 

今もしも、味方がいない悪い環境になってしまったなら、それは過去や前世で何か悪行を働いてしまったことがあるのかもしれません。

 

過去や前世の罪の償いとして、味方がいない不安な環境に導かれているかもしれないんです。

 

魂の成長による試練

もちろん、味方がいないことは悪いことじゃないこともあります。

人生で起きる悪い出来事の中には、魂を成長させるための試練のこともあるからです。

 

スピリチュアルでは、人間は魂の成長のために地球に生まれると言われています。

そのため魂は、成長のためなら自分に試練を与え続けることもあるんですね。

 

味方がいない孤立するような環境は、不安で辛い気持ちになることもあるでしょう。

でも、一人で孤立した環境だから、今までよりも自立を目指せて成長することもできるんです。

 

今の悪い環境に思えている現実は、魂と自分の成長のために起きた試練かもしれませんよ。

決して、すべて悪いことではないこともあるんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

孤独な人生がスピリチュアル的に意味するもの【抜け出す3つの方法】
生きてると、無性に孤独感を感じる時ない? 自分だけが孤独な人生を送ってる感覚に襲われる時、スピリチュアル的にどのような意味があるのか気になりますよね。 今回は、孤独な人生と感じる時のスピリチュアル的な意味や、抜け出す方法...

味方を作ることが正解とは限らない

どうしても、味方がいない環境が悪いことと勘違いしている人が多いですよね。

しかしながらスピリチュアル的に見ると、味方がいる環境が正解とは限りません。

 

味方がいない環境下でも、幸せな人生を送っている人はたくさんいるからです。

 

むしろ、人と関わることのない環境ほど、

  • 周りに左右されることがない。
  • 人からの悪い影響を受けない。

こうしたメリットもあり、自分らしく生きやすい環境とも言えるんです。

 

とはいえ、こんなことを言っても、「味方がいないと、いざ何かあったときに不安…。」なんて思考になる気持ちも分かります。

 

でもこうした不安や思考も、周りに左右されながら悪い影響を受けて生きてきたからこそ出てきた思考なんではありませんか?

 

もしも、最初から味方がいない環境の中で生きていても、同じことを考えるでしょうか。

きっと、考えませんよね。

 

結局は、味方がいない環境が悪いとは限らないんです。

 

実際は、

  • いつ起きるか分からない不安を考えてしまう人生
  • 味方がいないと不安になる人生

こんな人生になっているところが問題なのかもしれません。

 

味方がいない孤立した中でも大切にするべき3つの生き方

先ほども言いましたが、味方を作ることが正解ではありません。

スピリチュアルでは、魂が喜ぶような自分らしく生きる環境がベストとされているんです。

 

そのため、味方がいない孤立した中でも大切にするべき3つの生き方があります。

どう過ごすべきか分からなくなったときは、一つの参考にしてみましょう。

 

前向きに生きること

無理にとは言いませんが、後ろ向きに生きるよりも前向きに生きるほうが、人生は豊かになりやすいとされています。

 

もちろん、生きていればショックなこともあったり、前向きに生きられないときもあるでしょう。

 

でも、一度気持ちを落ち着かせることは大事。

後ろ向きになりすぎても何か解決するわけでもないため、前向きになるための行動も必要です。

 

いかに、心から前向きに生きていけるかどうかで、味方いない環境下でも良い人生を送れるかどうか変わっていきます。

 

なんなら前向きな人ほど、周りから魅力的に見られることが多いです。

自然と味方になってくれる人も出てくるかもしれませんよ。

 

感謝を忘れずに生きること

意外にも忘れがちな習慣が、感謝を忘れずに生きることです。

 

普段から、誰かから助けてもらったとき、ありがとうの感謝ではなく、ごめんなさいと謝罪を言ってしまうことありませんか?

 

今の時代、こうした感謝するべき場面で、素直に感謝ができなくなってしまいがちです。

人から助けてもらっても、申し訳ない罪悪感を持ってしまう人が多いんです。

 

しかしながら、それでは自らが味方を必要としない思考になっているとも言えますよね。

味方がいないのは、そもそも味方になってくれる人を自らが避けていてのかもしれません。

 

生きている中で、感謝しながら過ごすことは大切なことです。

 

スピリチュアルでも、感謝によるありがとうの言葉には、良いエネルギーが流れていると言われています。

 

感謝の言葉でもある〝ありがとう〟を言える環境が多い人ほど、味方がいない孤立した環境の中でも幸せに生きていけます。

 

そのためにも、誰かに助けてもらうことがあったら、罪悪感を持たない、謝罪しないことです。

 

相手の優しさを素直に受け取り感謝することを大切にしましょう。

そうしていたら、きっと味方になってくれる人も自然に現れるかもしれませんよ。

 

こうした助けてもらうこと、感謝する場面が多いことは悪いことではないと理解できたとき、味方になってくれる人は出てくるんです。

 

関連記事

お礼を言わない人のスピリチュアル的に波動が低い理由!感謝できない人生の末路とは
お礼を言わない人っていますよね。 でもこれ、スピリチュアル的に波動が低い傾向がある人の特徴なんですよね。 人は、一人では生きてはいけない。 人と人は、見えないところでも助け合って生きているんです。 助...

見返りを求めずに生きること

生きているとどうしても出てくるのが、欲求です。

 

人間は、自分の利益になること、自分の得すること、そんな見返りがないと何事も頑張れないことってありますよね。

 

でも、こうした欲求ありきの見返りを求めた生き方になるのは、当たり前です。

しかしながら、見返りを求めない生き方が必要なとき大切なときもあるんです。

 

どうしても、味方がいない環境下になりやすい人は、見返りばかり求めた生き方になっているかもしれません。

 

人付き合いの中で、相手に自分の欲求や見返りあっての行動をしていることがバレてしまうと、関係性が浅くなってしまいやすいんですね。

 

関係性が深い家族や恋人や夫婦や友達には、相手にそこまで多く見返りを求めることはないですよね。

 

一緒に居られるだけで幸せと感じるような生き方が、見返りのない生き方とも言えます。

 

純粋な気持ちで人と関わることができると、相手にもその気持ちは伝わります。

人付き合いしている中でも、より距離が縮まりやすく関係も深くなりますよ。

 

こうした欲求や見返りのない生き方もしてみると、自然と孤立した味方がいない環境から抜け出せるきっかけになることもありますよ。

 

まとめ

このように、周りに味方がいないのは、何かしらのスピリチュアルな理由があるかもしれません。

 

しかしながら勘違いしてはいけないのは、味方がいることが正解ではないことです。

スピリチュアルでは、魂が喜ぶような自分らしい生き方をすることがベストとされています。

 

味方がいてもいなくても、自分らしく幸せな人生を送っている人はいます。

大事なのは、どんな環境下にいても、自分の幸せに繋がる生き方を模索して生きることです。

 

何をどう過ごしていくべきか分からないときは、今回ご紹介した味方がいない孤立した中でも大切にするべき3つの生き方を一つの参考にしてみてください。

 

この記事が、少しでも誰かの役に立てば嬉しいです。

error:Content is protected !!