怒りをぶつけられるスピリチュアルな理由に衝撃!的にされない回避策を伝授

理不尽なことで怒りをぶつけられやすく落ち込んで下を向いている女性の画像スピリチュアルの裏話

なぜか、何もしていないのに理不尽に怒りをぶつけられることが多い人っていませんか?

「なんで私ばっかり…。」なんて思いますよね。

 

でも、実はそれスピリチュアルな理由があるかもしれません。

 

何か失敗やミスして怒られたなら、それは当たり前のことかもしれませんが…。

しかしながら、とばっちりだったりや理不尽に怒りの的になりやすいなら話は別です。

 

そこで今回は、怒りをぶつけられるスピリチュアルな理由についてや、的にされない回避策までを解説していきます。

 

スポンサーリンク

怒りをぶつけられるスピリチュアルな理由

それでは、なぜ怒りをぶつけられることがあるのか?

スピリチュアルな視点から解説していきます。

 

波動が低く悪いことを引き寄せやすい

普段、前向きに生きていますか?

人生に幸せを感じていますか?

 

そう聞いたとき、もしもマイナスな気持ちが上回っているなら…。

波動が低くなっていることが原因で、悪い出来事を引き寄せやすくしているのかもしれません。

 

私たちのエネルギーでもある波動は、自分の感情一つでも変化します。

 

普段から、

  • マイナス思考
  • 落ち込みやすい
  • 悩みやすい
  • 前を向けず後ろ向き

こんな人ほど、波動は低くなりやすい傾向があります。

 

スピリチュアルでは、波動は高いほど自分にとって良いことや幸せなことを引き寄せやすくなると言われているんですね。

 

そのため、自分の波動が低い状態になっていると怒りをぶつけられてしまうような災難を引き寄せてしまうことも不思議ではないんです。

 

因果応報やカルマにより招いた結果

因果応報とカルマを一緒の意味で捉えるのは違うでしょうが…。

 

スピリチュアルでは、自身の行いや過去や前世での行いが今の結果を招いているという解釈もあります。

 

こうした話をするときに、因果応報やカルマという言葉はよく使われることもあるんですね。

 

スピリチュアル的に見ると、理由なく怒りをぶつけられるような災難が多いなら、今までの行いの結果が現れているのかもしれないってことです。

 

また、この悪い連鎖から抜け出すために、罪を償うための善を積むため怒りをぶつけられている可能性もあります。

 

人生の転換期の前兆

これは、若干可能性は低いですが…。

稀に、人生の転換期を迎えるときほど災難が続くこともあります。

 

理由としては、「今の環境から抜け出して、新しい環境へ飛び込め!」という意味合いがあるからです。

 

今の自分にとって必要な場所もあれば、これから自分が進むべき道に今の場所は必要なくなることもあります。

 

そのため、人生の転換期が起きるときほど、自分にとって必要な場所に導かれるような出来事が起きることもあるんです。

 

もしかしたら、理不尽に怒りをぶつけられるような環境になっているのは…。

「その環境は、今の自分には必要ない場所だから抜け出せ!」というサインかもしれませんよ。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

なぜか人に嫌われるスピリチュアルな意外な理由!選別されたときの最善の手段
人生生きていると、なぜか人に嫌われることってありますよね。 でも、これスピリチュアルな意外な理由があったりすることもあるんです。 いくらどんな理由があっても、人から好かれないってのはあまり良い気分になる人はいませんよね。...

怒りの的にされないスピリチュアル的な回避策

なるべく怒りの的にされないような環境にしたいですよね。

 

そこで、よくスピリチュアル好きな人も日頃から意識している秘訣!

悪い出来事を引き寄せない回避策をご紹介していきます。

 

身体に溜まる悪いエネルギーを浄化する

私たちは、日頃から様々な人間関係や仕事や勉学により疲れが溜まっていきます。

また、何か嫌なことやストレスがあると色々なマイナスな感情も抱きますよね。

 

そんな疲労やマイナスな感情をほっといていると…。

悪いエネルギーとなって身体に蓄積していくとされているんです。

 

こうした悪いエネルギーは、自分の波動を低くさせるきっかけを作ります。

そのため、悪い出来事を引き寄せやすくしてしまうんですね。

 

そのため、怒りをぶつけられるような災難を引き寄せないためには、なるべく日頃から溜まる疲労やマイナスな感情を浄化することが大切なんです。

 

悪いエネルギーを浄化する方法も色々あります。

その中でも、手軽に始められるスピリチュアルワークとしては瞑想がおすすめです。

 

瞑想のやり方の手順は、

  1. 楽な姿勢を取る(基本は座位、寝ながらでもOK)
  2. 姿勢を伸ばす(座位の場合)
  3. 目を瞑る
  4. 深い呼吸をする
  5. 自分の呼吸に意識を傾ける
  6. スッキリするまで続ける

この流れがおすすめです。

 

最初は、時間を決めずに頭がスッキリするまでを目安にやってみましょう。

瞑想は、手軽に一日の疲れやマイナスな感情を浄化しリセットしてくれます。

 

一つの参考にしてみてください。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

瞑想続けた結果が凄すぎた!365日5年間続けて起きた人生の変化
この記事を読んでいる人のほとんどは、きっとこれから瞑想を始めようとしている人、または始めたばかりの人が多いでしょう。 瞑想を続けた先にある結果がどうなるのか、気になりますよね。 そりゃあ、当然です。 毎日頑張って続...

小さな悩みや問題を一つでも解決する

普段から、どんなに小さなことでも悩みや問題を抱えていませんか?

そうした悩みや問題もほっておくと、悪いエネルギーの循環を促してしまうきっかけになります。

 

たった一つでも、小さな悩みや問題を解決していくだけで身も心も軽くなっていきます。

その軽さは、自分のエネルギーでもある波動を高めてくれる素材になるんですね。

 

悩みや問題を抱えない日々を過ごすことは、乱れた波動のバランスを整えてくれます。

理不尽に怒りをぶつけられるような災難からも逃れやすくしてくれるはずですよ。

 

自分の意思を強く持つこと

よく他人のことばかり考えて行動する癖がないですか?

それでは、いつしか自分の意思を持てなくなってしまいます。

 

自分の意思が弱いとエネルギーの循環も弱まります。

それでは、攻撃的な人の的になりやすい傾向があるんですね。

 

そのため、他人のことばかり考えて行動する他人軸な人生を辞めてみましょう。

そして、自分の意思を優先して行動する自分軸で過ごしてみることです。

 

そうするとこで、自分の強い意思が大きなエネルギーとなって循環していきます。

きっと、怒りの的になることもなくなってきますよ。

 

何事も学べる精神を持って生きることが大事

今の怒りをぶつけられてしまうような悪い状況ですが、マイナスに考えたらマイナスな出来事でしかなくなってしまうんですよね。

 

しかしながら、その悪い環境の中から何か学べることがないか?

そうポジティブに考えていけば、自分の成長に繋がる出来事に変わるんですよね。

 

また、解決策を見つけ出すことができれば、今よりもより良い環境に導かれていくきっかけになることもあるんです。

 

そう考えると、自分にとって悪い出来事や悪い環境は自分と人生を変えるチャンスでもありますよね。

 

何事も学べる精神を持つことは、今後幸せな人生を送るには重要なスキルになります。

少しでも思考や考え方を切り替えて状況を見てみましょう。

 

まとめ

このように、普段から理不尽に怒りをぶつけられることが多い人もいますよね。

 

「運が悪いな…。」なんて思うこともあるでしょうが、何かスピリチュアルな理由があるかもしれません。

 

様々な方向から物事を見ることで、自分のするべき行動や最善の手段も見つけられるようになります。

 

何事も悪い出来事や悪い環境をマイナスに見るのではなく、そこから学べることや解決策を考えてみましょう。

 

そうすることで、自分の成長を促して人生も良い方向に変わっていくかもしれませんよ。

マイナスなことをプラスに変えていく生き方ほど、人生が好転していきます。

 

この記事が、少しでも悪い環境から抜け出せるきっかけになれば嬉しいです。

error:Content is protected !!