損な役回りになりやすい人のスピリチュアルなメッセージ!隠れた自分への課題とは

損な役回りになりやすい男性のシルエットをイメージした画像スピリチュアルの裏話

なぜか分からないけど、いつも損な役回りになってしまうという人っていますよね。

実はそんな環境、スピリチュアル的な意味があるかもしれないんです。

 

普段から、「あの人は、良いところばっかり持って行くな…。」なんて感じることありますよね。

そんな場面が続くと、気分も悪いですよね。

 

そこで今回は、日常生活の中で損な役回りになりやすい人によくあるスピリチュアル的な意味(メッセージ)について解説していきます。

 

スポンサーリンク

損な役回りになりやすい人は優しすぎるのが原因じゃない!

ではまず、損な役回りになりやすい人は、「優しすぎるからなんじゃないの?」なんて思う人もいるんじゃないでしょうか。

結論から言うと、「損な役回り=優しい」というわけではありません。

 

損な役回りになりやすい人には、下記のような特徴があったりします。

  • 言いたいことをズバッと言えない
  • 相手の気持ちが分かり過ぎて全て受け止めてしまう
  • 裏方役に回ることが多い
  • 相手の失敗の尻拭いをすることが多い
  • 感謝を受け取ることが苦手

このような特徴がある人ほど、損な役回りになることが多いんですね。

 

このようなタイプの人は、意外にも優しいからこのような行動をとっているわけではないんです。

これ心理的にも見ると、自己肯定感が低く相手に認められたい欲求から動いている可能性が高いともされるんです。

 

もしも、本当に心の底からの優しさでこのような行動をとっているなら、損得などの他人からの評価をあまり気にしないはずなんです。

 

損した気分になるということは、何か見返りが欲しかったという意味でもあります。

本来あるべき優しさには、この見返りは必要としませんよね。

 

結局のところ、損な役回りになりやすい人は、自ら損な役回りを引き受けていってるとも言える状態。

 

心理から見たら、優しすぎるから損な役回りになってたわけではなく、自己肯定感の低さによって起きてしまった現象でもあるでしょう。

 

損な役回りになりやすい人のスピリチュアル的なメッセージ

では次に、損な役回りになりやすい人のスピリチュアル的なメッセージを見ていきましょう。

結論を言いますと、隠れた自分への課題です。

 

先ほども言いましたが、心理的には損な役回りになりやすい人は、自己肯定感の低さが問題になりやすい。

 

しかしこれはスピリチュアル的に見れば、受け取るという部分に大きなブロックを抱えているケースが多いタイプとも言われています。

 

ここでの受け取るというのは、本来解決すべき問題と向き合う現実から逃げてしまっている状態を指します。

 

そのためスピリチュアル的に見ると、損な役回りになる現象が多くなるのは、以下のような自分への課題を意味したメッセージがあると考えられるんです。

 

自分の中のブロックに気づくため

スピリチュアルな世界では、この世の起きる全ての出来事は、自分の成長に繋がる出来事とも言われています。

 

そして損な役回りになりやすい人ほど、自分自身の中にある余計なブロックに気づきやすい環境とも言えます。

 

損しやすい環境にいることが多いと、

  • どうしたらもっと気楽に生きられるか…。
  • どうしたらもっと報われるのか…。
  • どうしたらもっと自分らしく過ごせるのか…。

なんて考える頻度が増えやすくなりますよね。

 

こういった疑問による思考が働きやすい環境というのは、幸せな人生に向かうために、自分の成長に繋がるための試練でもあるんです。

 

自分らしい幸せな人生にとって、今ある余計な心の中のブロックを解消していくことが目的。

自分のステージを上がっていく為には必要なこととして、今起きている損しやすい環境はメッセージとして現れているかもしれないんです。

 

カルマを解消するため

また、前世からのカルマが影響している場合によって、損しやすい環境が起きているかもしれないこともあります。

 

スピリチュアルでは、今ある苦しい環境や困難は、過去世や前世での行いによる罪(カルマ)を償うために起きている現象として捉えることがあるんですね。

 

もしもカルマなら、この罪の償いによる課題をクリアするまでは損な役回りが続くことになります。

そして、この罪から逃げようとしてしまえば、苦しい環境は終わらないってことです。

 

現実と向き合いカルマによる罪の償いが終われば、自然と損な役回りからは解放されるでしょう。

 

損な役回りになりやすい人の対処法

では次に、損な役回りになりやすい人ができる対処法について解説していきたいと思います。

 

自分自身を満たし波動を上げる

まず1つ目の対処法は、自分自身を満たし波動を上げること。

自分自身が枯渇している状態では、波動はどんどん下がってしまい良いことは巡って来ません。

 

損な役回りになりやすい人は、常に心の奥底(潜在意識)の部分で不満を抱えている可能性があります。

 

不満は波動を非常に低くさせやすく、同じ低い波動を引き寄せやすくなってしまいます。

それでは、いつまでたっても損な役回りな環境からは脱出できません。

 

そのため、まずは自分自身を満たしてあげて波動を軽くしてあげることが大切なんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

波動を高める6つの方法!仕事や恋愛や人間関係が激変していく理由
この世の万物に備わっている波動とは、「生命エネルギー」と言い換えることができます。 その人・モノの周りを波状に取り巻く目に見えない力とも表現できますね。 人間に限定して言えば、その人の人生経験や生き方によって波動は変わる...

近くにいる人を選んで付き合う

2つ目の対処法は、近くにいる人を選んで付き合うこと。

物事を引き寄せると言われる波動は、近くにいる人の影響もとても受けやすいと言われています。

 

低い波動を持つような悪い人が身の周りにいれば、自分にも悪い出来事(損する環境)を引き寄せやすくなるってことです。

 

こちらの善意に付け込み、わざわざこちらが損な役回りになるように仕向ける悪い人(波動の低い人)も存在するんです。

 

こうした波動の低い人の近くに居続けると、いつまで経っても損な役回りからは抜けられず、余計に自分の波動を下げてしまい悪循環になってしまうんですね。

 

このような現象を避けるためには、近くにいる人はなるべく波動が軽く高い人を選んで付き合うようにすることが大切なんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

波動が高い人が集まる場所とは?特徴やある見つけ方などまで暴露
スピリチュアル視点から話すと、世の中には波動が高い人と低い人に分類できます。 また、この波動はレベルに合わせて、自然と同じ場所に集まろうとする特徴もあります。 類は友を呼ぶなんて言葉があるように、波動も似た者同士で自然と...

損な役回りは「損して得取る」

さてここまでで、損な役回りになりやすい人をスピリチュアル的な視点で解説してきました。

世の中には、〝損して得取る〟なんて言葉がありますよね。

 

自分の利益(得をする)ことだけを考えている人は、波動が低く自然と人が離れていき運までも離れていきます。

 

自分の得だけを考えないこと。

自分と相手が気持ちよく過ごせるためにはどうしたら良いかを考えながら行動すること。

 

自分の中にある問題に向き合っていれば、損な役回りからは次第に解放されていくという考えを持っておきましょう。

これはスピリチュアルな観点だけでなく、全ての関係性において言えることでもあるんです。

 

損得勘定で物事を選んでいるときほど、自分にとって不足感が強い(成長が止まっている)ときでもあります。

 

不足感からする行動は、さらに不足を生み出します。

この負の連鎖の中にいる間は、なかなか損な役回りからは抜け出せないということは覚えておくと良いですね。

 

まとめ

今回は、損な役回りになりやすい人のスピリチュアルなメッセージについて解説してみました。

「なんか自分もそんな気がするなぁ…。」なんて納得してしまう部分もありましたでしょうかね。

 

損な役回りになりやすい人は、一見すると優しくて良い人というイメージがあります。

でも実はスピリチュアル的に見ると、自分の成長を止めているブロックに気づくため、カルマによる罪の償いのためのこともあるでしょう。

 

また心理的にも、自分自身の不足感(自己肯定感の低さ)や、認められたい欲求からくる行動の可能性もあるんです。

 

普段から、損な役回りになりやすいなと感じる人は、まずは自分の成長を促すように問題と向き合いながら、今回ご紹介した対処法も一つの参考にしてみてください。

コメント

error:Content is protected !!