人間同士の縁が切れる時の前兆3つ!恋愛や仕事別に徹底解説

縁が切れないように手を繋いでいる恋人同士の画像人間関係

人間とは、人と恋愛や仕事などを通じて環境の変化をし続ける生き物です。

その中で、縁があり親しくなるときもあれば、縁が切れる時もあるんです。

 

こうして人生を送る過程で育んだ人間関係は、必ずしも永遠ではないんです。

 

一部の人を除き、大抵の縁は切れるものなんです。

  • あんなにラブラブだったパートナーと別れてしまった…。
  • 高校時代に仲良しだった親友とは、もう連絡を取っていない…。

こんなこともありますよね。

 

このように、一度切れてしまった縁を無理に引き戻そうとするのは難しいものです。

毎日のように顔を合わせていた関係も、時が経てば疎遠になることが多いからです。

 

この記事では、恋愛や仕事別に人間同士の縁が切れる時に多い前兆3つを解説します。

 

縁を繋ぎ止めることに執着している人にとって、人生の仕組みを理解するため、この記事を一つの参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

【恋愛】人間同士の縁が切れる時の前兆3つ

まずは、恋愛において人間同士の縁が切れる時の前兆3つを見ていきましょう。

 

「この苦しい状況に耐えれば、いつかあの人は戻ってくる!」なんて思い続けていませんか?

確かに、自分にとって縁ある人ならあり得る話かもしれません。

 

でも、いつまで待ってても戻ってこない人もいるはず。

これは、復縁できないのは元恋人との縁がすでに切れているからかもしれないんです。

 

そんな縁が切れている前兆が起きていなかったか、下記の内容を確認してみましょう。

 

恋人との会話が弾まない

恋人との会話が弾まないのは、縁が切れる前兆です。

恋愛において、出会った時のような新鮮さや喜びが消えてしまいマンネリ化してしまうことは多い。

 

こんなマンネリ化した状況の中でも、会話によるスキンシップを大切にしたい存在かどうかで、縁が切れるかどうかも決まってしまうんです。

このような状況は、お互いの人生を楽しむ存在かどうか見極めている時期とも言えます。

 

2人で過ごすたびに居心地の悪さを感じる

縁が切れる前兆として、恋人と2人で過ごすたびに居心地の悪さを感じることがあります。

これは、お互いの価値観の相性が合わなくなるからです。

 

先ほどお伝えしたように、人は変化し続ける生き物です。

その時々で、価値観は変化していきます。

 

付き合い立ての頃は相性が良くても、次第にそうでなくなる可能性も大いにあります。

そして人は、居心地の悪さを感じ始めた相手と一緒に過ごすことはできません。

 

この居心地に違和感を感じたときが、縁が切れるかもしれない前兆なんです。

 

沈黙が続くと片方が焦り出す

心を許した恋人同士のはずが、沈黙が続くと焦ってしまうことはありませんか?

こうした出来事も、縁が切れる前兆です。

 

沈黙が続くからといって、話題を探さなければいけない空気なんておかしいですよね。

本当に縁がある相手なら、会話のない環境でも空気は悪くなりません。

 

会話のない沈黙した状況に、気を遣う。

そんな大好きな恋人から気を遣う恋人に変わっているなら、もう終わりの合図なのかもしれません。

 

関連記事

縁が切れる前兆が意味すること!人生の転機を活かす3つの方法
人は、縁が切れる前兆に気づくと、恐怖、不安、寂しさを抱きます。 仲良かった友達や恋人が離れていく経験をしたことない人なら、尚更です。 でも、ネガティブな気持ちになる必要はありません。 なぜなら、何事も縁が切れる前兆...

【仕事】人間同士の縁が切れる時の前兆3つ

恋愛とは違い仕事では、縁が切れるときの前兆はどう違いがあるのかというと…。

 

会社の人のSNS/連絡先情報が消える

会社の人のSNSや連絡先の情報が消える現象が起きたときは、その相手との縁が切れる前兆です。

 

嫌いな相手でなかったとしても、あなたの人生に必要がないことを示しています。

  • スマホの誤操作で、上司のSNSを消してしまった。
  • 突然、何もかもが嫌になり会社の人の連絡先をすべて消した。

中には、こんなことありますよね。

 

一見すると、まったく別の感情から相手の連絡先を消しているように見えますが…。

これも、どちらも縁が切れる前兆なんです。

 

本当に自分にとって必要な存在なら、どうにかしてでもまた連絡先をゲットしますよね。

「まぁ、いいや…。」となるような程度なら、もともと縁がない相手だったということです。

 

上司や同僚とすれ違っても相手に気づかれない

縁が切れる前兆として、上司や同僚とすれ違っても気づかれないことがあります。

「こんな至近距離なのに…。気づいてもらえなかった…。」なんて経験ありませんか?

 

相手が自分に気づかないのは、興味がないからということになります。

日頃から目で追うような存在に対してなら、人は遠く離れた場所からでも気づくものです。

 

縁ある人ほど、相手に興味を示し、いつでも気にかけているものなんです。

 

会社を辞めたいという思いが衝動的に湧き起こる

会社を辞めたい思いが衝動的に湧き起こる場合も、縁が切れる前兆です。

これと言って仕事に不満もないのに、なんとなく仕事が辞めたくなることもありますよね。

 

こうした直感が働く理由は、「この場所は、自分にとって必要ない。」と悟っているからです。

 

お世話になった会社の人たちへの礼儀は通しつつ、自分の衝動的な感情を受け容れてどうすべきかを決めましょう。

 

関連記事

縁がある人とはまた繋がれる!運命を受け容れることで繋がる3つの方法
縁がある人とは、巡り巡ってまた繋がれることがあるのを知っていますか? これは、恋人や親友などの大切な人と離れ離れになってもです。 とはいえ、何とか疎遠になった人との縁を無理に取り戻そうとする人もいますよね。 でも実...

縁が切れる時をなくす方法はない

縁が切れる時そのものをなくす方法はありません。

基本的に、一度切れてしまった縁を自力で引き戻す方法もないんです。

 

スピリチュアルな能力に長けた占い師や霊視者に見てもらえば、特定の相手との関係修復をしてもらうことはできるかもしれません。

 

でも、無理やり繋ぎ止めた関係なんて、一体いつまで続くかは分からない…。

縁は、運命のようなものと同じだからです。

 

決められた運命なら、その結果を変えられないってこと。

 

今後も関係を深めていきたかった人と縁が切れりしたら、最初は寂しいですよね。

でもそれは、今の自分にはふさわしくない相手だったと思うのが良いでしょう。

 

決して自分を責めたりはしないこと。

自然体でいることを忘れ、相手に合わせたりしてはいけない。

 

そんなことをして繋ぎ止めても、自分の心身が疲れるだけなんです。

 

もしも、縁ある人なら巡り合わせがやって来て、再会できます。

それまでは、自己成長のため自分磨きに励むがおすすめです。

 

こうした強い身体と精神を持ち続けて過ごしていれば、自分にとって最高の縁ある人と巡り合うことができます。

中には、縁が切れた相手と再会するチャンスが訪れるかもしれませんね。

 

関連記事

人間関係を断捨離すると人生観が一気に変わる理由
人それぞれ生活スタイルや過ごしてきた環境によって、人間関係も違います。 友達や知り合いが多い人もいれば、少ない人もいる。 しかし人間関係は量よりも、信頼関係による繋がりの深さ、質が大切だと感じます。 きっと関わって...

まとめ

このように人間は、恋愛や仕事などを通し、縁ある人と出会ったり別れたりを何度も繰り返します。

そのうちの誰が生涯を共に過ごしてくれるかは、運命のようなもんなんです。

 

きっと、自分の思い描いた結末じゃないこともあるでしょう。

大事に思っていた人ほど、別れること、離れることを受け入れられない人もいるはずです。

 

でも、無理矢理に縁のない人と繋ぎ止めようとしても、お互いのためにならないこともあります。

 

いつでも、自分の成長を目指し前を向いて生きて行きましょう。

error:Content is protected !!