職場にいる嫌われ者の末路にハッピーエンドはない!?人望が変わる秘訣

職場から嫌われている男性とその同僚4人が話し合っている画像人間関係

あなたの職場に、嫌われ者っていますか?

なんなら、自分がその立場にいるなんて方いるかもしれませんが…。

 

こういった人たちの末路って、ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか気になりますよね。

なんとなく想像は付くでしょうが、詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

職場に必ずはいる嫌われ者の存在

どんな職場に行っても、必ず一人ぐらいは嫌われ者っていますよね。

みんなに嫌われているってことは、その人自身に問題があるんでしょうが、周りの理解が追い付いていないだけのこともあります。

 

どっちもどっちみたいな感じですかね。

嫌われ者の本人が変わろうとすることも大事ですが、周りが理解して優しくサポートしてあげることも助け合いとして大切ですよね。

じゃないと、いつまで経ってもお互いに不満ばかり蓄積して、モヤモヤして過ごすことになるので気持ち悪いはずなんです。

 

仕事で嫌われやすい人の12の特徴

職場や仕事をきっかけに、周りから嫌われてしまう人たちには、必ず何かしらの特徴があります。

自分にも当てはまっていないか、確認してみましょう。

 

すぐ頭ごなしに怒る

上司や先輩に多いかもしれないですが、なんでもかんでもすぐに怒る人っていますよね。

怒り方にもよりますが、愛のない説教をするような人ほど、職場の人たち全員から嫌われやすい。

 

理不尽なことばかり言う

理不尽なことばかり言うような人っていますよね。

社会のルールとして、多少な理不尽なことは仕方ないとか言われれいますが、やっぱり限度もありますよね。

当たり前のように、理不尽なことばかり言うような人は、職場や社会の中でも嫌われてしまうんです。

 

いつも素っ気ない態度

素っ気ない人っていますよね。

投げやりな態度を取られたら、相手も良い気分にはならない。

そう見えるだけって人もいますが、勘違いからでも素っ気なく見える態度ってのは、悪い印象のが付きやすいんです。

 

いつもイライラしている

プライベートもストレス解消できていないのか、仕事中いっつもイライラしているような人いますよね。

仕事場にまで不満を持ち出してくるのも問題でしょうし、何もしていない人にまで八つ当たりのようにイライラした態度を取ってしまう方は意外にも多い。

 

余計な一言が多い

「そこまで言わなくてもいいじゃない!」なんて、一言多い人っていますよね。

モラハラやセクハラもですが、言葉によるストレスって人間関係を崩していきます。

 

自分に甘く人には厳しい

「自分は〇〇のくせに…」なんて言いたくなるような、自分に甘く人に厳しい人って、腹立ちますよね。

そういう場面が多い人ほど、周りからも怒りを買い距離を置かれやすくなります。

 

ノリが悪い

無理やり強要することはいけないことですが、人間関係を築くにあたって、どうしても最低限のコミュニケーションが必要ですよね。

そんなコミュケーションが築ける場所に、一切行かないような人ほど、周りからも距離を置かれやすい。

 

本人は、悪気がなくても、周りはあまり良いように思えないのが、人間関係の難しいところです。

 

否定ばかりしてくる

なんでもかんでも、こちらの意見を否定する人いますよね。

話し合いもクソもないので、関係性が築ける訳がない。

仕事でも相談したくない存在になってしまうので、人の意見に否定的な人ほど、職場での人との関わりも上手くいかないタイプでしょう。

 

人の話を聞けない

自分の話ばかりして、人の話を聞こうとしないタイプ。

もう嫌われるに決まっている。

人間関係を築くには、会話のキャッチボールが大切ですよね。

これができないんじゃ、誰からも好かれる訳ない。

 

清潔感がない

最低限のマナーとして、清潔感って大切ですよね。

容姿なのか臭いなのか、人によって不快に思う部分は違うでしょう。

 

それでも、髪の毛がボサボサだったり、シワシワのシャツや、いつも汗臭かったりなど、人が不快に思う部分が一つでもあると、印象が悪くなる。

意外にも、こういった清潔感によって嫌われてしまうこともあるので、気を付けなければ

 

声が小さい

声は小さいは、個人の差があるので責めることはできないものです。

それでも、人によっては声が小さいだけで、イライラしてしまう人もいる。

声が小さいだけで、嫌われてしまうこともあるんです。

とはいえ、これは相手の理解も必要になってくることなので、理解のある職場なのかで仕方ないこともあるかもしれませんね。

 

ネガティブ

なんでもマイナス面から考えてしまう人や、ネガティブな発言が多い人ほど、周りも気を遣います。

一緒に居て、こっちまで暗くなるような疲れてしまうような存在になってしまうと、職場でも人間関係でも上手くいかないことが増えてきてしまいやすいんです。

 

関連記事

好かれていたのに嫌われた?相手からのサインと最善の修復方法
ついこの間まで仲良しだったのに、毎日一緒にいたのに、ほぼ毎日連絡を取るような仲だったのに、相手の態度が豹変。 「なんだか冷たい。」 「嫌われたかもしれない。」 こういった経験がある人は、きっと少なくありませ...

職場で嫌われた者の末路にハッピーエンドはない?

職場で、一人の人に嫌われるぐらいのことなら、単純に相性が悪いだけの可能性がありますが…。

もしも、色々な人から嫌われているようなら、それはその人自身(または自分)に問題がある可能性があるんです。

 

そんな嫌われ者の立場にいる人が、その環境に居続ければ、どんな末路が待っているかというと…。

 

孤立です。

 

ただ悪口を言われているぐらいなら我慢できる人もいるでしょうが、いつかは誰も近づきがたくなる存在に変わっていきます。

これは、本当の意味での孤立で、ハッピーエンドとは程遠い世界です。

 

ここで怖いのは、「別に嫌われていたっていいし」と拗ねてしまう人です。

なんでも拗ねてばかりで、状況を変えようとしない人ほど、さらに環境が悪くなる傾向があります。

 

人生において、自分の本音に気づいて生きていくことって大切です。

自分は本当はどうしていきたいのか、自分の気持ちを考えてみてください。

本当は、みんなと仲良くできたらいいなと思っている部分もあるはず。

 

孤立するかもしれない嫌われている環境に、ストレスなく居続けられるほどのメンタルを持ち合わせているなら、拗ねたままでもいいと思います。

でも、こんなにも嫌われて孤立している環境をストレスにならない人なんている訳ないですよね。

 

ここで大事なのは、どんな性格でも、どんなに嫌われていても、自分の行動次第で状況は変えられるということです。

 

そうなんですよ。

諦める必要なんてないんです。

 

その場の感情だけで拗ねて、今後の人生まで苦しくする必要なんてありません。

どんなに悪い環境も変えようと思えば変えられるんです。

 

【自分が変わる】職場から人望ある存在に変わる方法

もしも、あなたが自分が職場で嫌われている立場でいる人なら、以下のことを意識して過ごしてみると人望ある存在に変わるかもしれません。

 

素直に謝ってみる

もしも、職場の人たちに嫌われていて自分に非がある場合は、素直に謝ってみましょう。

謝るときも、なんで嫌われるようなことをしてしまったのか、理由もハッキリ言うと、相手も理解してくれるかもしれません。

 

こうした本音を言える関わり方は、状況を良い方向に変えてくれやすい傾向があります。

手っ取り早い方法でもあるので、勇気を出して素直に謝ってみましょう。

 

相手の気持ちを考えてみる

嫌われるような態度や言動をしてしまうのは、何か相手に不満があるからじゃないですか?

もしも、相手に不快な思いをするような場面があったのなら、なぜか考えてみましょう。

 

相手の言動にイラッてしてしまうのであれば、相手がどんな気持ちでそんな言動をしてしまったのか考えてみませんか?

要するに、相手を理解しようということです。

 

こういった相手を理解できるようになると、自然と許せることも増えてきて心にも余裕が生まれます。

あんまりイライラすることや、不満に思うことも減ってくるので、自分らしく職場の人たちと関われるようになるかもしれませんよ。

 

笑顔を増やしてみる

嫌われやすい人ってのは、雰囲気も暗いイメージや怖いイメージを持たれやすい傾向があります。

なるべく微笑む程度でも良いので、笑顔を見せる頻度を増やしてみましょう。

 

笑顔なんて自分らしくないっていうようであれば、声をハキハキ話すようになるだけでも、印象は変わります。

こうしたちょっとした印象を変えるだけでも、「最近、〇〇さん雰囲気が変わったよね」と良い方向に周りも見てくれるようになるかもしれませんよ。

 

話す機会を増やしてみる

とにかく、職場で嫌われているかもしれない人たちとの話す機会を作ってみましょう。

仕事のことでも、些細なことでも、どんなことでもOKです。

 

まずは、接触すること、自分を見てもらうことが人間関係を築く上では大切なんです。

話すときも、なるべくは声をハキハキしたり、ちょっと微笑んでみたりと、工夫してみると印象も変わり、相手があなたを見る目も変わるかもしれません。

いつしか、相手からも話しかけてくれることが増えるかもしれませんよ。

 

【相手を変える】職場で嫌われている人を助ける方法

もしも、職場でみんなから嫌われているような人がいたら、そっと手を差し伸べてあげられる人が一人でもいると、もしかしたらその人は助かるかもしれません。

とはいえ、「嫌われるようなことをしてきた方が悪い、自業自得」なんて考えの人もいるでしょうが、どうか見捨てないで上げましょう。

 

もしかしたら、何か本人にも嫌われてしまうようなことをしてしまった理由があるのかもしれません。

よく話してみて、相手の嫌われるような言動をしてしまう理由を知ったとき、自分たちも相手のことを許せるようになるかもしれない。

 

どうしても人間関係の中で、上手くいかないこと、相性が合わないこと、好きになれないことがあるのは仕方ないことなのかもしれない。

でも、もしも少しでも関係性を良くしたいと思っているような人、このままじゃダメだよなと考えがある人がいるなら、手を差し伸べてみてください。

 

話す機会を増やすだけでもいいですし、笑顔で挨拶するだけでもいいですし、話を聞いてあげるだけでもOKです。

もしかしたら、こちらの対応次第で、嫌われ者になってしまった本人も何か気持ちが切り替わり、人間関係も上手くできるようになるかもしれませんよ。

 

まとめ

このように、職場には必ずと言っていいほど、嫌われ者っているもんです。

嫌われ者の末路なんて、将来良いことないことや問題が多くなるに決まっていますよね。

 

嫌われ者になってしまえば本人は辛いですし、一緒にいる職場みんなも嫌な思いをすることになりますよね。

お互いが良い人間関係を築いていくには、本人が変わろうとすることも大切かもしれませんが、周りが手を差し伸べてあげることも大切なのかもしれません。

 

お互いがお互いを思い合えるような環境を目指していくことが、嫌われ者なんていなくなる職場になるのかもしれませんね。

人間関係
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!