働きながら整体師になるには通信講座一択!失敗しない道のりはコレ

働きながら通信講座で整体師の資格を取ろうとパソコンを見ている女性の画像セラピスト

年々リラクゼーション業界の仕事も、需要が高く人気です。

そんな中で、「働きながらでも整体師になるにはどうすればいいのかな…」なんて悩んでいる人いるでしょう。

 

スポンサーリンク

安心してください!働きながらでも整体師にはなれます!

「整体師の仕事には興味はあるけど…。仕事しながらじゃ資格なんて取れないよなぁ…。」

いーーーーーーーえ!

そんなことありません。

 

安心してください!

整体師の資格は、働きながらでも誰でも取れちゃいます。

でもここで知っておくべきことは、二つです。

整体師の資格は、学校か通信講座のどちらかで取るのがベターです。

 

もちろん。

どちらの方法でも、カリキュラムがしっかりしているので、働きながらでも資格が取れるようになっています。

でも、私個人の意見ですが、もしも働きながら整体師の資格を取りたいのなら、通信講座をおすすめします。

 

整体師の資格を取るなら通信講座一択にするべき理由

完全に私個人的な考えなので、整体師の資格を学校で取ろうが通信講座で取ろうが、個人の自由です。

しかしながら、なぜ私は通信講座をおすすめするのかは、詳しく説明していきます。

 

学校よりも通信講座のがコスパが最強

まず学校で資格を取るか、通信で取るかで費用が驚くほど違います。

学校に通うとなると、資格取得までに半年~1年ぐらいかかり、費用も数十万~数百万かかることはザラ。

打って変わって、通信講座では最短1ヵ月~3か月以内の費用は5万円程度で済むことが多いです。

 

もちろん、両者メリットとデメリットあります。

しかしながら、資格を取るだけを考えて、学校か通信講座かだけで、これだけの差が生まれることは知っておいて損はないでしょう。

 

資格なんてこだわっても無駄

学校か通信講座かで、かかる時間も費用も違うと言いました。

学校のほうが費用が高い理由は、じっくり学べてカリキュラムも豊富だからです。

 

しかし、整体師の資格なんてものは、あくまでも民間資格であることを忘れてはいけません。

資格を持ってなくても、施術さえできれば整体師を名乗ることはできてしまうんです。

 

それぐらい整体師というのは、日本ではあいまいな資格なんです。

だから私は、資格の証明が欲しかっただけだったので、時間も費用も最小限にできる通信講座で資格を取りました。

 

 

学んだ施術も現場に出たら使えないことも

現場にいる私や知り合いの整体師に聞いても、学校や通信講座で学べることには限度があるということは明らかです。

もちろん、どこの学校や通信講座かによって、高度な技術や知識が学べることもあるかもしれませんが、基本は基礎的なことが多いです。

 

現場に出ると、学校や通信講座で学んだ技術やスキルが使えないことなんてよくあるんですね。

私も通信講座で学んだ知識や施術スキルは、今では一切と使っていません。

 

結局、現場に出てみると分かりますが、基礎レベルの知識やスキルでは通用しないことを実感するときが来ます。

また整体師としてスキルアップを目指すとなると、有名な研究会やセミナーに行って学びなおすことが多いです。

 

整体師の資格を取るときは、あくまで整体師の証明をするものの身分証明の一つとして考えて、お金や時間がある人は学校に行って学ぶも良いでしょうけど…。

あまりリスクを取りたくない人や、将来性を考える人は通信講座で資格を取るといいでしょう。

 

高度な知識やスキルを学ぶのは、また別で有名な研究会やセミナーに参加してスキルアップを目指すのがおすすめです。

 

整体師の資格おすすめの通信講座

働きながらでも、きちんと整体師としての基礎的な知識とスキルを学べて費用を最低限に抑えたいなら、整体&セラピースペシャリスト資格取得講座がおすすめです。

 

基本的に、基礎的な知識やスキルでも学んでおいて損はありません。

資格もなくても整体師はできますが、形だけでも証明書はあったほうが安心するお客さんも多いです。

あくまで民間の資格なので、どこで整体師の資格を取っても価値は変わりません。

お金と時間をかけたくない人は、まずは通信講座で取って学んでみましょう。

 

整体師やセラピストとして活動していくのなら、リンパマッサージ・リフレクソロジー・アロマテラピー・カウンセリングなんかも学んだり資格を持っていても損はないですよ。

 

実際に整体師として活動できる方法

整体師の資格を取ってから、実際に整体師として活動していくには、就職か独立かの2パターンが一般的です。

最初は、みんな就職が多いですかね。

 

整体師の就職先で多いのは、

  • 整体院
  • 接骨院
  • 整骨院
  • リラクゼーション店

だいたいこの辺だと思っててください。

 

普通に探せば求人にありますし、学校や通信講座のカリキュラムの中に就職サポートなんかあることもあります。

 

また知っておいてほしいのが、就職先によって施術や接客のやり方が基本は違います。

ここで、先ほども話した学校や通信講座で学んできたことが使えない現実にぶち当たりやすいんです。

 

こんなこと話すと、「じゃあ、資格取って学んできた意味ないじゃん」と思う人もいるでしょうが…。

資格を持っている持っていないだけでも、就職の採用率は変わるので資格はもっておいて損はないですよ。

 

そして、もう一つ整体師の活動していくパターンであるのは、独立開業です。

だいたいは、整体院などのお店を開くか、出張整体などのお店を持たずにやるパターンかで分かれます。

正直どっちもメリットデメリットがありますが、多いのはお店を開くパターンでしょう。

 

正直、実務経験があってもなくても独立して成功する人はいるので、資格取得後に就職するでも良いし、いきなり独立するのもありだと思います。

結局一番大切なのは、どれだけお客さんを満足させられる知識とスキルを持っているか持ってないかだけです。

独立して成功したいなら、経営学やマーケティングを学ぶこともお客さんの満足度に影響します。

 

今の自分が、どっちの道に進んで整体師になりたいか考えてみましょう。

どちらの道にしろ、お客さんのために自分は何を学び何を行動していくべきなのかを意識して過ごしてみましょう。

セラピスト整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!