【平日と休日のファスティングダイエット】効果的に痩せるのはどっち?

外でピクニックしている女性の画像 ファスティングについて

人にとって『食べる』という行為は、生きていく上で絶対不可欠ですよね。

 

平日休日かからわずいつどんな時でも、好きなものを好きなだけ食べていながら、いいスタイルを維持できたら…なんて、まぁ無理ですよね。

 

現実は、食べれば食べるほど太るのは当たり前で、よくあるレストランや焼肉の食べ放題なんて行った日には、私は大変なことになります。(笑)

 

今回は、そんな食べ物の誘惑に負けて食べ過ぎて太ってしまったあなたの体を、速攻で元の体型に戻せるファスティングについてご紹介します。

 

ファスティングは、平日と休日だと痩せるためにはどちらが適しているか、ダイエット効果や日にちの使い分けや注意点などについて解説していきますね。

 

【平日と休日のファスティングダイエット】痩せるにはどちらがいい?

 平日と休日のダイエット、どちらの方がダイエット効果があるのかは、個人によって変わります。 

 

理由は、あなたの仕事や環境次第で平日や休日、ダイエットできない人もいることがあるからです。

 

平日のファスティングダイエット

仕事しながらの平日のファスティングダイエットを行うとなると、きっと何かと不具合が生じやすいですよね。

 

  • ダイエットしていると知られたくない
  • 同僚とランチへ出かけるため、水だけ飲むなんてできない
  • 営業先でコーヒーやその他飲み物を出されるため、飲まないわけにはいかない
  • 接待や付き合いの飲み会があるため、ファスティングできない
  • パート先の仲間の差し入れのお菓子を断れば、付き合いに亀裂が生じる可能性がある
  • お腹が空き過ぎて、会議中にグーグー鳴ると恥ずかしい思いをする
  • ファスティングの好転反応の眠気が襲ってきて、仕事に集中できず悪影響となる

 

普段会社やパート先では、ランチはお弁当だったり、自分一人で過ごせる時間・場所がある人なら、問題なく平日ファスティングができるでしょう。

 

しかし、中にはそういうわけにはいかないさまざまな事情があっても当然。とくにファスティングダイエット中に問題になるのが、飲み会の誘いや会社の休憩中によく飲まれるカフェインやアルコール!これらはファスティングでは禁止なので注意が必要です。

 

平日のファスティングダイエットは、自身の仕事している環境に応じて行わなければなりません。

 

LINO
LINO

普段会社はお弁当の人は、出来るね!

休日のファスティングダイエットの場合

平日のファスティングダイエットとは変わり、休日のファスティングダイエットは、出かけない限りは問題なく行えますよね。

 

ただし、出かけずに行う休日の断食のデメリットは、とにかくお腹がすきます。

 

趣味などのように何らかに打ち込む事ができれば、我慢できるかもしれませんが何もない場合、かなりの忍耐が必要!またや、休日でも友人と出かける予定がある人なら、外食しなければいけない問題も出てきます、、、。

 

 そのため、なんだかんだ仕事で忙しくしている平日のファスティングダイエットのほうが一番良かったりします。 

 

じゃあ平日も休日も断食できないとなれば、ファスティングできないのか…といえば、決してそうではありません!

 

平日休日のおすすめファスティングダイエット

私がおすすめするのは、平日・休日どちらも利用出来る、以下の2つのダイエット法です。

 

 

食べるファスティングダイエット、12時間プチファスティングダイエットは、各ページを参考にしてくださいね。

 

平日・休日に行う1日の短期間ファスティングは、上級編ファスティングダイエットの短期間バージョンです。

 

LINO
LINO

要は、ファスティングのルールばかりに縛られずやり方を変えて行えればいつでも気軽に出来るということですね!

 

 

平日+休日を利用したファスティングダイエットをやるなら

平日+休日を使うファスティングダイエットなら、月〜水曜日くらいから準備に入り、金曜日の夜から本格的に開始するとやりやすいです。

一週間を使ったおすすめファスティングプログラム
  1. 月〜水曜日くらいから、できるだけ「まごわやさしい食」による準備食期間を心がける
  2. 金曜日の夜は、食べずに水と酵素だけ摂取して過ごす
  3. 土曜日に、1日ファスティング(酵素ドリンクと水のみ)で過ごす
  4. 日曜日は、回復食を食べる
  5. 月曜日〜水曜日くらいまでは、できるだけ「まごわやさしい食」を心がける

 

LINO
LINO

準備食回復食期間も食前に酵素ドリンクやお水を飲むと更に効果的で一日の摂取量はファスティング期間同様に2~2.5ℓを目安に飲みましょう。

 

酵素ドリンクの種類でファスティングの効果が変わる?

ファスティングは使用する酵素ドリンクによって、まったく効果が変わっていきます。せっかくやるなら少しでも多く痩せたいだろうし、健康的に体のデトックスを促したいですよね。

 

効果を最大限に出すために正しい酵素ドリンクの選ぶポイントは、とにかく高品質なもの!とくに、完全無添加でカロリーが抑えられているものがベストです!

 

もっと詳しい詳細を知りたい人は「失敗しない酵素ドリンクの選び方は「ココ」が大事!正しい飲み方は!」も合わせて読むとイメージしやすいと思います。

 

LINO
LINO

よく使用されることが多い商品は「優光泉」ですね。

この最後に説明している『平日・休日に行う1日の短期間ファスティングダイエット』。平日休日ファスティング一番の注意点

 

お気づきの方もいるかと思いますが、ファスティング期間は1日ですが、準備食と回復食期間を全て合わせると、約1週間を使ったファスティングダイエットになっています。

 

ファスティングダイエットは、準備期間と回復期間を含めれば基本的には約3倍の期間が必要と言われているんですね。

 

 たった1日のファスティングを行うにしろ、断食しても体に負担をかけないために胃にやさしい食事を心がけて生活する準備期間・回復期間もきちんとしなければ、せっかくやってもリバウンドしてしまいます。 

 

ですから、休日1日だけのファスティングダイエットであっても、仕事に行く平日も食べ物に注意したり、朝夜は置き換え食にするなど最大限の努力は行いましょう。

 

私の友人は、よい口コミで知られているエステプロラボファスティングで、4kgのダイエット効果がありました。

 

仕事しながらだったので、色々と大変みたいでしたが、有給休暇を使ったり自分なりに工夫したのだとか。

 

そして、ファスティングは回復食期間が一番重要だと語っていました。もちろん、私も同感です。

 

そのように常日頃から注意できれば、『好きなものを好きなだけ食べる日』があっても、スタイルは維持できます。

 

私は、自分の身体と相談しながら、さまざまなやり方をしています。

【ポイント】
  • ときに、12時間プチファスティングを行う
  • 2ヶ月に1回はファスティングダイエットをするなど

そもそも、美味しいものを毎日食べるのが当たり前になっている私たちは、ちょっぴり贅沢なんですよね。自分に甘すぎてしまい、体にしつけできていないのが『太る原因』です。

1kgくらいだと簡単に体重減少できますが、3kg5kgと体重増加が大きくなるほど、年齢と共にダイエットが難しくなります。

 

自分の中で、「決めた体重を0.1kgでもオーバーしたら、1日ファスティングをする!」と決めておくと、いつまでもいいスタイルでいられますよ。

 

ただし、運動も不可欠です。食事制限だけのダイエットは、太りやすく痩せにくい体質を作り出してしまいますので、しっかり運動も適度に加えて筋肉を付けていくのもリバウンドを防止するためにも大切です!

コメント