ファスティングするなら平日と休日どっち?効率的に取り組む方法

外でピクニックしている女性の画像ファスティング

ファスティングする時に、「平日や休日どっちにやったほうがいいのか…」迷って悩っていませんか?

そこで、ファスティングをするなら、「平日と休日だと痩せるためにはどちらが適しているか?」

 

効果・日にちの使い分け・注意点など、どう違うかご紹介します。

 

スポンサーリンク

平日と休日のファスティングは、痩せるにはどちらがオススメ?

平日と休日のファスティングどっちが良いかを指さしている女性の画像

平日と休日のファスティング、どちらの方が効果的に取り組めるのかは、個人によって変わります。

理由は、あなたの仕事や生活環境次第で、平日や休日のファスティングが出来ない人もいるからです。

 

平日のファスティング

【例】初心者向け平日ファスティングのプログラム
  • 月曜日:準備食(まごはやさしい食で過ごす)
  • 火曜日:ファスティング(酵素ドリンクとお水で過ごす)
  • 水曜日:回復食(おかゆや味噌汁、スープ類などで過ごす)

 

初心者の方は、3日間ぐらい短期間で行うのがオススメです。

準備食に関しては、今回1日になっていますが普段暴飲暴食がある方は、3~5日は必要とされていますので調整してください。

 

しかしながら、仕事をしながら平日ファスティングを行うとなると、きっと何かと不具合が生じやすいこともあります。

 

平日ファスティングを行う上でのデメリット
  • ダイエットしていると周りに知られたくない
  • 同僚とランチへ出かけることが多い
  • 営業先でコーヒーやその他飲み物を出されるため、飲まないわけにはいかない
  • 接待や付き合いの飲み会があるため、ファスティングできない
  • パート先の仲間の差し入れのお菓子を断れば、付き合いに亀裂が生じる可能性がある
  • お腹が空き過ぎて、会議中にグーグー鳴ると恥ずかしい思いをする
  • ファスティングの好転反応の眠気が襲ってきて、仕事に集中できず悪影響となる

 

普段会社やパート先では、ランチはお弁当な人や、一人で過ごせる時間・場所がある人なら、問題なく平日ファスティングは行いやすいでしょう。

 

しかし、上記のように中には「そういうわけにはいかない人」もいますよね。

 

とくに平日ファスティング中に問題になるのが、飲み会の誘いや会社の休憩中によく飲まれるカフェインやアルコールです。

これらはファスティングでは、禁止事項の飲み物なので注意が必要です。

 

しかし、むやみに誘いを断るのは会社の人との付き合いにも影響を与えかねないので、難しいところですよね。

平日ファスティングは、自身の仕事している環境に応じて行いやすいかは変わります。

 

【ポイント】

普段会社の昼食はお弁当持参で、帰りの飲み会などの誘いも頻繁にないような会社の人なら出来ますね。

 

休日のファスティングの場合

【例】初心者向け休日ファスティングのプログラム
  • 金曜日:準備食(まごはやさしい食で過ごす)
  • 土曜日:ファスティング(酵素ドリンクやお水で過ごす)
  • 日曜日:回復食(おかゆや味噌汁、スープ類で過ごす)

 

金曜から3日間でプログラムを立てると行いやすいと思います。

こちらも、準備食は1日にしていますが、普段食べすぎな方は日数を調整してみてください。

 

平日のファスティングとは打って変わり、休日のファスティングは、出かけない限りは問題なく行えます。

ただし、出かけずに行う休日の断食のデメリットは、とにかくお腹が空きます。

 

いかに、空腹感に負けずに行えるかが成功へのカギとなるのです。

 

趣味などの何か打ち込む事があれば、空腹感を紛らわすことも出来て我慢できるかもしれません。

でも、趣味などの何かに没頭するものがない人は、かなりの忍耐が必要ですよね。

 

また、友人が多い人は休日でも約束で出かける予定が多く、外食しなければいけない問題も出てきますよね…。

 

そのため、なんだかんだ仕事で忙しくしている平日のファスティングのほうが、一番効率的に取り組みやすかったりします。

 

じゃあ平日も休日も忙しすぎくて、「ファスティングができない…」なんて人はどうすればいいのか?

でも大丈夫です。

 

そんな人にも、ファスティングはちょっと工夫したやり方に変えることで問題なく行えます。

 

平日休日でも出来る!様々なファスティングのやり方とは

椅子に座って脚をケアしている女性の画像

私がオススメするのは、平日・休日どちらも利用出来る、以下の3つのダイエット法です。

  1. 1日の短期間ファスティング(準備食・回復食を入れたら合計3日間)
  2. 食べるファスティング
  3. 12時間プチファスティング

 

食べるファスティング、12時間プチファスティングは、各ページを参考にしてくださいね。

平日・休日に行う1日の短期間ファスティングは、5日間のファスティングの短期間バージョンです。

 

要は、ファスティングのルールばかりに縛られず、少しやり方を変えて行えれば、いつでも気軽に出来るということですね!

 

平日+休日を利用した一週間ファスティングをやるなら

平日+休日を使うファスティングなら、月〜金曜日くらいは準備食、土曜日を本格的にファスティングを開始し日曜を回復食にするとやりやすいです。

 

一週間を使ったオススメのファスティングスケジュール
  1. 月〜金曜曜日は、「まごわやさしい食」による準備食期間を心がける
  2. 土曜日に、1日ファスティング(酵素ドリンクと水のみ)で過ごす
  3. 日曜日は、回復食を食べる

 

ファスティングの基礎的知識がない方は

≫≫準備食について

≫≫回復食について

 

使用する酵素ドリンクの種類で、ファスティングの効果が変わる?

酵素ドリンクを飲んでいる女性の画像

ファスティングは使用する酵素ドリンクによって、まったく結果が変わってきます。

 

せっかくやるなら少しでも多く痩せたいでしょうし、健康的に体のデトックスを促したいですよね。

効果的に取り組むには、正しい酵素ドリンクの選ぶのがポイントです。

 

ココを失敗すると、「まったく結果が出なかった…体調を崩した…」なんていう人が多いのです。

 

とにかく高品質なもの!栄養価が高く完全無添加でカロリーが抑えられているものがベストです!

 

ファスティング向けで有名なのは、「優光泉」です。

購入した酵素ドリンク(優光泉)をスマホで撮った写真

 

色んな種類の酵素ドリンクに悩んでいる人は、「失敗しない酵素ドリンクの選び方は「ココ」が大事!正しい飲み方は!」も合わせて読むとイメージしやすいと思います。

 

※ファスティングでしっかり結果を出したい人は、体に負担をかけずにサポートしてくれる品質の良い酵素ドリンクを使用しましょう。

 

平日休日ファスティングをするときの注意点は?

ファスティングの注意点をパソコンで探している二人の画像

平日・休日ファスティングをするなら最低限のルールは気を付けて!
  • 風邪や生理中や生理前など体調が悪い時期
  • 妊娠中の方
  • 胃腸障害やその他重篤な病気をお持ちの方
  • すでに痩せている方、痩せすぎな方
  • 無理をしてしまう人、ルールを守れない方

 

※このような方の中で、どうしてもファスティングを行いたい方は、かかりつけの医師・またはファスティングを専門としたトレーナーに相談の上、最善の注意を持って行うのがオススメします。

 

平日・休日ファスティングをするなら中途半端な気持ちで行わないこと

お皿とおしゃれな観葉植物の画像

ファスティングは、健康的にも良いと言われていますが、適当にやってしまうことや無理して行ってしまうのは体調を崩してしまう原因となるので気を付けましょう。

 

今回のように、たった1日のファスティングを設定して行うにしろ、前後に胃にやさしい食事を心がける準備期間・回復期間を行えなえなければ、体には負担がかかってしまいます。

 

特に、短期間で痩せてもリバウンドする人が多いファスティングですが…

これを予防するには、回復食期間が一番重要です。

 

ファスティングが終わったからと言って、すぐに暴飲暴食してしまえば、誰だってすぐリバウンドしてしまいます。

ファスティングをしたことで、普段食べ過ぎていたことや体に負担をかけていたことに心から気づき実感することが大切です。

 

今後の食生活の改善する意識を改め直すきっかけになれるのが、ファスティングの良いところです。

 

そのように常日頃から、食生活に注意できるようになれば…

時に、「好きなものを好きなだけ食べる日」があっても、いつまでもキレイなスタイルに維持することが出来るようになります。

 

私は、自分の身体と相談しながらその時、適したファスティング法を行っています。

 

【ポイント】
  • 平日でやるときも、休日でやるときも3日間ぐらいの短期のプログラムで適度に行う。
  • 食べ過ぎた翌日、体重が少し増えたら、12時間プチファスティングを行う
  • 体重維持のために、2ヶ月に1回は定期的なファスティングをするなど

 

そもそも、美味しいものを毎日食べるのが当たり前になっている私たちは、ちょっぴり贅沢すぎるんですよね。

自分に甘すぎてしまい、体にしつけが出来ていないのが、太る原因です。

 

1kgくらいだと簡単に体重を減少することは出来ますが、3~5kgと体重が増えれば増えるほど、年齢と共に痩せることは難しくなってしまいますよね。

 

自分の中で、「決めた体重を0.5kgでもオーバーしたら、1日ファスティングをする!」と、自分の中でのルールを決めておくと、いつまでもキレイなスタイルでいられるようになりますよ。

 

ただし、健康には運動も不可欠です。

食事制限だけの健康やダイエットだけでは、健康的な痩せやすい体質は作れません。

 

普段の生活では、しっかり運動も適度に加えて、筋肉を付けていくのもリバウンドを防止するためにも大切です!

ファスティング
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体サロンを独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント