意志が弱いところを直そうとすればするほど強くなれない理由!

意志が弱い自分に嫌気がさし夕焼けで光る一本の道路に来ているようなイメージ画像心の話

「自分はいつも意志が弱い…」「何しても続かない…」なんて自分の意志の弱さにコンプレックスを持ち、日々自分の悪いところを直そうと努力していませんか?

でも自分の意志の弱さを直そうとすればするほど、実は強くなれないことを知っていますか?

 

スポンサーリンク

意志の弱さを直そうとすればするほど強くなれない理由とは

日の出と共に両手を広げている女性のシルエットの画像

意志の弱さを直そうとすればするほど強くなれない。

たくさん頑張ってきた方にとっては、信じたくない現実ですよね。(笑)

でも実際に、強くなれている人は少ないのではないでしょうか?

 

自分の意志の弱さに呆れて直そうと努力しても、「頑張って直そうと努力したのに直らなかった…」なんて方いませんか?

この理由は、「意志の弱い自分を否定しているから」です。

意志の弱い自分をダメだと思っているから、前向きになれずに、いつまで経っても強くなれないんです。

 

単純な話ですよね。

「自分はダメだ!」なんて否定していたら、「このままだとまずい…」という不安や焦りから努力するようになってしまいます。

 

でも、不安から頑張ることは、自分の力が発揮できずに失敗しやすいものなんですよね。

これは意志の弱さだけでなく、物事全般に言えることです。

なんでも不安から頑張って直そうとしても、あなたの不安や不満は基本的には消えません。

 

例え何か努力して解決したところで、不安から努力するタイプの人は、きっとまた新しい自分のダメなところを見つけては、新しい不安な出来事を引っ張ってきます。

そう。不安から意志の弱い自分を直そうとすればするほど、ずっと不安は繰り返し生まれて終わらないのです。

 

意志の弱さは、自分の魅力?強くなりたいなら言い訳せず弱い自分を受け入れるべし。

意志が弱い熊さんをイメージした画像

このように、「意志の弱い自分のままではまずい」という不安から自分を直そうとするから、余計に不安は増えて結果的に強くもなれないのです。

 

意志を強くなりたいのであれば、今までと逆をすればいいのです。

「意志の弱い自分でも良い」と自分を受け入れて許してしまえばいいのです。

 

「そんなの許してたら成長なんてできない」なんて言う人も居そうですが、そんなことはありません。

今の意志の弱い自分、いわゆるダメな弱い自分を受け入れるということは、強い心と意志がなければ出来ないからです。

 

あなたも今まで、「それじゃ成長できない」という理由をつけて、弱い自分を受け入れて許そうとしませんでしたよね?

これこそ、意志が弱いからなんです。

 

ダメな自分を受け入れるということは、それぐらい強い精神力を持っていないと出来ないことなのです。

しかしこれさえ出来てしまえば、きっとあなたは意志の弱い自分から不安から解放されます。

時間はかかるかもしれませんが、自分を否定して直そうとするのではなく、まずは受け入れて許す練習をしてみてください。

 

これが出来るようになれば、きっと何か心にある不安やプレッシャーから解放されて自分本来の力が発揮できるようになれますよ。

それによって、意志の弱い自分からも卒業できるかもしれません。

 

悩まない人がしているある習慣と特徴とは
たまに、「この人悩みなんてないんじゃないか?」っていうような人いますよね。 もしかしたら、あなたがそう思っているだ...

意志の弱い自分から卒業するとっておきの生活習慣とは

空に向かって手をグーにして振りかざしている画像

意志の弱い自分から卒業するには、「意志の弱い自分を否定しないことだ」と話しました。

でも、「具体的には何したらいいのか?」と悩んでしまう人もいますよね。

 

具体的な方法は、「自分否定する癖を直すこと」です。

人は普段生活の中で、自分を否定していることって多いんですよね。

そんな生活習慣を過ごしていると、いつの間にか自分を否定することが癖になってしまいます。

それでは様々な出来事で自分に自信が持てなくなって、意志の弱い自分を作り上げてしまうきっかけになります。

 

なら、この自分否定をする生活習慣や癖を取り払ってしまえばいいのです。

方法は簡単です。

日々自分を褒める癖を付けましょう。

世の中には謙虚なんて言葉もありますが、まったく逆をやってみてください。

 

特に根拠はないでしょうが、「自分はすごい」と思い込んでいてください。

言葉に出さなくてもいいです。

人によってはナルシストなんて言ってくるようなひどい人もいるので、自分の心の中で思い込んでいれば良いだけです。

 

褒められたら「ありがとう」と、受け取る練習をしましょう。

人から褒められた時は、素直にその優しい言葉を受け取る練習をしましょう。

普段自分を否定する癖がある人は、人から褒められても素直に受け取れませんよね。

「いやいや自分なんて…」なんて言っていませんか?

 

実はあなたのそれは謙虚ではなく単純に、本当に自分に自信がないからですよね。

これからは、褒められたら素直に受け取ってみましょう。

「ありがとう」だけでいいです。

このような小さな生活習慣を変えるだけでも、自分に対する見方は変わり自分に自信がつくようになります。

意志の弱い自分を否定することもなくなり、結果的に自分らしい生活が出来ることで強い自分を手に入れることが出来るようになりますよ。

 

自分を信じることが出来ない人の隠された真実とは
自分を信じるって、難しいですよね。 今あなたは、自信をもって物事に取り組めていることはありますか? 「失敗す...
心の話
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー

応援お願いします。
ハピブロ

コメント