波動調整と言えばコレ!コスパを考えるなら瞑想が一番!

波動をイメージした画像スピリチュアルの裏話

普段、落ち込みやすい、体の不調が続く、悪いことが続くような人は、スピリチュアルの分野だと「波動が悪い…」なんて言う方もいます。

でも波動とは本来、波、周波数、エネルギーのような、目には見えない世界の話ですよね。

 

当然すべての原因が波動とは言えませんが、スピリチュアルを信じる人たちは、何か身の回りに問題が起きた時は、この波動を調整することを大事にしている人が多いんです。

 

スポンサーリンク

波動調整ってどんなものがあるのか?

本来見えない波動を調整するって、どんな方法があるのか気になりますよね。

波動調整するには、色々な方法が紹介されていますが、特によく見かけるのは以下4つです。

 

ヒーリング

ヒーリングは、体に宇宙からのエネルギーを取り入れることで、停滞しているエネルギーの巡りを良くすることで、波動も調整する方法です。

日本ではヒーリングの効果は立証されていないため信憑性に欠けるのが現実ですが、海外では医療や治療として扱われているぐらい信頼されているものとして扱われています。

 

基本的にヒーリングは、ヒーラーと言われる施術者から受けることが出来ます。

今では、日本でもヒーリングサロンのお店を探せばたくさん出てきます。

興味ある方は、社会経験のひとつとして一度受けて見るのもいいかもしれませんね。

 

氣功

氣功は、体の中にある氣の流れを良くすることで、波動の流れも良くなると言われています。

氣功は、氣を操れる氣功師から施術を受けるか、または氣を自身でも操れるようになるための教室やレッスンも開かれています。

 

氣功は、昔から中国などを中心に体の不調を良くするものとして、治療のように行われてきた伝統的なものです。

日本でも氣功師や氣功院はたくさんあるので、こちらも経験のひとつで一度は体験してみるのも良いかもしれませんよ。

 

波動グッズ

今では、ネットでも波動を調整できると言われている波動グッズがたくさん売られています。

有名なものだと、ブレスレット、波動スプレー、音叉など。

 

中には、高額に取引されているものもありますが、当然詐欺まがいなものもあるのが現実です。

購入する際は、慎重に考えて調べてから購入することをオススメします。

 

瞑想

瞑想は、誰もが一度は聞いたことや、やったことがありますよね。

瞑想の概念も色々ありますが、雑念を消し、無になり、今を感じるようなイメージで行うと、心が落ち着いてくるなどの効果があると言われています。

 

ゆっくり時間をかけて、呼吸を意識していると、フッと悩みが軽くなり、気持ちが落ち着き、前向きな考えや、良い閃きに繋がることも多く、波動も高くなると言われています。

 

なんだかんだで、波動調整は、瞑想がコスパ・効果も高い!

崖のはじっこで瞑想している男性の画像

どれも、人それぞれで合う合わないあるとは思いますが、コスパを考えると圧倒的に瞑想がオススメです。

瞑想は、いつでも出来ますし、やっぱり「自分の身は自分で守る」という言葉があるように、自分で体の不調・波動はリセット出来るようになれるのが良いと思います。

 

瞑想も、1日5分でも良いので、何も考えない時間、呼吸に集中して今に集中する時間を作ってあげると、心もスッキリして体も軽く感じるので、結論、波動の調整にもオススメになるはずです。

 

波動を信じる信じないはあなた次第

波動は見えるものではないので、スピリチュアルな世界とイメージする方も多く信じない人も多いでしょう。

でもこれは当たり前だと思います。

 

私自身も、そういうものは見えないし感じ取れないし、本当の意味で信じ切ることは難しいです。

なので私は「体もスッキリするし、本当に波動も調整されていればいいな」ぐらいの気分で、瞑想をしたりします。

 

どんなことでも偏見を持たないことが人生には大切だと思っているので、波動関係なく瞑想や呼吸法は、疲れた時や悩みがある時に今後も続けて行くつもりです。

心や体のリフレッシュや健康のためにも、まずは瞑想する時間を生活の中に取り入れてみると、あなたの波動も何か変わるかもしれませんよ。

スピリチュアルの裏話
スポンサーリンク
SHOをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHO

30代突入メンズ。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立。カラダやココロに悩む、約3000人以上をサポート。ぼっち。アニオタ。趣味、映画鑑賞、スノボ、キックボクシング。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中。

SHOをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント