ファスティングの好転反応が辛い!症状の種類と対処法はコレ!

パソコンやいくつもの可愛い雑貨が置いてある画像 ファスティングについて

ファスティングを開始してから、数日で現れる体調不良。

 

おそらく多くの方が体調不良を起こし、ファスティングダイエット挫折の経験があるでしょう。

 

その体調不良は、ファスティングダイエットで注意が必要な『好転反応(こうてんはんのう)』かもしれません。

 

ここでは、好転反応はなぜ起きるのか、ファスティングの好転反応の症状などについて、くわしく解説していきます。

 

好転反応の嘘ホント

世に溢れている言葉『好転反応』。

 

『好転反応』は、大変中途半端で大変便利な言葉となっています。

 

 よくあるダイエット食品や健康食品の解説で書かれている『好転反応』は、ほとんど嘘だと考えましょう。 

 

  • デトックス効果がある証拠
  • 毒素が排出されているため、誰でも起きることである

 

それらの好転反応は、何の医学的根拠もなく、厚生労働省でも認められていません。

ダイエット食品や痩せ薬と称して、多くの方が健康的被害に遭っていますから、注意が必要です。

 

ファスティングダイエットの酵素ドリンクでも同じですね。

『好転反応効果』を謳った酵素ドリンクは、間違いなく嘘です。あきらかに、誇大広告と言えるでしょう。

しかしファスティング(断食)の好転反応は、紛れもない事実です。

 

  • ファスティング中に飲む酵素ドリンクの『好転反応』は嘘
  • ファスティング(断食)自体に現れる『好転反応』はホント

 

販売されている酵素ドリンクは、どちらの『好転反応』を謳っているのか、注意して判断してくださいね。

 

ファスティングの好転反応ってなに?

私は、『ファスティングの好転反応はホント』これには、医学的根拠など一切必要ないと考えています。

 

わかりやすく説明していきますね。

 

私たちは生活の中で、必要以外のものを体内に取り込んでしまっています。

人工(合成)着色料や保存料・酸化防止剤・乳化剤・殺菌剤など、さまざまな食品に使用されている添加物ですね。

 

食品だけでなく、化粧品や洗剤などあらゆるものに含まれている添加物。もはや、人は添加物を避けて生活することはできません。

 

防腐剤が含まれていなければ食べ物は腐り、イーストフードの入っていないふっくらと膨らんだパンなんて低価格では買えません。

 

安心して安価で美味しく食べられるのは、食品添加物のおかげと言っても過言ではないんですね。

 

そのために厚生労働省で、食品添加物に対する基準が設けられています。

 

 しかし、それらは体内のスムーズな機能を損なわせ、身体全てに負担をかけています。健康を脅かす『有害物質』になっているのは確かです。 

 

でも…それらを取り込まないファスティングをしても、健康になるだけでは?なんて思いますよね。

 

一度、私たちの日常生活を思い浮かべてみてください。

 

  1. 『有害物質が取り込まれ負担がかかっている身体』=【ガチガチに緊張した状態】
  2. 『ファスティングで有害物質を取り込まない期間』=【緊張がほぐれていっている状態】
  3. 『ファスティングで現れた好転反応』=【緊張状態から解放され、全ての疲れが現れた状態】

 

わかりますでしょうか。

 

私たちが緊張から解き放たれた時、とんでもなくドッと疲れますよね。

 

30代にもなれば緊張するシーンなんてかなり減少しますが、若い頃の会社の面接やプレゼンで「緊張しまくった」という方もいるでしょう。

 

やりたくもないPTAの役員に選ばれて、行動を起こすたび緊張している女性もいるかもしれません。

 

 身体は、食べ物を摂取しないファスティングで、添加物の負担から解き放たれホッとしている状態です。 

 

身体は、日々それだけの緊張状態に置かれているってことなんですね。

 

常にそんなありさまですから、コンディションが悪くなって当然です。それが、私たちを肥満や病気へ誘っているようなもの。

 

太ってしまうのは、身体を労ってあげていない結果です。

 

一番労ってあげなければいけない自分の身体。「ご自愛ください」という昔からの言葉がある理由も頷けるようですね。

 

そのため、ファスティングで起きる好転反応は、願ったり叶ったりと言える症状でもあるんです。

 

ファスティングの好転反応ってどういうものがある?

ファスティング(断食)の好転反応には、さまざまな症状があります。

 

  • 気分の悪さ・倦怠感・眠気
  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛・立ちくらみ・めまい
  • 便秘・下痢
  • 肌荒れ・乾燥・ニキビ
  • 皮膚のかゆみ・蕁麻疹(じんましん)
  • 舌苔(ぜったい):舌が白くなる状態
  • 関節痛・腰痛・肩こり
  • 身体の冷え・むくみ

 

このように、ファステングの好転反応は、かなりの症状差があり全く出ない方も存在します。

 

そして、ひどい場合では以下のような好転反応を経験している方もいます。

  • 三日三晩咳が止まらない
  • 原因不明の腰痛で三日三晩眠れない
  • 手荒れのグジュグジュが吹き出し3ヵ月くらい止まらなかった
  • 髪が突如根本からブチブチ切れ始めた

言われている好転反応の多くが、倦怠感や吐き気・頭痛などですが、一般的にどこにでもある情報です。

 

しかし好転反応は、本当に経験してみなければわかりません。

 

この好転反応を経験した方は、断食により喘息・アトピー・花粉症が改善されたほか、目が良くなった・毛髪が傷みにくくなった・美肌になったと語っています。

 

「手荒れのグジュグジュが吹き出し3ヵ月くらい止まらなかった」この症状では、好転反応がきちんといつまであるとは明確に言えないことを物語っています。

 

実際の断食の好転反応の体験談は、よりきちんと好転反応への理解を深めてくれますね。

 

無理のない短い断食の方法でも、あらゆる効果があることを証明しています。

 

上の好転反応体験談は、『奇跡が起こる半日断食』著:甲田光雄の単行本の断食を実践した方のものです。

 

参考に購入してみるといいかもしれません。

 

そもそもファスティングの目的は、ダイエットではなく健康を手に入れるためのもの。

 

美しさに健やかな身体は絶対必須です。

 

健康になれば、綺麗なスタイルになる!ファスティングは、一石二鳥の効果があるんですね。

私は無理に行うファスティングはおすすめしていません。

 

1日でも3日間でもいいんです。

 

準備・回復のきちんとした期間や正しい食事を取り、好転反応を克服!ファスティングダイエットを絶対成功させましょうね。

 

ファスティング(断食)を行う上で、起きる『好転反応(こうてんはんのう)』。

 

好転反応にはさまざまな症状があり、全ての方に現れるとは限りません。

ですが、万が一好転反応が現れたら「大丈夫だろうか?」と、とっても心配になりますよね。

 

ファスティング(断食)の好転反応が現れるのはいつから?

好転反応は、いったいいつから現れるのか?

 

 ファスティング(断食)の好転反応が現れるのは、ファスティングを開始し1日目〜3日目が多いようです。 

 

以下、ファスティングで好転反応が現れた方の体験談です。

「6日間のファスティングで、最初の2日間すごく疲れを感じた。」

「ファスティング2日目、軽い運動だけで汗が出てめまいもある。さらに、一日中激しい頭痛。」

「断食を開始して3日目、舌苔・口臭・目やになどの好転反応。」

 

ファスティングを始めてすぐに、だるさや眠気などの好転反応を感じる方が、もっとも多いのではないでしょうか。

 

逆に、ファスティングダイエット終了時に好転反応が出たという方もいます。

 

好転反応が出るのはいつというわけではなく、症状と同様でかなりの個人差があるとわかりますね。

 

ファスティングの好転反応が心配いらない理由

ファスティングダイエットを行なって、好転反応が現れても、通常は心配いらないと言われています。

 

まず、ファスティングを開始し身体に食べ物が入らなくなってから、約24時間ほどで『オートファジー(自食作用)』が活性化します。

 

  1. ファスティングで、身体が『飢餓状態』になる
  2. 身体の細胞が、自らのたんぱく質を食べて、アミノ酸に分解する

 

『オートファジー』は、1960年代に発見されました。

 

そして、2016年東京工業大の大隅良典栄誉教授が『オートファジー』のしくみを分子レベルで解明し、ノーベル医学生理学賞を受賞しています。

 

ファスティング期間の饑餓状態は、不足したブドウ糖を補うため、肝臓がケトン体を作り出します。

 

ケトン体は、通常の食事を摂取していても激しい運動・ストレスなどを受けると作り出される物質。

 

 そのケトン体が、オートファジーを発動させ、好転反応を引き起こしていると言われているんですね。 

 

そしてオートファジーは、余分な細胞をなくし脂肪代謝に一役買ってくれるというわけです。

 

人間の身体は、少しくらい食べなくたって、自分できちんと管理できるようになっている証拠です。

 

きちんと酵素を摂取していれば、そこまで大きく心配する必要はないでしょう。

 

「ファスティングダイエットをしても意味がない」という方もいますが、研究発表されているように、間違いなく脂肪燃焼・身体をリセットし健康と美しさにプラスになります。

好転反応の対処法4選

ではファスティングダイエット【好転反応の対処法4つ】を順にご紹介していきます。

 

休息をとる

好転反応は、身体に溜まった老廃物が排出されるデトックス効果の証明とはいえ、違う角度から考えれば実はそうではありません。

 

 見方によってさまざまな考え方ができますが、好転反応はただ単に『栄養不足』により、身体が悲鳴をあげているとも言えるんですね。 

 

簡単に言えば、贅沢三昧の生活の中、急にお財布が乏しくなればたちまち苦しくなるでしょう。

 

日頃、有り余るほどの栄養を摂っている私たちの身体は、栄養が入ってこない状態にSOSサインを出している状態です。

 

『身体が緊張状態から解き放たれ、ホッとしている』状態とは真逆で『好転反応はHELPシグナル』とも言えるんです。

 

たとえば、仕事が休みの日。状態によっては感じ方も異なるでしょう。

 

  • ゆったりできる一人きりのリラックスした時間は、最高の至福のひとときである
  • 静かすぎて一人では寂しすぎる

 

どのように感じ取るかは、時と場合によって違ってくるでしょう。

たとえば、仕事が休みの日。状態によっては感じ方も異なるでしょう。

だからこそ、何でも適度に行う必要があるのですね。

 

好転反応が現れたら、休息を取りつつ様子を見ましょう。無理は禁物です。

 

翌日仕事がある方は、そこでやめた方がいいかもしれません。

 

ファスティングの好転反応は、考え方次第で良くも悪くも働くと言えますね。

それをプラスにするのが、ダイエットへのモチベーションです。

 

ダイエットはやる気が命!モチベーションを高める5つの方法

 

軽い有酸素運動をする

身体が饑餓状態になるファスティング中の『オートファジー』が、脂肪代謝を促進するとはいえ、身体はケトン体に慣れていません。

日頃、食べ物から十分に栄養を摂っているため、ケトン体に対する免疫がないんですね。

血液中にケトン体が多くなると、身体や血液が酸性にかたむき、本来アルカリ性の人の身体は体調不良を起こしてしまいます。

それが、頭痛やめまい、腹痛・吐き気など…好転反応の症状になります。

 

好転反応の症状が軽い場合、身体を酸性から回避してくれる軽い有酸素運動を行いましょう。

  • ウォーキング
  • ストレッチ
  • 踏み台昇降

 

このような本当に軽い運動でも、好転反応をスッキリ治してくれるかもしれません。

ただし、激しい運動は禁物です。余計にケトン体を作り出し、症状を悪化させてしまいます。

身体を温める

ファスティング期間中の体内の働きを休めている状態は、身体が冷えやすくなります。

体の冷えがデトックス効果を半減させるのは、誰もがご存知ですよね。

 

好転反応を感じたら、身体を温め血流を向上させましょう。

  • 半身浴をする
  • 温めの白湯をたっぷり飲む
  • 軽めの運動をする

血液やリンパの巡りがよくなり温まった身体は、内臓機能が活発になり、デトックス効果を促進します。

 

その時は、疲れが生じ好転反応がひどくなったように感じられますが、好転反応の期間を短くする効果が見込めるでしょう。

 

また、体内の温度が1度上昇すると、基礎代謝も10%ほど上がると言われています。

ダイエットのための脂肪燃焼との相乗効果となりますね。

 

はちみつを摂取する

何も食べないファスティングは、当然低血糖の状態です。

低血糖が起こす、頭痛やふらつき・めまいなどの症状。

 

好転反応と言えるのか・栄養不足と言うのかは、考え方次第ですが、糖分を補うはちみつを摂取しましょう。

 

はちみつは、栄養価が高い天然甘味料です。そして消化吸収に優れていることから、胃腸に負担をかけません。

たんぱく質・ビタミン・カルシウム・ミネラルなど、整った栄養のはちみつ。足りない栄養素を補い、好転反応を改善する可能性があります。

酵素を取らず行う『はちみつファスティングダイエット』という方法もあるほど。

ファスティング回復期のはちみつ摂取もおすすめです。

 

また、酵素ドリンクを少し多めに飲むのも、好転反応に良いと言われています。

 

ストレスが溜まるならファスティングは中止に!

ファスティングの好転反応かどうかわからない、食事を摂らない状態が辛くてたまらない…

そう感じる方は、ひとまずファスティングを中止しましょう。

 

なぜなら、ストレスは余計に好転反応をひどくしてしまう可能性があるからです。

 

ファスティング期間のデトックスは、内臓の働きが活発であるほど効果があります。

しかしストレスを感じると、交感神経が優位に立ち自律神経のバランスが乱れてしまうんですね。

 

結果、体内の働きを鈍らせる結果に…。ダイエットにストレスは大敵。

ファスティングダイエットは、できる限りリラックスした状態で行わなければなりません。

だからと言って、ダイエットを諦めなくても大丈夫です!

とりあえずプチファスティングダイエットとして終了し、回復食に入りましょう。

 

いきなりファスティングダイエットをするのではなく、注意深く様子を見て、必要なら医師に相談してくださいね。

コメント

  1. […] 好転反応による体のだるさや眠気で仕事が集中できない […]

  2. […] ファスティング(断食)の【好転反応が起こる理由】【症状の種類と対処法】いつから始まる?期間はどのくらい?ファスティングを開始してから、数日で現れる体調不良。 おそらく多 […]