Twitterを自動化する前に絶対知っておいたほうが良いこと!

Twitterで自動化しようとしているスマホを持っている男性の手の画像 Twitter攻略

Twitterをするうえで、もっと効率的に楽して行いたい方もいますよね。

 

毎日コツコツ、つぶやいて、いいねして、フォローして、メッセージを送ってなど、単純に楽しんでTwitterをやっている方にとっては苦ではないでしょうが、ビジネスのために行っている人にとってはめんどくさいはずです。

 

そのために、「Twitterを自動化させてしまいたい!」と考えている方もいますよね。

Twitterで出来る機能をすべて自動化させて運用することが出来るツールはネットにはたくさん存在します。

 

しかし、自動化させる前に知っておいたほうが良いこともいくつかありますので、その内容を今回はご紹介します。

 

Twitterを自動化することは本来は禁止されている

Twitter運営側は、あらゆる手段においてTwitterの機能を自動化することを禁止しているようです。

 

しかしながら、恐らく法律上では問題ないためか、ネットでは堂々とTwitterを自動化できるツールというものがたくさん存在しています。

無料で行えるものから有料で更に高機能化されたものまで様々です。

 

作業の効率化を求めるために、ルールに違反してまでもこのTwitterや自分の大切なアカウントを自動化をするかは決めたほうがいいと思います。

 

自動化が運営側にバレればアカウントの凍結のリスクもある

当然、ルール上禁止されている行為のためにTwitter側に自動化されていることをバレてしまえば、ぺナルティをくらいます。

一番多いのは、アカウントのロックや凍結、ひどい場合は永久凍結と言って、二度とアカウントが使えなくなる可能性もあるのです。

 

そこまでリスクを持ってまで自動化するべきなのか少し考えたくなりますよね?

私も過去にルール違反と知らずに自動ツイートのツールを使用してアカウントの凍結された経験があります。

 

めちゃくちゃショックでしたね。

 

確かに、作業効率を考えれば自動化することは、とても作業時間削減になり効果的ですがアカウントが使えなくなってしまえば今までのあなたの努力は消えてしまいます。

 

もしも、それでも自動化したい方は新しくアカウントを作成して使用することをおすすめします。メインアカウントはリスクを考えて避けたほうがいいと思います。

 

自動化するとフォロワーからの信用を失いみんな離れていく

これ以外にも使ってみるとわかりますが、自動化されると今いるTwitterのフォロワーさんは気づくんですよね。なんとなく機械的に行われていることが雰囲気でわかるのです。

 

人間は不思議なもので、少しの変化に違和感を感じやすく急にアカウントが自動化されたアカウントにはよく気づかれてしまいます。

 

そして、そんなアカウントを見たフォロワーさんたちはあなたのことを信用できなくなり嫌いになるのです。

今まで大切にしていたフォロワーだった人たちには、フォローを外されてしまい質の悪いビジネスに使えないようなアカウントになってしまうんですね。

 

なので、

今アカウントに仲良しのフォロワーさんが多いアカウントの人は、自動化することで大切にしていたフォロワーさんたちから信用を失ってしまう可能性があることを覚悟しておきましょう。

 

基本的には、自動化して集まるフォロワーさんは質が悪くなりやすい傾向にもあるので、ビジネスにも効果が発揮されていない方も多くいます。

そこらへんも自動化する場合は、いかにバレないように質の良いフォロワーさんを集められるかを考えて行うようにしましょうね。

 

ツールを使用するときにはある程度の費用がかかる

このようなアカウントを自動で管理してくれる画期的なシステムを使えるので、ある程度の費用がかかるのも当たり前な話ですよね。

ツール自体を購入するものもあれば、月額制で払うものもあります。

 

他にも維持費として、いくつものアカウントを一気に管理したい方は、プロキシ代、アカウント代、認証用の電話番号など、定期的に購入しなければいけないものがたくさんあります。

実際に使っている人から聞いた話によると、月に数万円と維持費がかかることも多いようです。

 

その維持費を超える収益をしっかり結果が出せる方でしたら良いでしょうが、中途半端な知識や気持ちで自動化ツールを使えば返ってお金の無駄になってしまうリスクもあることを知っておきましょう。

 

今後のTwitter自動化ツールの末路

正直言うと、

Twitter側は年々この自動化ツールの動きを研究して対策を練っています。

 

それにとおなって、ツール販売業者も対策を練って反抗しているイタチごっこの状態です。しかし、いつかは大手のTwitter側が完全にツール対策をする時代が来ると、私は思っています。

 

そうなれば、今ままでツールで育てられた資産ともいえる大切なアカウントが全面凍結させれてしまう人もいつかは出てくると予想できます。

 

実際は、それがいつになるかはわかりませんが、今の現状でかなりTwitter側の対策はすごいと思わされます。定期的にアカウントの調査をしているのか凍結祭りみたいな日が最近は頻繁に起きます。

 

それぐらい細かいところにまで、自動化されているか認識できるようになっているのです。

そのため今後自動化してTwitterを運営していくことは、相当な知識や対策が練れる方じゃなければうまくいく確率は低いと言えます。

 

一日、コツコツと自分に合う見込み客や質の良いフォロワーさんを増やして、ビジネスに使える影響力あるアカウントを努力して作ることが成功の近道になると私は思っています。

 

そんな初心の心をもって今後コツコツ努力が出来る方は下記記事もおすすめ

時代に合わせたTwitterで集客しやすいアカウントを作る方法は
Twitterで集客をするとなると、実は大事になってくるひとつとして「プロフィール欄」があります。 このプロフィール欄をどう書いていくかで、あなたのお店や商品の成約率も変わってしまう可能性があります。 Twitter集客する...

コメント