セラピストの仕事を最もしんどいと感じる場面!モチベーションの保ち方とは

セラピストの仕事に悩んでいる女性が夕日を見つめている後ろ姿の画像セラピスト

私もセラピストの世界に入って長いですが、「仕事しんどいなぁ…」と思う場面はたくさんありました。

この業界って、専門職なので珍しいっちゃ珍しいじゃないですか?

 

だからね。

それなりに、セラピストならではの悩みってあるんですよ。

 

スポンサーリンク

セラピストの仕事が最もしんどいと感じるとき

私の身の回りのセラピストでも、仕事がしんどいと感じるときに多い場面は、以下3つでした。

 

お給料が少ない

セラピストの世界って、お給料低いんですよね。

私が知っている範囲だと、手取り15万~店長レベルで28万円ぐらいが最高ですかね。

 

もちろん、地域や就職先によって金額は変わります。

一言だけ言えるのは、お給料事情は良くない傾向があるのは確かです。

 

知識や技術も必要で、勉強しながら頑張って仕事しているのに、お給料が少ないと割に合わないですよね。

努力が給料に見合わないことが不満で、セラピストの仕事がしんどくなってしまう人は多いんです。

 

実力社会に付いていけない

雇われのセラピストは、指名力や口コミで実力を見られます。

サロン経営であれば、売上でお店の実力が見られます。

 

セラピストの世界は、こうした実力が数字に表れやすい業界なんですね。

そのため、周りとの差を感じやすいので、結果に繋がらないセラピストほど劣等感を感じやすく、仕事がしんどくなります。

真面目な人ほど落ち込むことが多く、体調崩したり仕事を辞めてしまう人もいるのが現実です。

 

将来性が感じられない

先ほどセラピストの世界は、お給料が安い傾向があると話しました。

当然、収入が低い=将来性にも不安を感じやすい業種になりやすいんです。

 

自分のお店を開くなどして成功すれば、収入もいくらでも増やせるチャンスはあります。

でも、現実的に開業したって成功する人なんて一握りです。

どうしても、将来を考える人ほど、セラピストの仕事に不安を感じることは多いので、精神的にしんどくなりやすいんです。

 

セラピスト関連の記事

セラピストの仕事がきついと言われる理由!現場のリアルを教える
「セラピストの仕事つらいって本当?」 これからセラピストを目指しているような人には、よく聞かれる話題です。 整体サロン経営している院長(セラピスト)の自分が、ぶっちゃけて話していきますw セラピストの仕事がつらい理由!...

セラピストを続けるためのモチベーションの保ち方

セラピストの世界に居続けるには、メンタル面でのコントロールが最重要課題になります。

これは、どんな仕事でも同じでしょうけどね。

 

やりがいを見つけること

とにかく仕事をしんどいと感じたときほど、「セラピストになぜなったのか」を振り返るのも良いかもしれません。

初心に帰るっていうのと同じですね。

 

仕事が忙しくて余裕がないときほど、セラピストをしているではなく、仕事をしているという気持ちで頑張っちゃう人が多いんです。

それでは、モチベーションも上がりずらいですよね。

 

もう一度、なぜセラピストになったのかを思い出してみましょう。

また一番良いのは、実際にセラピストをしている中でのやりがいを見つけることも大切です。

お客さんの笑顔を見れたときなのか、お客さんと楽しく会話しているときなど、セラピストという仕事の魅力を感じる場面は、人それぞれで違うでしょう。

 

このやりがいを意識して探して感じることを増やしていくほど、セラピストの仕事が心から楽しくなっていくはずです。

きっと、しんどいと思うことも減ってきますよ。

 

自分のことを見つめ知ること

どうしても、セラピストの世界は実力社会ということもあり、指名をもらえないだけで自分に自信をなくして、仕事が嫌になってきてしまう人もいるでしょう。

しかし、成長と言うのは時間が解決してくれることが多いです。

 

諦めずに続けていけば、ある程度のラインまでは嫌でも成長していきます。

トップセラピストと言われるレベルにまで行きたいのであれば、もちろん努力も必要ですけどね。

まずは、自分に自信を付けるには、自分のことを見つめ知ることが大切です。

 

他人と自分を比べてばかりいては、劣等感ばかり感じてしんどいだけで成長もしません。

自信を付けて成長するためには、他の人にはなくて自分にはあるものを探してみることが大切です。

自分の強みというものですね。

 

自分だからこその良さを見つけて磨いていくことで、必ず自分らしいセラピストになれます。

そして、そんなあなたを頼ってくれるお客さんが定着してくるはずです。

 

周りと自分を比べてしまう人が多い気持ちも分かりますが、みんな似たようなセラピストしかいなかったら、つまらないじゃないですか。

あなたはあなたらしいセラピストを目指してみてください。

そのためには、自分のことをよく見て知ろうとすることを大切にしてみてくださいね。

 

セラピスト関連の記事

セラピストおすすめ本まとめ!新人からベテランまで役立つ情報
今回は、これからセラピストを目指す新人から現役のベテランにとっても、永遠に役立つおすすめの本をご紹介していきます。 セラピストとしての必須な知識とスキルとは セラピストになるにも、なってからも必要なのは、学ぶ精神です。 ...

まとめ

このように、セラピストならではの悩み、仕事がしんどいと思ってしまう場面は多いんです。

でも、それでもなお続けていきたいぐらいのやりがいある仕事です。

 

あまり深く考えすぎて、セラピストを辞めてしまう人が増えるのは悲しいものです。

この記事が少しでも仕事に対するモチベーションを上げるために役立てば幸いです。

セラピスト
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!