セラピストおすすめ本まとめ!新人からベテランまで役立つ情報

セラピストの勉強本を頭に吸収して入れているようなイメージ画像セラピスト

今回は、これからセラピストを目指す新人から現役のベテランにとっても、永遠に役立つおすすめの本をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

セラピストとしての必須な知識とスキルとは

ベッドの上でセラピストの勉強をしている人の画像

セラピストになるにも、なってからも必要なのは、学ぶ精神です。

とくに、セラピストに必要な知識は、以下3つ!

  1. 解剖学・生理学
  2. 経営・マーケティング
  3. その他(心理など)

 

私も実際にボディセラピストとして整体サロンを経営して活動してます。

経験を積み独立して思ったのが、「どんな地位になっても、永遠に学び続けなければならない世界だな」と実感したことです。

 

もちろん、セラピストの世界は大変なこともありますが、その分にやりがいもある世界です。

最近では嫌いだったセラピストに関する勉強や、新しいことを学ぶこと、学んできたことを深めていくことも楽しくもなってきました。

 

これも、学び続けていくことを大切にしていたからです。

何より、セラピストの世界で上を目指したいのであれば、こうして色々な本を読んで勉強して学ぶことが大切なんです。

 

セラピスト必見のおすすめ本まとめ!カリスマを目指したい人向け

たくさんの文献が揃っている図書館の画像

今回は、現在ボディセラピストとしてお店を経営している私が読んだ本だけでなく、医療学生時代にも使っていたおすすめの本をご紹介します。

 

【解剖学・生理学】本気で身体の仕組みを学ぶための本

セラピストは、身体の仕組みなどの医療学的な知識を学ぶのが必須!

しかし、街の本屋に置いてあるような一般人向けの医療教材程度しか勉強していないようなセラピストが多いのも現実です。

でも、それではお客さんから信頼を得られるような良いセラピストにはなれません。

 

もちろん、一般人向けの本から学ぶのも分かりやすくイメージしやすいので良いことです。

でも、一般人向けの医療本で学べる知識には限度があります。

あくまでも、基礎中の基礎しか載っていません。

 

さらにプロとしての知識を付けていくには、本格的な教材を購入して学ぶことも大切です。

今回は、医療学生だった私や、医療系の学生がよく使っているおすすめの教材をご紹介します。

 

まずは、身体の人体構造【解剖学】でおすすめはコレ!

この2つは、かなり人気でしたね。

 

学生の勉強用にも、臨床(現場)にでてからも使える教材なので、コスパは最強ですね。

プロメテウスは私も今でも愛用してますが、筋肉・骨・靭帯・神経などの仕組みが、他の文献の中でもトップレベルで分かりやすく描かれています。

学校によっては、授業用の教科書になるぐらい評価されているみたいです。

 

【経営・マーケティング】お店を成功させる責任者としての知識本

雇われのセラピストでも店長になれば、お店の経営のことまで考えられるようにならなければなりません。

または、将来は独立して自分のお店を開きたいと思っている人も、施術の実力だけでは成功しない時代です。

セラピストでも、経営学やマーケティングを学ぶことは必須なんです。

 

そんな中でも、私自身も整体サロンを経営していて、経営やマーケティングの勉強はたくさんしてきました。

 

でも注意しなければならないのは、本によっては使える知識と使えない知識があるのが現実です。

自分もかなりの参考書を読んできたので、失敗もたくさんしてきました。

 

私がお店が安定するまでに勉強してきた教材で、「読んで良かった」と思ったのはコチラ!

 

この辺の参考書は、他の本よりもリアルな内容ばかり書かれています。

かなり実践的なので、参考になるはずです。

自分は、この4つの本を読んでから視野が広がり、確実に売上も上がり安定もしてきました。

一つの参考にしてみてください。

 

【その他】セラピストとしてのモチベーションを上げるための本

セラピストはやりがいある仕事である分に、いつまでも成長を求める職業でもあります。

そのため、今に満足してしまうようなセラピストや、自分に自信がない自己肯定感の低い人は、すぐに辞めてしまいやすい業界でもあるんです。

 

大好きなセラピストを楽しくモチベーションを保ちながら続けていくためには、セラピストとして色々なことを学び続けていくことが重要!

 

そして今から紹介する本は、現在セラピストの人も、これからセラピストになる予定の卵の方も、絶対に見ておいてほしい。

 

 

自分が自分らしくセラピストとしてやっていくための言葉、学べることがたくさん書いてあります。

お客さんだけでなく、自分を知ること、自分も癒せるセラピストほど、ベテランと言われます。

 

施術のスキルだけあっても、この業界は意味がないんです。

今後のセラピスト人生で、一生使えるような内容なので、マジでおすすめです。

 

まとめ

このように、セラピストになるからには学び続けることは大切です。

でも、大変なのは最初だけですので、安心してください。

 

勉強すればするほど、奥が深い世界です。

その奥深さや、学んだことが活かされたときの感動はたまりません。

お客さんから必要とされる信頼あるセラピストを目指したい人は、まずは色々な本を読んでみましょう。

\おすすめ記事/

セラピストお役立ち情報新着情報
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!