セラピストに向いてる人!実際に現場にでて分かったこと暴露

セラピストの施術シーンの画像整体・マッサージの裏話

「セラピストに向いている人って、どんな人?」

このような質問をリラクゼーション関連の職業に就こうとしている方から、今まで何度も聞かれることがありました。

 

今回は、現役の整体サロン院長の私が、現場にでてリアルに感じるセラピストに向いている人の特徴を話していこうと思います。

 

スポンサーリンク

現場にでて分かった!セラピストに向いている人の特徴

施術中のセラピストの画像

なんでも、現場にでてみないと分からないことはあります。

自分も実際に仕事をしてから、セラピストに向いている人は、「こんな感じの人なんだろうな」なんて思う場面がいくつもありました。

そんなリアルな話(暴露)をしていきます。

 

ハッキリ物事を伝えられる人

セラピストは接客業でもありますので、「お客さんは神様」と言われています。

しかしこれは、半分正解で半分間違いです。

 

お客さんを神様扱いするというのは、決して言いなりになればいいって意味ではありません。

本来、お客さんのお悩みを解決していくことのできるセラピストが一番の信頼を得られます。

しかしながら、なんでもかんでもお客さんの言いなりになってしまうセラピストが多いんです。

 

セラピストというプロとしての立場がなくなってしまえば、お客さんからの信頼は得られませんよね。

お客さんのお悩みを解決に導くためには、お客さん自身の間違った知識を指導しなければならないときもあります。

 

お客さんのニーズに応えるために、ハッキリ伝えなければならないことを伝えられるセラピストは貴重な存在になります。

お客さんにとって良い人になるってだけじゃなく、頼りになる存在にもなれるようなハッキリ物事を言える人は、この業界に向いています。

 

好奇心旺盛な人

この業界は、色々なお客さんが来ます。

お客さんのことを知ろうとする意欲は大事!

何事にも興味を持てる好奇心旺盛さがある人ほど、お客さんの話も熱心に聞けるので、接客の際に役立ちます。

 

お客さんが自分の話を気持ちよく話せる空間作りをするには、このセラピスト側の好奇心旺盛さによって左右されます。

「知らないことを知るのが好き!」なんて性格の人ほど、セラピストに向いているなと感じました。

 

努力熱心な人

この世界は、努力次第でセラピストの実力が変わります。

どれだけ施術のセンスやスキルがあっても、センスやスキルだけじゃ限界があります。

 

例えば、人体の知識がなければ、お客さんから身体や心の悩みを相談されたときに、うまく答えれませんからね。

現状に満足せず、成長のためコツコツと勉強を続けられるような努力熱心な方ほど、このセラピストの世界に向いていると思います。

 

楽観的に物事を考えられる人

この業界は、人と人との関わりが近く深くなりやすい環境です。

当然、お客さんとの関りの中で、「こうしておけばよかった…こう言えばよかった…」なんて細かい失敗や反省することも多い世界です。

 

そのため、物事を深刻に考えやすい人ほど、体調を崩してしまいやすかったり、仕事が嫌いになったりしやすい傾向があります。

失敗するたびに落ち込むタイプよりも、すぐに気持ちを切り替えられる人や前向きに考えられるような人ほど、この世界に長く居続けることができますね。

 

笑顔を作れる人

もうね。

これ、超絶大切なことですよ。

セラピストの役目の一つには、癒しを与えることなんです。

施術による癒しで、お客さんに笑顔になってもらうことも大切ですが、一緒に笑顔で接してくれるセラピストが担当してくれるほうが、お客さんも心から笑顔にもなれるし安心するんです。

 

微笑むような笑顔でも構いません。

セラピスト側も、自分が笑顔になれるような仕事への取組みができたり、自分も笑顔になれるようなお客さんとの関りを大切にできる人ほど、この業界に向いてます。

 

関連記事

セラピストに向いてる手の特徴!現役の整体師がリアルを教える
セラピストに向いている手ってあるのをご存知ですか? 今回は、実際に整体師(ボディセラピスト)をしている私が、セラピストになるべき人の手の特徴をお教えしていきます。 セラピストに向いている手の特徴 最初に言っておきま...

セラピストになる前に必要な心構え

腰の施術しているセラピストの画像

セラピストを目指す理由は、人それぞれで理由は違うでしょう。

しかしこの業界で大切なことは、一つでも自分のやりがいを見つけていくことです。

やりがいのない状態で続けていくと、どうしてもマイナス思考になりやすく、仕事への不満ばかりを感じるようになってしまいます。

 

物事を見る視野を広げていかないと、どうしても嫌なところばかりに意識が行ってしまい辞めてしまう人も多い世界です。

せっかくセラピストになるのなら、セラピストでしか味わえない楽しいこと、やりがいを感じられることに意識が傾けるようにしていくことをおすすめします。

 

まとめ

このように、セラピストに向いているような人には特徴があるんです。

好奇心旺盛だったり、努力熱心だったり、笑顔が絶えない人だったり、物事をハッキリ言えるプロとしての頼りになる一面も見せれる人だったり!

 

現場にでて初めて、このような部分が大事なんだなと実感しました。

もちろん!

人それぞれで個人の良さは違います。

全員これを目指せって言っているのではないので、ご安心ください。

 

常にお客さんとセラピストが、お互いに笑顔になれるような環境を目指していただければいいのかなと感じます。

是非、これからセラピストを目指している方にとって、一つの参考になれば嬉しいです。

整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!