セラピストに向いてる手の特徴!現役の整体師がリアルを教える

セラピストの手がお客さんの肩に触れている画像セラピスト

セラピストに向いている手ってあるのをご存知ですか?

今回は、実際に整体師(ボディセラピスト)をしている私が、セラピストになるべき人の手の特徴をお教えしていきます。

 

スポンサーリンク

セラピストに向いている手の特徴

肩を施術しているセラピストの画像

最初に言っておきますが、あくまでセラピストに向いている手があるってだけで、どんな手であっても誰でもセラピストにはなれます。

でも、お客さんにとって喜ばれやすいセラピストの手の特徴3つをお教えします。

 

手のひらの体温が高い

自分は、手のひらの体温が高いです。

普段お客さんからも、「先生の手温かくてホッとします」と喜んでもらえます。

手のひらの体温が高い人は、体に触れられたときにホッとして緊張をゆるめやすい傾向があるので、セラピストに向いている手と言えます。

 

逆に、冷え性など手のひらが冷たいと、お客さんの体に触れたときビックリさせてしまいやすく身体の緊張を高めてしまいます。

手のひらの体温が低くなりやすいときは、施術前に手をカイロなどでも良いので温めてから行うとおすすめです。

 

ムチムチした程よい肉厚な手

手は痩せているよりも、ムチムチしているような弾力ある程よい肉厚があるほうがおすすめです。

これも、実際にお客さん側になって触れられてみると分かりますが、ムチムチした肉厚な手は安心感が違います。

あまり細くてごつごつした手だと、体に触れられたときに骨骨しく感じるので嫌がるお客さんもいるんです。

 

ほどよい大きさの手

ほどよい大きさの手ほど、体を支えるときの安心感があります。

セラピストは、お客さんの体を触れるときに安定感を感じられないと体の緊張を高めてしまいやすく、施術の効果も半減してしまう可能性もあります。

 

ある程度ほどよい大きさの手ですと、支えられているときの安定感があるので、体の緊張も最小限に抑えやすくなります。

これも、実際に体を支えられてみると全く安定感が違うので、ほどよい大きさの手ほどセラピストに向いている手とも言えます。

 

どんな手でも工夫次第で最高のセラピストにはなれる

背中の施術しているセラピストの手元の画像

お客さんに喜んでもらいやすいセラピスト向けの手を持っていても、トータル的にお客さんに満足してもらえるような接客スキルもなければ意味がありません。

または、セラピストに向いていないような手でも工夫次第でどうにでも改善できます。

どんな手であろうが、気にしないお客さんだってたくさんいますしね。

 

自分の手がセラピスト向けじゃないからって、落ち込む必要もないってことです。

一番大事なのは、セラピストとしてどれだけお客さんに満足して帰ってもらえるかを考えて行動できるかなんです。

どれだけ技術があっても、ここのプロとしての意識がなければセラピスト失格ですからね。

是非、どんな手でもお客さんに喜んでもらえるセラピストを目指していきましょう。

セラピスト整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!