セラピストに向いてる手の特徴!現役の整体師がリアルを教える

セラピストの手がお客さんの肩に触れている画像セラピスト

セラピストに向いている手ってあるのをご存知ですか?

 

リラクゼーションを受けると、ゴツゴツした手の人もいれば、温かいぬくもりを感じる手の人もいますよね。

 

もちろん、施術は技術スキルが一番大切です

しかし、生まれ持ってのセラピストの素質を持っているような人もいるんです。

 

今回は、実際に整体師(ボディセラピスト)をしている私が、セラピストになるべき人の手の特徴をお教えしていきます。

 

スポンサーリンク

セラピストに向いている手の特徴

肩を施術しているセラピストの画像

最初に言っておきますが、あくまで理想的なセラピストに向いている手があるってだけです。

どんな手であっても、誰でもセラピストにはなれますので、ご安心ください。

 

それでは、お客さんにとって喜ばれやすいセラピストの手の特徴3つをお教えします。

 

手のひらの体温が高い

自分は、手のひらの体温が高いです。

普段お客さんからも、「先生の手温かくてホッとします!」と喜んでもらえるんですね。

 

手のひらの体温が高い人ほど、身体に触れられたときにお客さんもホッとしやすいんです。

そのため、触れただけでもお客さんの身体の緊張をゆるめやすい傾向があります。

 

これは、まさにセラピストに向いている手と言えます。

 

逆に、冷え性など手のひらが冷たいと、お客さんの体に触れたときビックリさせてしまいやすいんですね。

それでは、お客さんの身体の緊張を高めてしまいます。

 

手のひらの体温が低くなりやすいときは、施術前に手をカイロなどでも良いので、温めてから行うとおすすめです。

 

ムチムチした程よい肉厚な手

手は痩せているよりも、ムチムチしているような弾力ある程よい肉厚があるほうがおすすめです。

 

これも、実際にお客さん側になって触れられてみると分かります。

ムチムチした肉厚な手のほうが、安心感が違うんです。

 

あまり細くてゴツゴツした手だと、身体に触れられたときに骨骨しく感じます。

中には、それが嫌がるお客さんもいるんです。

 

ほどよい大きさの手

お客さんはセラピストに身体を触れられるときに求めるのは、安定感と安心感です。

大きいな手の人ほど、身体を支えられたときの安定感があるので、安心感も得られやすいんですね。

 

打って変わって、小さい手の人ほど頼りなく安定感がない。

 

これでは、お客さんも不安で身体の緊張を高めてしまいやすい傾向があるんです。

施術の効果も半減してしまう可能性もありますよね。

 

この違いを知るには、実際に自分がお客さんとして、身体を支えられてみるのがおすすめです。

全く安定感が違うので、ほどよい大きさの手ほどセラピストに向いている手とも言えます。

 

どんな手でも工夫次第で最高のセラピストにはなれる

背中の施術しているセラピストの手元の画像

当然ですが、お客さんに喜んでもらいやすいセラピスト向けの手を持っていれば良いってもんじゃない。

トータル的に、お客さんに満足してもらえるような接客スキルもなければ意味がないんです。

 

また、セラピストに向いていない手でも工夫次第でどうにでも改善できます。

そもそもどんな手であろうと、気にしないお客さんだってたくさんいますしね。

 

自分の手がセラピスト向けじゃないからって、落ち込む必要もないってことです。

 

一番大事なのは、セラピストとしてどれだけお客さんに満足して帰ってもらえるかを考えて行動できるかなんです。

 

どれだけ技術があっても、ここのプロとしての意識がなければセラピスト失格ですからね。

是非、どんな手でもお客さんに喜んでもらえるセラピストを目指していきましょう。

 

まとめ

このように、生まれ持ったセラピストに向いてる手ってあるんですね。

でも、勘違いしてはいけないのは、どんな手でもお客さんに喜んでもらえるセラピストにはなれます。

 

それは、どれだけお客さんが喜んでもらえるために、自分に何ができるのかを常に考えて行動することです。

それがセラピストでありプロとしての行動です。

 

もしも、「自分はセラピストに向いてそうな手だな!」なんて感じたら、そんな生まれ持った素質を活かしたプロとしての行動も心がけてみましょう。

 

この記事が、少しでも誰かのお役に立てば嬉しいです。

セラピスト整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!