セラピストの体を壊す要因のほとんどがコレ!リアルな現場での悩み暴露

セラピストの施術している風景の画像セラピスト

セラピストの業界って、体を壊して辞めてしまう人って結構いるんです。

「忙しいから?」なんて思う人もいるでしょうが、意外に違かったりします。

今回は、整体サロン院長(セラピスト)としても現場にでている私が、セラピストの現場での悩みやすいことなどを暴露していきます。

 

スポンサーリンク

セラピストが体を壊す要因!リアルな現場での悩みを暴露

リアルなセラピストの現場では、一体何が起きているのか?

どんな悩みを抱えやすく、体を壊してしまいやすいのかご紹介していきます。

 

態度の悪いお客さんの対応に疲れる

こういった業界お店にもよりますが、基本お客さんを選べません。

とりあえず予約や来院してくれた方は、よほどのことがない限りは、全員大切なお客さんとして受け入れます。

しかしながら中には、めんどくさいお客さんもいるのも現実なんです。

 

もちろんクレームであれば、サロン側やセラピスト側に問題がある場合もありますが、理不尽なことでいちゃもんを付けてくるようなお客さんもいるんですよね。

そういったお客さんの対応をすると、「はぁ~辞めたいなぁ~」なんてストレスを感じてしまう人も多いんです。

あまりクレームが多いような店舗に就職すると、精神的に病んでしまい体を壊してしまう人もいます。

 

施術によって体を痛める

どんな施術をしているかはお店によっても違いますが、セラピストの施術って中腰になることが多く立ちっぱなしなので、体力も使うし疲れやすいんですよね。

疲労が抜けず次の日にも疲れが残りやすいので、頑張りすぎると指・腕・腰など痛めてしまうことで仕事を辞めてしまう人もいます。

 

ベテランとの実力差に劣等感を感じる

セラピストの世界は、実力社会でもあります。

やっぱり、接客や人体の勉強や技術を熱心に磨いている人ほど、指名も入ります。

何より努力やセンスなどで、周りとの実力に差が出やすい世界です。

中途半端な気持ちでやっていると、すぐに周りに置いてかれます。

 

上を目指せば目指すほど凄い人がいるので、その大きな実力差に劣等感を感じてしまう人も多いんですよね。

まさに自分もそうでしたし、今でも研究会などに参加すると上に立っている人たちの実力の違いに圧倒されてショックを受けることもありますw

あんまり周りとの差を気にし過ぎると、精神的に追い込まれて体を壊す人もいるので、自分のペースを忘れないことも大切です。

 

将来の不安がでてくる

正直なところ、今のリラクゼーション業界だけでなくエステ・整体・治療業界なども、年々と激戦状態が激しくなっています。

年々とライバル店が増え続けていて、売り上げが落ち潰れてしまうお店も増えているのが現実です。

そのため、雇われの身のセラピストも経営者のセラピストでも安定という言葉がなくなりました。

どれだけ、今が安定していても、いつ不景気になるかは分からない時代なんです。

 

そのため、先を見据えている人ほどセラピストという業界に不安を覚えている人もいます。

まさに、私も整体サロンを経営していますが、いつもどことなく不景気にならないか不安ですw

将来性が分からない業界だからこそ不安な日々を送っている人も多く、中には精神的にしんどくなり体を壊してしまう人もいるんです。

 

関連記事

セラピストに向いてる人!実際に現場にでて分かったこと暴露
「セラピストに向いている人って、どんな人?」 このような質問をリラクゼーション関連の職業に就こうとしている方から、今まで何度も聞かれることがありました。 今回は、現役の整体サロン院長の私が、現場にでてリアルに感じるセラピ...

セラピストを続けていくために必要なマインド

結論!

セラピストを体を壊さずに続けていくために必要なマインドは、やりがいを見つけて楽しむことに没頭することだと、私は現場にいて実感しました。

 

「セラピストが、楽しくて楽しくて仕方ない!」

 

そんな今後もセラピストを続けていきたいと想える気持ちが強ければ強くなる環境ほど、これからの思考も言動も変わっていきます。

 

セラピストとして楽しく過ごせていれば、この楽しい環境を守るためにストレスや体調管理の重要性に気づくようになります。

そうなれば、自ら対策を考えたり、前向きに勉強する機会なども増えるでしょう。

前向きに取り組める環境は、セラピストとしての成長にも繋がりますので一石二鳥です!

目標や夢なんてのもできれば、更にセラピストのやりがいと楽しさを感じるようになりますよ。

 

結局、セラピストとして体を壊さずに元気に続けていくためには、「体を壊したくない」と思えるような楽しくやりがいを感じるような環境を目指すことなんです。

 

とはいえ、気持ちが追い付かずに、どうしても体を壊してしまうような人もいます。

そんなときは、決して無理する必要もないですよ。

ゆっくり休養を取り、次にどうすれば体を壊さずに済むか、その都度に自分のペースで考えていけばいいんです。

 

まとめ

このように、セラピストというのは結構と大変な業界でもあります。

どうしても頑張り過ぎてしまう人や、考え過ぎてしまうような人ほど、体を壊してしまう人もいるでしょう。

しかしながら、セラピストの仕事はとてもやりがいのある楽しい仕事です。

 

熱意をもっている限りは、絶対に上手くいくような業界でもあります。

まずは、自分がやりがいを感じて楽しめる環境を目指して行動すると良いかもしれませんね。

この記事が、これからセラピストになりたいと考えてる人や、実際に現場にでて苦しんでいる方に、今を変えるきっかけになれば幸いです。

セラピスト整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!