セラピストで年収1000万になる人たちの特徴!現役の整体サロン代表が教えます。

足のリンパマッサージをしているセラピストの画像整体・マッサージの裏話

セラピストにも、年収1000万円を超えるような人もいれば、生活ギリギリの収入しかないような人もいます。

この違いは、何なのか?

 

スポンサーリンク

そもそもセラピストで年収1000万円は可能なのか?

財布からお札を見せているセラピストの画像

「セラピストの収入って良いの?」なんて気になる人もいますよね。

正直なとこ、就職して雇われの身で働くのなら収入は微妙です。

私の身の周りのセラピストの収入も聞いてみると、月収で言うと初任給の手取り16万円程度なんてザラです。

役職についてやっと、手取り20万円を超えるぐらいらしいですよ。

 

でも世の中には、年収1000万円を超えるようなリッチなセラピストもいるのも事実です。

セラピスト人口を考えると、ほんの一握りですけどねw

いくらお金が全てではないとはいえ、せっかくやるなら誰でも年収が高いほうが嬉しいですよね。

では、実際に年収1000万円を超えるようなセラピストの気になる特徴を、現役で整体サロンを経営する院長の私がお教えしていきます。

 

年収1000万円プレーヤーになるセラピストの特徴

背中のマッサージをしているセラピストの画像

それでは、実際に私の知り合いの年収が高いセラピストたちの特徴をお教えしていきます。

 

独立してお店をしている

セラピストの収入の平均的な割合を見ていると、就職している雇われのセラピストですと頑張っても年収は180~350万円ぐらいです。

セラピストとして年収1000万円にたどり着くには、どう考えても独立してお店を出すしか方法はないんですよね。

それぐらいこの業界は、普通に就職してもお給料が安いんです。

 

施術のスキルが高い

やっぱり年収1000万円稼ぐレベルのセラピストは、施術のスキルも高いことが多く口コミが広がりやすい傾向があります。

しかしながら、施術のスキルに年齢や実務経験の年数はあまり関係ありませんね。

若くしても、勉強熱心で実力のある人やカリスマと言われるぐらいの人もたくさんいます。

 

結局のところ、どれだけセンスがあるか、効率的に技術を磨けるかのほうが重要です。

現状に満足していて視野が狭く向上心のないセラピストほど、経験年数が長いだけで大したことない人が多いのも、この業界ではあるあるです。

 

コミュニケーション能力がズバ抜けている

セラピスト業界は、接客業です。

正直なところ、施術の技術が高くなくてもコミュニケーション能力がズバ抜けているだけで、ファンやリピーターは付きます。

経験値がなく独立しても、話が上手かったり、人柄が良いだけで売上が成り立つセラピストも多いのも現実なんです。

昔みたいに、技術だけで食っていくような世の中ではなくなったんです。

 

広告宣伝費をケチらない

お店を出しても待っているだけでは、お客さんは集まりません。

自分のお店を知ってもらうために、どれだけ広告宣伝費にお金をかけられるのかが、セラピストで年収1000万円プレーヤーになれるかが決まると言っても過言ではありません。

ほとんどのサロン経営者は、お金に余裕がないことが多く、この宣伝広告費をケチってしまう傾向があります。

 

広告宣伝費にお金を投資できないのならお店を知ってもらえるチャンスも減るだけなので、返って集客できず売上も上がりません。

ケチった結果、貧乏セラピストまっしぐらの経営者も多くいるんです。

 

施術単価が高い

施術の単価が高額なお店ほど、集客次第ではすぐに年収1000万円なんて突破します。

例えば、通常のサロンの1回の施術単価は、5000円~8000円ぐらいが相場です。

でも中には、1回の施術単価が20000円などの高額メニューがあるお店もあります。

 

施術単価が1回20000円のお店なら

1回20000円×1日3人×23日(週5日勤務)=1380000円の売上です。

 

毎日たった3人のお客さんで、月収100万円超えの年収1000万円を超えることもできるんです。

単価を上げると集客も難しくなりますが、最短でリッチなセラピストになるには効率的なルートでもあります。

 

収入源がいくつかある

年収が高いセラピストほど、経営するお店が成功しているパターンがベターですが、他にも収入源がいくつかあるパターンもあります。

例えば、今の時代ですとセラピストとしてYouTubeやSNSなどで知名度を上げ、広告収入を得ている方もいますよね。

または、何かセラピスト育成の講師やセミナーを開いていたり、自分のノウハウのDVD販売をしていたりする人もいます。

 

ビジネス思考が強いセラピストほど、収入源をいくつも確保できる環境を作っているので、必然と年収も高くなっていきやすい傾向があります。

 

セラピストの関連記事

アロマセラピストって儲かるの?理想と現実の収入が違いすぎる
自分も整体サロンを経営しているので、「アロマセラピストって儲かる?」なんてリラクゼーション業界の収入事情など、よく聞かれることがあります。 アロマセラピストって儲かるの?理想と現実が違う収入事情 さて、実際のところアロマ...

年収も大事だけど、セラピストとしての成長も大事

リンパの施術をしているセラピストの画像

お金を稼げるセラピストになるだけなら、ある程度の経営やマーケティングなどのコツを知っていればなれます。

しかしながら、あまり年収やお金にばかりに捉われると、セラピストとしてのやりがいを感じられなくなってしまう人も多いんです。

 

仕事にやりがいを持てない、精神的にやる気がなくなれば、それはお客さんにもバレます。

無意識なうちに言動として表れるので、結果としてお客さんが離れていき稼げなくなっていきます。

 

セラピストとしてのやりがいと自分の成長を第一にして行動していければ、仕事を心から楽しむことができるようになり、必然とお金も稼げるような環境になるはずです。

 

セラピストの関連記事

セラピストの仕事の本音がヤバい!洗いざらいぶちまけます。
セラピストだって人間です。 もちろん、仕事に不満や愚痴があっても本音を隠している方が多いでしょう。 みんな社会人として大人の対応をするため、理不尽なことがあっても我慢しているんです。 でもね。 心の中だけでな...

まとめ

このように、世の中には生活ギリギリの収入のセラピストもいれば、年収1000万円を超えるようなリッチなセラピストもいるんです。

どっちの環境を目指すかは、人それぞれです。

しかしながら、稼げるセラピストになるための本質は、セラピストとしてのやりがいを感じることができるか、セラピストとしての成長を第一に考え行動できるかではないかと思います。

整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント

error:Content is protected !!