「自分を持っている人」というのは、覚悟があり人生のテーマも明確な人!

黒猫の画像心理学

自分を持っている人って、意外にも少ないですよね。

基本、誰かに合わせて生きている人の方が多いと思います。

自分を持っている人と持っていない人の違いは、人生のテーマが明確かどうかだけなんです。

 

スポンサーリンク

自分を持っている=人生のテーマが明確

自分の人生のテーマなんて考えたことある方はいますか?

恐らくどんな人生を歩みたいのか、しっかり考えて明確にしている人は少ないはず。

コレが、世の中に自分を持っている人が少ない理由の1つでもあります。

 

自分の人生のテーマ、

どんな人生を歩みたいのか、

どんな風に生きていきたいのか、

 

この辺を、よく考えて明確化していくことで、自分の人生のテーマが決まります。

このテーマが明確になることで、自分の意志を貫こうとする意識が働きやすくなるので、自分を持っている人に近づく「きっかけ」になるのです。

 

自分の人生のテーマを明確にするには、本音を引き出すこと!

自分の人生のテーマを決める時には、1つだけ大切なことがあります。

それは、自分の本音に気づけるようになること。

 

この人生のテーマを考えるとき、世間の常識・ルール・他人からの評価など、何かに縛られたまま考えてしまう方は多く、それでは本当の自分の人生のテーマを明確にすることは出来ません。

だって世間体ばかり考えている人のこと、自分を持っている人には見えないですよね。

 

一度、どんな理想や目標でも良いので、常識・ルール・他人からの評価もすべて取り除いたうえで、「自分が本当に生きていきたい人生とは?」を考えてみましょう。

そこから始めて、自分を持つという意味が少しずつわかってくるはずです。

 

最後に!大切なのは、自分を信じ続ける覚悟を持つこと。

うさぎの着ぐるみを着た人の後ろ姿の画像

自分を持っている人になるためには、自分が本当に生きていきたい人生のテーマを決めて、なお実行していくことです。

 

しかし、ここが一番しんどい。

そして、挫折者が多い部分でもあります。

自分の生きたい人生のテーマを決めることは誰でも簡単ですが、いざ叶えるために実行するとなると、自分の気持ちを貫き通せずに諦めてしまう人は多いんですよね。

 

理由の一つとして出てくるのが、先ほども話した世間の常識・他人からの評価です。

これらの現実を見せつけられると、「やっぱり自分の考えは間違っているのかな…」と悩んで動けなくなってしまう人は多い。

 

しかし自分を持っている人たちは、ここでの試練を乗り越えることに長けているのです。

どんなに、世間の常識から自分の考えが逸脱してでも、他人の評価が悪かろうが、「自分は正しい」と信じて行動できる人は、自分を持って生きていけます。

 

実は、自分を持っているか持っていないかは、ここの違いなんです。

 

「自分はこうしたい、こう生きていきたい!」

 

そんな自分で決めた気持ちを大切に、自分を信じて行動にうつす覚悟があるかないかだけで、自分を持っている人間になれるかなれないのかが決まるのです。

今自分を持つことが出来ていない人は、ここでの覚悟を持つことを大切にしていきましょう。

心理学
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐフリーの整体セラピストとして独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング・護身術。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント