てもみんに行くときの注意点!目的次第で返ってリスクがある理由

リラクゼーション店のてもみんの施術風景のイラスト画像整体・マッサージの裏話

よくリラクゼーション店に行く人は多いですよね。

そんな中でも、大手で店舗もある〝てもみん〟に行こうと思っている人には、行く前に知ってほしい注意点があります。

 

スポンサーリンク

てもみんに行くときの注意点!理解しておくべきポイント

てもみん自体は、とても良いお店です。

普段から整体院の院長している自分も、リラクゼーションとしては、とてもおすすめできるぐらい個人的にも好きなお店。

 

でも、よく間違った認識で、てもみんに行ってしまうと失敗してしまう人もいるんです。

今回は、行く前に注意しておくべきポイントをご紹介します。

 

身体の悩みによっては合わない

てもみんは、リラクゼーションであることを忘れてはいけない。

肩こりや疲労感をリフレッシュしに行くのには、最適でしょうが…。

病気や痛みを治しに行こうとしてしまうなら、それは間違いです。

 

個人的に、よくある間違いとして多いのが、

  • 寝違え
  • ぎっくり腰

この辺の身体の悩みで、てもみんに行こうとしている人はリスクがあります。

 

痛みを伴うような身体の悩みは、医療機関をおすすめします。

痛みを取ろうと間違えて行ってしまって揉みほぐしてもらってしまうと、余計に炎症が悪化してしまう恐れもあるので。

 

てもみんのグループには、リラクゼーション店だけでなく治療院も展開しているそうです。

痛みを伴う場合は、こちらのグローバル治療院さんに相談しに行くのも良いでしょうね。

 

国家資格者がいないこともある

てもみん自体は、何度も言いますがリラクゼーション店です。

マッサージや医療系の国家資格者を持っているスタッフもいるかもしれないけど、国家資格を持っていない人でも現場に出れてしまう業界でもあります。

 

きちんとした研修などもあるみたいですが、身体の知識やスキルが一切持たない素人が、たった数ヶ月の研修で学べることには限度があるのも事実。

身体の勉強をするにしても、最低でも数年(3年~4年)は必要ですからね。

 

中には、「施術が下手くそな人に当たった…。」なんて運が悪かった人もいるでしょう。

まぁ、てもみんであれば下手くそな人に当たる確率は低いでしょうし、その分に値段が安いのも考慮されているのでありだとは感じますが…。

この辺も理解してから行きましょう。

 

リラクゼーションでありマッサージではない

てもみんをマッサージ屋さんだと思っている人も多いですよね。

この辺は、認識が間違っています。

 

何度も何度もしつこいのは分かっていますが、てもみんはリラクゼーション店です。

リラクゼーションの目的は、癒しです。

 

マッサージという言葉は、医療の分類に入り、治療として認識されています。

なので、マッサージの言葉を使えるのは、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格者のみです。

この辺の違いをしっかり理解して、リラクゼーションとして癒しを目的に行きましょう。

 

保険は効かない

よくリラクゼーション店を、接骨院や整骨院と勘違いしている人もいますよね。

でも、違いますよ。

 

リラクゼーションは癒し、接骨院や整骨院は医療です。

なので、てもみんはリラクゼーションなので、保険は効きません。

 

知らずに行ってしまうと、保険が効かないとビックリしちゃうかもしれません。

しっかり、この辺の金銭事情も把握してから行きましょう。

 

【個人的感想】リラクゼーション店の中では、トップレベルの実力?

整体院をやっている院長でもある私個人的には、てもみんは大好きです。

色々とリラクゼーション店は行ってきましたが、てもみんの施術はトップレベルじゃないかと感じてます。

 

もちろん、個人差はあるでしょうけどね。

利用した人の口コミも、こんな感じに良いんですよ。

https://twitter.com/MIYUU_CherrySPA/status/1461306062636666882?s=20

 

また、空間の雰囲気、施術メニューの豊富さ、施術もなかなかの実力。

簡単に言うと、バランスが良いって感じですかね?

 

若干、他のお店よりも値段が高い気もしますが、その分に満足度が違うので許容範囲内です。

何より、国家資格者が直接指導するような研修制度を設けていることは大きいですね。

これも、安心する一つのポイントでしょうね。

 

もしも、てもみんに行こうと思っているなら、今回お話した注意点をしっかり理解し把握してから行くことをおすすめします。

 

ボディセラピスト業界に興味がある方は、こちらの記事もおすすめ

ボディセラピストの資格を取るなら通信講座で十分な理由
「ボディセラピストの資格を取りたいけど、どうすればいいの?」 これについて、整体サロン院長の私が詳しく話していきます! 【豆知識】ボディセラピストのほとんどは民間資格です セラピストの中には、理学療法士や作業療法士...

まとめ

このように、大手リラクゼーション店なので、てもみんは誰でも見かけたことはあるでしょうが…。

目的を間違って行かないこと、注意して行かないと返って失敗してしまうこともある。

 

コリや疲労をリフレッシュしたいのであれば、てもみんは極上の癒しを提供してくれるでしょう。

また、力加減も伝えれば調整してくれるので、痛かったりしたらハッキリ伝えましょうね。

 

この記事が、少しでも役立つものになれば嬉しいです。

整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!