なぜ彼らはスタバでパソコンを開くのか?カフェノマドワーカーの生態

スタバ人生哲学・心理

スタバに行くと、必ずパソコン開いて、何か仕事や作業している人が多いですよね。

いわゆるノマドワーカーという人たちですね。

 

なぜか彼らのパソコンは、Macbookの確立が高いのは謎ですがw

今回は、なぜ彼らはスタバでパソコンを開くのかについて、ガチで徹底分析してみました。

※暇人かっw

 

スポンサーリンク

パソコン作業にスタバを選ぶカフェノマドワーカーの理由

スタバ

なぜ、こんなにもスタバに行くと、パソコンを開いて仕事や作業に取り組むノマドワーカーが多いのか?

これは、スタバという条件の揃った環境に理由があります。

 

店舗数が多い

いまでは、スタバの店舗数も1601店舗(2021年1月20日時点)もあります。

都心方面であれば、一駅に一つはスタバがあるんじゃないかレベルです。

 

これだけの店舗数があれば、気軽に入れて利用しやすいのも良いところですよね。

これも、パソコン作業をスタバでする人たちの多い一つの理由でしょう。

 

窓際カウンター席も多く一人でも入りやすい

スタバには、一人でも座れる窓際のカウンター席があったりしますよね。

パソコン作業している人のほとんどは、この窓際カウンター席が多い印象があります。

 

窓際席は、だいたい周りも同じようにパソコン作業しています。

堂々とパソコン作業しやすい雰囲気があるのも理由でしょうね。

 

Wi-Fi完備されている

パソコン作業をするにあたって、Wi-Fi完備しているのは大きいメリットですよね。

「どうぞ!スマホやパソコンを使ってください!」なんて言われているようなもんです。

 

ネット通信が使えるか使えないかは、仕事や作業をする上では大きい。

このWi-Fi完備されているスタバは、パソコン作業しやすい環境と言えるでしょう。

 

コンセントが完備されている

コンセントがあるのも、めちゃくちゃ便利です。

スマホやパソコンはスペックにもよりますが、作業内容によりバッテリーの消耗が激しくなりますしね。

 

充電を気にしながらの作業は、ストレスになりやすい。

バッテリーを充電しながら作業できる場所は、スタバならではの良いところでしょう。

 

コーヒーの種類も多く味も格別

スタバは、純粋にカフェとして、コーヒーの味のクオリティも高いですよね。

値段は、ちょっと高いかもしれませんが…。

 

でも、このリッチな気分が味わえるのも、特別感を感じやすく心地良い場所になりやすい。

パソコン仕事のモチベーションも上げてくれるのかもしれません。

 

また、スタバではコーヒーを自分好みにカスタマイズなどもできます。

毎回、新しい味に挑戦できること、探求心もそそられます。

 

他のカフェよりも、何度も通いたくなる理由にもなりやすい場所なんでしょうね。

 

BGMがオシャレで落ち着く

まぁカフェなら、どこもBGMはオシャレでしょうがw

でも、スタバミュージックは、なんかオシャレのレベルが群を抜いている気がします。

 

なんなんでしょうね。

あんまりJ-popとかを流さず、洋楽やクラシック系が多いからでしょうか。

 

あのスタバの内装に洋楽がマッチしていて、相乗効果になっているのかもしれません。

 

ノマドワーカーの聖地になっている

スタバの席で埋まっている3割程度は、パソコン作業に取り組むノマドワーカーなんてこともありますw

 

純粋に、カフェとしてコーヒーだけを楽しんでいる人は少ない気がします。

 

あとは、女子会やカップルの巣窟にもなりがちです。

ぼっち気味な人見知りな自分には、あの空間マジきつい。

 

どんどんスタバのイメージが、〝ノマドワーカーの聖地〟になっている。

だからこそ、パソコン作業と言えばスタバみたいな考えになる人も増えるんでしょうね。

 

そもそも、スタバはパソコン持ち込みOKなのか?

Wi-Fi完備やコンセントがあるということは、パソコン持ち込みを禁止しているとは到底思いませんよね。

 

そもそも、あれだけパソコンを持ち込み作業している人は多いですが…。

店員に注意されている人は見たことがありません。

 

きっと、問題ないということなんでしょう。

 

もともと、スターバックスのコンセプトには、コーヒーよりも〝第3の場所〟というテーマがあるそうです。

 

CEOだったハワード・シュルツ氏によれば、スターバックスはコーヒーを売っていません。確かにコーヒーを売っているように見えるかもしれませんが、本当に売っているのは「第3の場所」、サードプレイスなのです。

引用:テンミニッツTV

 

お客さんにとって、家でもなく職場でもない場所を提供している…。

〝スタバを生活の中の第3の必要不可欠な居場所になってほしい〟という意味なのかな?

 

となると、スタバに来るだけでも、スタバのコンセプトに乗っかっていることになります。

パソコン作業を理由にスタバを利用しても、スタバにとっては嬉しいことなのかもしれません。

 

てかマジで、スタバでパソコン開いて何の仕事やってんの?

スタバ

これ、以外と気になりませんか?

決して、意図的に覗いたわけではありませんが…。

 

私が、たまたまパソコンの画面が見えたノマドワーカーの作業で多かったのは…。

動画編集やライター系の記事作成をしている人でした。

 

これも、時代の流れですかねw

 

現在、フリーランスになる人も増えました。

パソコン一台あれば仕事ができるものも多いんですよね。

 

そんな中でも人気なのが、ライターや動画編集などで独立することですかね。

文章が書くのが好き、動画編集をするのが得意なら、パソコンあれば誰でも挑戦できますしね。

 

こういう人は、スタバで作業する傾向があるってことでしょう。

きっと、家では集中できない、モチベーションが上がらないなどあるんでしょうね。

 

中には、私みたいにブログを書いているような人も見かけたことあります。

もちろん、専門的な難しそうな仕事をしてる人もいますけどね。

 

とりあえず言えることは!

スタバでパソコン開いている人は、きちんと仕事はしているってことですねw

 

スタバじゃなければいけない理由は?他のカフェじゃダメなの?

スタバ

「パソコン作業は、スタバじゃないといけない理由があるの?」なんて思う人もいるでしょう。

 

スタバでパソコン作業している人の中には、「スタバでしか作業しない!」なんて謎のこだわりを持っている人もいます。

 

しかし、ほとんどの人は、別にスタバじゃなければいけないわけでもないんですよね。

だって、パソコン作業をする条件が揃ってるカフェなら、どこでも似たような人は居るからです。

 

よく見れば、タリーズでもパソコン開いてる人は見かけます。

個人営のカフェにも、パソコン作業している人を見かけます。

 

実際ほとんどの人は、パソコン作業できる環境なら、スタバじゃなくてもどこでも良いんです。

 

承認欲求が高い人たちほどスタバは愛されやすい

スタバ

スタバでパソコン仕事している人たちのことを、

  • オシャレ
  • 意識が高い
  • かっこいい
  • できる人

こんなイメージを持つ人、憧れを持つ人って謎に多いですよね。

 

だからなのか?

普段から目立ちたがり屋、オシャレが好きな人、リア充タイプまで…。

 

その中でも、人から認められたいタイプ、自分に自信がないタイプまで…。

 

普段から、オシャレ、意識が高い、かっこいい、できる人に見られたい承認欲求が強い人ほど、スタバを好む傾向もあります。

これは、まさに私のスタバ好きの知人にも同じようなのがいましたw

 

スタバでパソコン作業するノマドワーカーへの批判の声

スタバ

スタバでパソコン作業している人のことを、オシャレ、意識が高い、かっこいい、できる人なんてイメージを持つ人は多いと話しましたが…。

 

もちろん、批判の声もあります。

 

中には、

  • ナルシスト
  • 意識高い系
  • うざい
  • 邪魔
  • どや顔乙

こんな批判の声もあるんですよ。

 

はい!出た!Macbook!

大した仕事もしてないくせに…。

 

そんな声も聞こえてきます。

 

まぁ、調べると出てくる出てくるw

もはや、批判どころかエグイ悪口ばかりですが。

 

今回は、まだマシなやつを抜粋したほうですが、攻撃力としては十分に抜群w

 

でもなぜ、こんなにもスタバでパソコン作業している人たちのことを批判する人が多いのか?

理由としては、以下2つの要因が考えられます。

 

長居して席を占領しがち

スタバ系ノマドワーカーは批判組から、邪魔者扱いされやすい存在です。

 

確かに、そうですよね。

 

一日中スタバでパソコン開いて席を占領している人が多ければ、スタバにコーヒーを飲みに来たお客さんは座る席がなくなってしまいます。

 

私も、何度かノマドワーカーたちがカウンター席を占領している場面に遭遇したことはあります。

席が空かず、泣く泣く店に入るのを諦めたこともあります。

 

だから正直、批判組の気持ちも分かります。

 

もちろん、時間を決め長居しないよう心遣いあるノマドワーカもたくさんいます。

 

でも、一部の周りへの配慮や気遣いができないノマドワーカーもいます。

こうした一部の人のせいで、スタバ系ノマドワーカーの印象は悪くなっているんでしょうね。

 

どこでも、譲り合いは大切です。

お客さん同士が、気持ちよくスタバを利用できるような環境になれば嬉しいですね。

 

羨ましさによる妬み

中には、リア充ライフを見せつけられたことによる妬みの批判もあります。

こんなこと言うと、「そんなことない!」なんて抵抗したくなる人もいるでしょうが…。

 

でも、人間というのは羨ましい気持ちから、人を批判したくなることもよくあります。

自分がクリスマスにカップルを見ると、「けっ!リア充爆発しろ!」なんて思うのと一緒w

 

まとめ

結論、スタバはパソコン作業するノマドワーカーや、コーヒー好きな人にとっては、最高な場所になりやすいんです。

 

そして、この記事を書いたことで気づいたことがあります。

 

人それぞれでスタバを利用する目的は違います。

でも、譲り合いの気持ちを持ちがなら、ルールを守り利用していくことが一番大切なんでしょう。

 

今後から、私もこの辺を心がけながらスタバにコーヒーを飲みに行こうと思います。

人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!