金持ちほどスタバに行かない説が浮上する理由!成功者にしか分からないこだわりや世界観

スタバの店内の様子の画像人生哲学・心理

誰もが知っている人気のおしゃれカフェと言えば、スタバですよね。

でも、金持ちほどスタバには行かないという説があるのをご存知でしょうか?

 

これ正直な話、「そんなの人それぞれの好みで変わるでしょ!」なんて思った人のが大半なはず。

なんなら、セレブ=おしゃれカフェのイメージのほうが強いとすら思ってしまう人もいるでしょう。

 

でも、もしかしたら金持ちの中には、あえてスタバに行かない選択をする人も本当にいるのかもしれませんよね。

 

そこで今回は、金持ちほどスタバに行かない説について解説していこうと思います。

 

スポンサーリンク

スタバに行く人には3つのパターンに分かれる

そもそもスタバに行く人って、どんな人なのか?

これは、だいたい以下3つのパターンに分かれると考えられます。

 

純粋にスタバが好きな人

おしゃれなカフェが好き、美味しいコーヒーが大好きって人にとっては、スタバは最高の場所になりますよね。

 

そんな純粋にスタバの魅力にハマってしまった人は、他のカフェよりもスタバに行く頻度のが増えやすいと言えるでしょう。

 

他にも、定期的に新作の飲み物が出やすく、カスタム次第では楽しみ方も変えられるところなどは、スタバの醍醐味ですよね。

 

何回行っても飽きないカフェとしても、スタバが好きで行く人は多いとされています。

 

休憩や仕事の作業スペースに使う人

スタバの良いところって、休憩や仕事の作業スペースとしては最適な環境にあることなんですよね。

 

例えば、

  • 清潔なトイレあり
  • 座席も多い
  • 一人でも座れるカウンターあり
  • コンセント完備
  • Wi-Fi完備

などなど。

 

これほど、休憩だけでなく仕事や作業スペースとしても適切な環境は、他のカフェにはない魅力だったりもしますよね。

 

スタバに来ているお客さんを見ていても、のんびり読書をしながら休憩している人もいれば、パソコンを開いて作業している人も多いんです。

 

設備の揃った環境で仕事や作業をしたい人、友達との雑談、ゆっくり読書をしたりして休憩したい人にとっては、スタバ利用率は高いでしょうね。

 

自己肯定感を上げたい人

偏見かもしれませんが、意識高い系ほどスタバが好きなイメージありませんか?

スタバを通ると、よくMACのパソコンを開いてドヤ顔している人とかいますよね。

 

要するに、「自分を良く見せたい!」という自己肯定感を上げたい人ほど、スタバに行く傾向があるってことです。

 

なんとなく気持ちは分かります。

おしゃれなカフェに行くと、なんだか自分までおしゃれになった気がしますもんね。

 

そんな感じで、自分の印象やステータスを上げるための一つとして、スタバに行く人も少なからず多いということです。

 

金持ちほどスタバに行かない説が浮上する理由

それでは、なぜ金持ちほどスタバに行かないなんて説が浮上することがあるのか?

その辺について、考えられる要因をいくつかご紹介していきます。

 

時間がもったないため

金持ちの中にも、忙しいタイプとそうでないタイプがいますよね。

 

現役バリバリで働いているような金持ちからしたら、少しの時間も無駄にはしたくない傾向がある人は多いと言います。

 

そういった面で考えると、世間からも人気なスタバは、

  • 注文するまでに行列ができやすい。
  • カスタムなどする人も多い。

このような注文から商品を手にするまでに時間がかかりやすいデメリットもあるんです。

 

こうした待機する時間がもったいないと思ってしまう金持ちほど、スタバには行かない傾向があるでしょう。

 

集中できないため

金持ちほど、集中できる空間が好きだったりします。

理由は、集中できる場所ほどインスピレーションが出てきたりするからですね。

 

そんなとき、スタバは人気があるために、人が多くガヤガヤしていることもあります。

わざわざ、人混みあって集中できない環境に行くことにメリットを感じない人もいるでしょう。

 

インスピレーションを高めたい金持ちほど、集中しやすい人のいない場所や空間を求めたりするんです。

 

リラックスできないため

集中できないところでも話しましたが、スタバは人気のために人が多く集まりやすい。

 

中は、おしゃれなBGMで静かなスタバもあったりしますが、やっぱり人が多いだけでリラックスできない人もいますよね。

 

人混みが苦手な金持ちほど、人混みによるリラックスできない環境よりも、お金がかかってでも個室やVIPルームのある場所を狙って行くことも多いんです。

 

こだわりがあるため

金持ちほど、こだわりが強いこともありますよね。

 

これは、金持ちほど社長や経営者という立場にいる人が多く、自分の意思を貫く場面が多くなるからかもしれません。

 

こうしたこだわりある金持ちほど、スタバのような定番とも言える場所を避けることもあります。

中には、周りと同じことをするのが嫌いなこだわりを持つ人も多いですからね。

 

チェーン店のカフェよりも、隠れ家的な個人カフェのほうが好きな人と感覚は一緒かもしれないですね。

 

より良いものを求めるため

金持ちは、現状に満足せずに高みを目指します。

そのため、飲み物一つにしても、より良いものを求め続ける傾向があるんです。

 

もちろん、スタバのコーヒーもクオリティ高く美味しいでしょう。

しかしながら、もっと上には上があるのではないかと探す人もいるんですよね。

 

人間は、より上質なものを知ることで人生の経験値も上がることもあります。

 

金持ちほど、そんな人生の経験値を上げるために、色々なことにクオリティを求め続ける。

より良いものを体験しようとする思考があるんです。

 

新しい刺激を求めるため

脳は新しい刺激が入るほど、色々なインスピレーションが高まる傾向があります。

要するに、良いアイディアが浮かびやすくなるんですね。

 

そして、金持ちの人たちは、そんなインスピレーションを高める生活を意識していることが多いとされています。

 

だからか、人とは違った視点や思考を持っていることも多いために、成功者と言われるような環境を手に入れる人も多いんでしょう。

 

そのため、インスピレーションを高めるためには、スタバに何度も通い続けるよりも新しいお店を転々とするほうが脳への新しい刺激も入りやすいんですよね。

 

こういった理由から、金持ちはスタバに行かないこともあるのかもしれません。

 

今の流行りよりも次に流行るものを見ているため

成功者なんて言われている金持ちの人ほど、いつも先を見ています。

要するに、今流行っているものよりも次に流行るものを模索しているんです。

 

これは、ビジネスができる人の特徴でもあるんですね。

だって、流行りなんてのは、一番最初に始めた人が儲かるシステムですからね。

 

そのため、普段からすでに流行っているものには興味を示さない傾向もあるため、流行りのスタバにも行かない人もいるのではないかと考えられます。

 

自己肯定感が強いため

スタバというのは、コーヒーも美味しいし接客も完璧です。

それだけでも、通う価値はありますよね。

 

しかしながら、スタバは一般的にもおしゃれなカフェとして認識されていることが多いためか、お客の中には自己肯定感を上げるために利用する人もいると言います。

 

要するに、おしゃれなスタバに通っている自分に酔いしれることで自己肯定感を上げるためです。

でも、これは自己肯定感が低い人ほどする行動とも言えますよね。

 

打って変わって、金持ちのような自信に溢れかえっているような人は、もともと自己肯定感が強く周りからどう思われようが気にしません。

 

そのため、自己肯定感を高めるためにスタバに行く人とは違って、金持ちほどコーヒーを目的とした理由以外でスタバに訪れることは少ないと言えるでしょう。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

なぜ彼らはスタバでパソコンを開くのか?カフェノマドワーカーの生態
スタバに行くと、必ずパソコン開いて、何か仕事や作業している人が多いですよね。 いわゆるノマドワーカーという人たちですね。 なぜか彼らのパソコンは、Macbookの確立が高いのは謎ですがw 今回は、なぜ彼らはスタバで...

金持ちや成功者にしか分からない世界観がある

ここまで、金持ちほどスタバに行かないという説を考察して述べてきましたが…。

もちろん、そんなの人それぞれだってことは忘れず勘違いしないようにしましょう。

 

金持ちだってスタバに行く人もいますし、金持ちじゃなくたってスタバに行かない人もいるでしょう。

 

それは、あくまでも好みの問題が多いでしょうからね。

どれだけ評判の良いお店だって、人によっては合う合わないがあるってことです。

 

しかしながら、金持ちほど何かこだわりが多かったり、他の人にはない視点や思考で物事を見ていることも多いのも事実です。

 

そのため、我々の知らない金持ちや成功者にしか分からない世界観で生きていることもあるでしょう。

 

もしかしたら、その違った世界観から理由あってスタバに行かない選択をしている金持ちだっているかもしれませんよね。

 

そういった意味もあって、今回のような金持ちほどスタバに行かないなんて説が浮上することもあるのかもしれませんよ。

 

まとめ

このように、金持ちほどスタバに行かないという説が浮上する理由は、金持ちにしか分からないようなこだわりや世界観で生きている人が多いからかもしれません。

 

もちろん、金持ちでもスタバに行く人だってたくさんいます。

結局、スタバに行く行かないは人それぞれだってことは忘れないようにしておきましょう。

 

今回は、あくまでも金持ちほどスタバに行かない説が浮上した理由を考察してみました。

一つの参考になれば幸いです。

人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!