りらくるの苦情と不満で多いことは?失敗しない店舗選びとは

リラクゼーション店のタオルとお香の画像 お役立ち情報

【執筆者】SHOTA
職業:整体セラピスト、整体サロン代表
地域口コミ1位の整体サロン≫≫ゆらす整体

 

よく駅で見かけるリラクゼーション店と言えば、りらくるですよね。

体のリフレッシュとしては、とても価格もリーズナブルで、私も好きで、ときより行きます。

 

でも口コミや評判を見ていると、苦情らしきものもよく見かけるんですよね。

りらくるに対する苦情で多いもの、原因、失敗しないための店舗選びは、どうしたらいいのか?

今回は、整体サロン院長もしている私が考えて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

りらくるで多い苦情の一覧と原因!

頭のマッサージを受けている女性の画像

りらくるの苦情で、よく見かけるのは、以下3つですかね。

  1. 症状が悪化した(痛みやコリなど)
  2. スタッフによって、技術に差が出る
  3. スタッフの話声が聞こえる

 

症状が悪化した(痛みやコリなど)

これは、勘違いしている人が多いのですが、りらくるが提供しているのは治療ではなく体のリラックスやリフレッシュが目的です。

なので、りらくるで対応できるものも基本は、日々の疲労などになると思います。

首の寝違え、肩の痛み、ぎっくり腰などの痛みなどを、りらくるに行って治しにいこうとする人はいるでしょうが、実は間違いなのです。

痛みは、炎症のことが多いので、病院または治療院などの医療機関にいくようにしましょう。

 

スタッフによって技術に差が出る

これは、りらくるだけでなくリラクゼーション全般に言えます。

このようなリラクゼーション店は、業界未経験でも、1ヶ月~3か月程度の講習で、現場に出れることも珍しくありません。

当然、未経験のスキルのないスタッフに当たってしまえば、施術や技術の差が出てしまうんですよね。

 

出来れば、経験年数が長けている人の方が、慣れていて上手なことが多いので、例え指名制度がないところでも、一言、「出来れば上手な人をお願いします」と声かけておくことはしておきましょう。

過去の失敗した経験など話せば、理解してくれることもあるかもしれませんからね。

 

スタッフの話声が聞こえる

以外にも、このような苦情の口コミは多いイメージがありました。

しかしこれは、店舗ごとに所属するスタッフの運もあるでしょう。

これだけ店舗数やスタッフ数もいるので、中にはプロ意識が低い、接客マナーのないスタッフや、気がゆるんで、お客さまがいることを忘れて、話し込んでしまうスタッフもいると思います。

 

何か、スタッフ同士の話声が気になって、施術に集中して受けられない場合は、遠慮なく自身の施術担当のスタッフに伝えても良いと思います。

直接言うことで、スタッフへの指導が入り、店舗の接客マナーの向上にも繋がります。

 

りらくるの苦情や不満のない失敗しない店舗選びのポイントは!

苦情の少ない評判良い手のマッサージを受けている画像

やっぱりこれだけの、りらくるの店舗数となると、店舗ごとに所属するスタッフやお店の雰囲気など、色や味はそれぞれお店によって違うでしょう。

中には、自分と相性が合わないスタッフやお店の雰囲気もあるかもしれませんし、「失敗した」なんて苦情をいれたくなるような経験や不満を感じることもあるかもしれません。

しかし例え、苦情を言いたくなるような体験や不満を持ったとしても、りらくる全店舗がそうとは限りません。

 

当然、店舗によっては合わないところもあれば、自分を満たしてくれるような満足させてくれる店舗もあると思います。

そこで、少しでも失敗しない、りらくるの店舗選びが重要になってきます。

その方法として、最も有力なのが、店舗ごとの口コミを確認することが一番大切です。

 

Googleなどで、「地域名 りらくる」などで、検索すれば、だいたいの口コミは把握できると思います。

店舗ごとの口コミを見て、一番評価が良いところを選びましょう。

中には、実際にその店舗に行ったリアルな体験を記事にしてくれている人もいるかもしれませんので、失敗したくない人は、このような事前に調査、確認することをオススメします。

 

それでも万が一失敗してしまった場合は、仕方ありません。

自分に合ったブランドのリラクゼーション店を別で探すのも手です。

実際に行ってみないとわからないこともあるのも事実なので、1つでも不安が消せるような部分があれば、色々調べてから行くようにしましょう。

 

まとめ

このように、りらくるでも多い苦情は、自身の目的と、りらくるの提供している目的の違いからくるもの、運次第のところもあります。

しかしこれは、自分でリラクゼーション店の特徴をよく知り、リスク管理することが大切になります。

痛みなどの症状や治療目的で行ってしまうのは間違い。

日々の疲労のリフレッシュでいくようにしましょう。

 

そして、店舗ごとにスタッフの特徴や色があるので、ネット検索で店舗ごとの口コミを事前に調べてから行くことで、失敗を最小限には抑えましょう。

それでも失敗してしまったときには、他のリラクゼーション店を考えましょう。

お役立ち情報
スポンサーリンク
linoをフォローする
ハピブロ

コメント