【肥満体質の女性心理】普段から必要以上に食べ過ぎる原因と対策

りんごをかじる女性 ファスティング
ファスティングの心得

【記事前に見るとおすすめ!】

YouTube

「産後に激太りする30代~40代は多いようだけど、私は子どもを産む前から肥満体質」

「ダイエットに挑戦してきたけど、どうしても食べ過ぎてしまう」

 

このように、普段から必要以上に食べ過ぎて肥満体質になる女性は少なくありません。

 

痩せたいとは思うものの、いざ断食ダイエットなどに挑戦するとなると、なぜだか億劫に感じてしまい、結局は減量とリバウンドの間を行ったり来たり…。

 

実は、食べ過ぎてしまう肥満体質の女性には、ある心理が働いているのです。

 

このメカニズムを知ることで、今までのダイエットで失敗続きだった原因がわかり、次回以降は確実に痩せられるようになるでしょう。

 

そこで今回は、普段から必要以上に食べ過ぎる原因と対策について解説します。

 

そもそも「食べること」で得られる心理的効果とは

たくさんの野菜

(参考:https://pixabay.com/ja/

 

私たち人間にとって、食べることは生きるために必要不可欠な行動です。

 

健康な肉体を維持するために十分な栄養を摂取するほか、精神の満足度を上げるためにも食事は欠かせません。

 

事実として、食後の人間の脳内ではセロトニン(幸福ホルモン)が分泌するので、心理的に満たされてリラックスするのです。

 

いわゆる「ストレス解消効果」は、食事から得られるといっても過言ではありません。

 

反対に、断食ダイエットなどの過度な食事制限をした場合、セロトニン分泌の妨げとなり、ストレスを感じやすくなってしまいます。

 

【肥満体質の女性心理】普段から必要以上に食べ過ぎる原因

太った女性が歩いている

(参考:https://pixabay.com/ja/

 

「満腹なのに食べ過ぎてしまう」といった悩みをもつ女性は、愛情不足ストレスが原因。

精神的な充足が確保されていれば、普段から必要以上に何かを口にすることはありません。

 

あるいは、栄養バランスが偏っていることが原因で食べ過ぎてしまう場合もあります。

 

体内で必要なビタミン・ミネラル・タンパク質が十分に摂取できていないからこそ、より多くの栄養素を求めて過食気味になってしまうのです。

 

ここでは、普段から食べ過ぎる原因を女性心理に基づいてお伝えします。

 

愛情不足による食べ過ぎ

愛情と食べ過ぎることに何の関係があるのか、と疑問をもつ女性もいることでしょう。

ここで考えたいのは、「人間は身体のどの部分を使って愛情を受け取るのか」ということ。

 

赤ちゃんの頃は、口で母乳を吸って心身を満たしますよね。

大人になってからも、キスをしたり、食事をしたりして精神を愛情で一杯にします。

このように、人が愛情を感じるのは「」なのです。

 

口を使って心身を満たすことを覚えた瞬間から、愛情不足に陥ると、咀嚼の回数を増やすために食べ過ぎるという事象が起きます。

 

これは生理現象に近い行いなので、美意識の高い女性でも、即効性のあるダイエット方法を実践しても減量に結びつかないことがほとんどです。

 

ストレスによる食べ過ぎ

あなたの暴飲暴食が習慣化したのは、いつからでしょうか。

社会人から、子どもを産む前から、ママになってからなど、人によってタイミングは違うかと思います。

 

でもみなさんに共通するのは、「ストレス」が食べ過ぎの原因になっているということです。

人間は、脳内のセロトニン分泌によって幸福感を得ます。

 

しかしながら、ストレスの多い環境下で過ごすほど、セロトニンは減少してしまうのです。

この傾向が顕著にあらわれ始めるのは、30代~40代頃。

また、ストレスによる過食は男性よりも、感情の起伏が激しい女性に多くみられます。

 

栄養バランスの偏りによる食べ過ぎ

普段から必要以上に食べ過ぎる女性は、偏食が原因の場合もあります。

「肉類しか好まない」「脂質の多い献立が多い」など、栄養バランスの悪い食習慣を続けるほど精神的な満足度は下がり、肥満体質から抜け出せなくなるのです。

 

十分過ぎるほど食べても不足した栄養があれば、脳内の満腹中枢が刺激されることはありません。

 

普段から必要以上に食べ過ぎないための対策

女性の横顔

まだまだ女性らしく輝いていたい30代~40代にとって、過食はいち早く対策したいもの。

そのためには、脳内のセロトニン分泌を妨げる要因を減らしていかなければなりません。

 

心のどこかに不満がある、もしくは満たされていないから食べ過ぎるのです。

つまり、脳内でセロトニン分泌が促進されれば過食にならないということになります。

そんな誰もが簡単に始められる過食対策は、下記のとおりです。

 

  1. 好きなものを自由に食べられる日を週に1回つくる
  2. 無添加で栄養価の高いものを摂取する
  3. 手当たり次第に食べるのではなく、本当に食べたいものを厳選する
  4. 有酸素運動をして脳のセロトニン分泌を促進する

 

断食ダイエットで過度な食事制限をするよりも、運動しながら好きなものを食べたほうが、脳内のセロトニン分泌は促進されやすくなります。

自分のペースで無理なく痩せられるように、食事の摂り方を工夫してみましょう。

酵素ドリンク
優光泉

優光泉の商品画像

健康のためファスティングのために愛用されている方が多い酵素ドリンクです。
人気度、コスパ、品質、販売実績、完全返金保証もありの安心する商品!
当ファスティングブログ管理人も愛用。
下記「優光泉」ボタンから公式HPの詳細と購入も可能です。

ベルタ酵素

ベルタ酵素ドリンクの商品画像

こちらもファスティングで使われることの多いベルタ酵素。
商品の品質に関して文句なしですが、販売実績や人気度やコスパを考えておしくも2位。
個人で好みは違うと思うので、自分に合いそうな商品を選ぶのがポイントです。
「ベルタ酵素」ボタンをクリックすると公式HPの詳細や購入が可能です。

NMGF公式酵素Reborn

今後期待の星!
最近、インスタやツイッターで話題沸騰中のファスティング専用酵素商品。
スティックタイプがあり持ち運びが可能でどこでも飲めるのが良いところ。
下記「ファスティング専用酵素<Reborn/リボーン>」ボタンから公式HPの詳細と購入が可能です。

ファスティング
linoをフォローする
ハッピーブログライフ【LINO】

コメント