ファスティング中の外食!準備食や回復食におすすめのお店と食事メニュー紹介

ファスティング中の準備食や回復食でも食べれる外食メニューの画像断食

ファスティング中に、外食しなければならない機会ってありますよね。

仕事や友達や家族からの誘いなら、断りずらい環境にいる人も多いと思います。

 

でも、ファスティング中の準備食や回復食のメニュー選びって大変ですよね。

間違った食事をしてしまえば、健康やダイエット効果も半減してしまうかもしれないし…。

 

ここで外食する上で問題となるのが、カロリーオーバーなどのメニューの選択ミスです。

 

せっかくのファスティング中に、準備食や回復食期間中の外食は慎重にならなければなりません。

頼む料理を間違えれば、今まで頑張ってきたことも水の泡になります。

 

今回は、そんなファスティング準備食や回復食期間中でも外食できるおすすめのお店やメニューをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ファスティングによる準備食と回復食とは

ファスティングを成功させる上では、この準備食や回復食は欠かせない食事ですよね。

まずは、この準備食や回復食について、正しい知識を付けるため解説していきます。

 

準備食

準備食の目的は、胃腸に優しい食事を摂ること。

これは、ファスティングによる急激な血糖値や塩分の低下による体調不良を防ぐことためです。

 

そのため、ビタミン、ミネラル、タンパク質を体内に吸収しやすい状態にします。

余分な脂質を体外へ排出するサイクルを構築してくれやすくしてくれるんです。

 

要するに、ファスティングを効果的に進めていくためには必要な期間なんですよね。

決して、ここの工程を飛ばすことはできない。

 

でも準備食って、どのぐらいの期間やるのか知っていますか?

準備食の期間を決めるときの目安
➀4~7日

ファストフードや外食などが多い人、暴飲暴食してしまう人

➁3~4日

脂物を控えたり、野菜や水分摂取を心がけ、食生活に注意している人

③2~3日

玄米菜食やマクロビオティックを実践してる人

 

普段から食事のバランスが悪い人ほど、4~7日程度は行う必要があるんです。

ここは、覚えておきましょう。

 

回復食

ファスティング後は、絶食したことにより胃腸は休眠状態に入っています。

 

この休眠状態のときに、高カロリーな食事や消化の悪い食事をすると、胃腸に負担がかかります。

中には、胃痛や吐き気などの体調不良に繋がることもあるので気を付けましょう。

 

回復食期間は、おかゆやスープなど胃に優しい食事から摂ることが大切です。

胃腸の働きが戻り次第、少しずつ通常食に戻していきましょう。

 

回復食の期間は、ファスティングをした期間と同じ日数を行うのが一般的とされています。

※例:ファスティング2日行った場合は、回復食も2日行うなど。

 

準備食のこと詳しく知りたい人はこちら

≫≫準備食について

回復食のこと詳しく知りたい人はこちら

≫≫回復食について

準備食期間中の外食!おすすめのお店やメニュー選びの注意点

準備食期間中の食事を外食にするとき知ってほしいことがあります。

それは、なるべくファスティング中にかかる肝臓の負担を軽減するようなメニューを頼むのがポイントです。

 

ファスティング中の肝臓は、

  • 体内の毒素を排出
  • エネルギーやタンパク質を生成

これらの働きが強まるため、普段以上に働きがちです。

 

本来、コレステロール値が高くなりやすい食事が多いのが外食です。

 

これからファスティングをする上で負担のかかりやすい肝臓のためにも、外食で準備食をまかなうなら動物性食品、乳製品、添加物の含まれるメニューが多いお店は避けましょう。

 

外食でも、準備食らしい胃に優しい食事を摂ることを意識することです。

準備食後のファスティングをしやすい身体作りをにしておくためにも!

 

そこで今回おすすめしたいのが、こうした準備食期間でも食べれる料理が多い優秀なレストランチェーンがあります。

 

それは、大戸屋です。

それでは、どんな食事メニューがおすすめなのかまで、ご紹介していきます。

 

ファスティングによる準備食期間中の外食メニュー【大戸屋編】

メニュー(税込価格)おすすめポイント
温蕎麦(480円)コスパ良くカロリーが少ないため選びやすい。

温かいスープなので胃にも優しい。

せいろ蕎麦(480円)コスパが良く、スッキリさっぱりと食べたいときおすすめです。

栄養バランスを整えたいときは、小鉢など頼むとより良いでしょう。

大戸屋風ばくだん丼まぐろ2枚盛り(800円)納豆、おくら、めかぶなどの胃に優しいネバネバ系が中心です。
沖目鯛の醬油麹漬け炭火焼定食(1030円)全体的な栄養のバランスが良い。
塩麹みりん漬け連子鯛の炭火焼定食(1030円)全体的な栄養のバランスが良い。
しまほっけの炭火焼定食(970円)カロリーが計算されている定食で、ご飯も五穀米と食べやすい。
手作り豆腐とじゃこのサラダ(460円)豆腐に含まれるサボニンは、コレステロール値を下げてファスティング効果を高める。
ほうれん草のごま和え(150円)ほうれん草は繊維が少なく胃にやさしいため、準備食に適している。

(海藻と合わせると良い)

手作り豆腐のねばねば小鉢(390円)納豆が含まれる本品は、腸内環境を整える作用が高い。

ファスティング前に、宿便の排出をサポートしてくれるかも。

大豆とひじきの煮物 (150円)ひじきに含まれるミネラルは、ファスティング時に起こる毛髪のパサつきを抑えてくれる。

※メニューや値段は変動する可能性あり

 

このように大戸屋は、栄養バランスがとても良く考えられている食事が多いんですね。

とくに、血中の塩分濃度を正常に保てる外食メニューが豊富なんです。

 

しかし、揚げ物などを使ったメニューも当然あります。

なるべく、そうした脂っぽいものは準備食期間中は避けましょう。

 

準備食期間中に油分や脂質の多い食事を摂ってしまうと、これからファスティングするための適した身体は整いません。

血液がドロドロの状態のまま食事を抜くことは、肝臓に過度な負担をかけてしまうからです。

 

必ず準備食期間中の食事は、外食でも野菜中心や魚などの定食などにすることがおすすめです。

 

また、大戸屋以外のお店に入り何を頼んで良いか分からなくなったら!

ファスティング前の準備食に適しているまごわやさしい食を参考にしましょう。

 

まごはやさしい食一覧
  • 「ま」納豆、豆腐、味噌などの豆類
  • 「ご」ごま、くるみ、銀杏、ナッツなどの種子類
  • 「わ」わかめ、ひじき、のり、昆布などの海藻類
  • 「や」緑黄色を中心とした野菜類
  • 「さ」魚類(特に小型の背青魚類)
  • 「し」椎茸、しいたけ、えのき、なめこなどのキノコ類
  • 「い」じゃがいも、さつまいも、こんにゃくなどのイモ類

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

ファスティング準備食と回復食のおすすめ献立レシピ集!お家で気軽に作れるメニュー公開
胃腸や体に負担をかけないように、ファスティングの前後には「準備食・回復食」が必ず必要です。しかし、献立メニューやレシピに悩んでいる方は多いですよね。今回は、お家で誰でも簡単に作れて美味しく食べれるレシピ、料理をまとめました。

回復食期間中の外食!おすすめのお店とメニュー選びの注意点

回復食期間中に外食する場合は、準備食期間以上にメニュー選びには慎重になる必要があります。

 

先ほども言いましたが、回復食期間はファスティングにより胃腸は休眠状態に入ってます。

ここで高カロリーな食事や消化の悪い食事をすれば、胃腸に負担がかかり体調不良のきっかけになるんですね。

 

また、回復食期間での食事を間違えると問題なのは、体調不良だけでありません。

今までやってきたファスティングの効果を半減する可能性だってあるんです。

 

そのため、回復食期間ってめちゃくちゃ大事な時期なんです。

 

回復食の前半は、おかゆやスープ類などの流動食に近い食事を摂ると良いとされています。

そのため、回復食期間中に外食するなら、固形物を食べ始める回復食期間の中盤から後半ぐらいがベストです。

 

通常食に戻していく途中の段階なので、回復食期間中でも食べられるメニューも増えるのでおすすめです。

 

そこでここからは、回復食期間中の外食におすすめのお店と食事メニューをご紹介します。

使い勝手の良い大手ファミレスの食事の中から、回復食としても食べられるものをピックアップしていきます。

 

ファスティングによる回復食期間中の食事メニュー【ファミレス編】

メニュー(店名/税込価格)おすすめポイント
味噌汁(大戸屋/70円)ファスティング後は塩分が不足しがちです。

発酵食品の味噌汁で補うのが望ましい。

手造り豆腐(大戸屋/200円)柔らかく胃に優しいので選びやすい。
温蕎麦(大戸屋/480円)温かいスープなどの蕎麦は身体に優しい。
20品目の和風スープごはん
(デニーズ/649円)
雑穀、豆類、ごまなどが含まれ、消化によい。

ファスティング後の血糖値の上昇を抑えられる。

ミネストローネスープ(ジョナサン/250円)トマトに含まれるリコピンは美肌に作用し、ファスティング後の肌荒れを改善する。

また、スープは消化によく塩分補給も可能で、回復食におすすめ。

ジョナサンサラダ(ジョナサン/250円)少しずつ固形物の食事に切り替えるときのサイドメニューとして選ぶとおすすめです。
紅ずわい蟹の雑炊膳(ジョナサン/849円)少しずつ固形物を取り入れる時期に選ぶと良いでしょう。
豆腐サラダ(ガスト/268円)豆腐とのりを含む本品は、ファスティング後の塩分の過剰吸収を抑制してくれます。
一日分の野菜のベジ塩タンメン(ガスト/799円)ほうれん草麺になっていて糖質も控えめです。

少しずつ通常食に戻していく時期に適してます。

 

ファスティング中に外食なんて、あまり良くないイメージがありますよね。

もちろん、自分で準備食や回復食に適したものを作って食べるほうが安全です。

 

でも、どうしても人付き合いなどで外食しなければいけない場面もあるでしょう。

しかし意外にも、こうしたカロリーや栄養バランスのあるメニューが豊富なお店も多くなってきているんです。

 

外食でも、準備食や回復食期間中でも食べれるものは探せばあります。

正しいメニュー選びをして、ファスティングの効果を損ねないようにしていきましょう。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

優光泉断食ダイエットの効果や感想!使用方法から購入の流れを解説
ファスティングで使用する酵素ドリンクは何が良いのか迷っていませんか?酵素ドリンクにも添加物が入っているものもあればオーガニックな完全無添加なものまで品質も様々です。そんな中、最もファスティングにもおすすめの優光泉の商品をご紹介したいと思います。

外食30分前!酵素ドリンクを飲むと胃腸の負担を減らせる

ファスティングを効果的に過ごすため、酵素ドリンクや水などを食事30分前に飲んでおくと胃腸の蠕動運動を高めることができます。

外食で食事をするときにも、胃腸の消化や吸収をサポートしてくれるのでおすすめです。

 

ファスティング中にも使用できる酵素ドリンクなら、優光泉が適しています。

 

こうした酵素ドリンクも、使用する商品を間違えれば効果が半減します。

なるべく栄養価の高い信頼できる商品を使用するようにしましょう。

 

まとめ

このように、ファスティングプログラムを実施しているときに外食に行かなければいけない場面もありますよね。

大切な人ほど付き合いも大事だから、断れないこともあるでしょう。

 

もしも、準備食や回復食期間中などに外食することになったときは、今回ご紹介したおすすめのお店や食事メニューを参考にしてみてください。

 

ファスティングの効果を半減しないように気を付けて食事しましょうね。

 

この記事が、少しでも誰かのお役に立てれば嬉しいです。

error:Content is protected !!