妊娠線出来たらコレ!嬉しい声が多いケアクリームとは?

妊娠中の女性の画像お役立ち情報

女性が、妊娠すると悩むのが、妊娠線です。

跡が残ると、見栄えも良くない、肌を出す機会があるときには、「恥ずかしい」なんて気持ちがある方は多いようです。

今回は、そんな妊娠線が出来たら、どうすれば良いのかご紹介します。

 

スポンサーリンク

妊娠線とは

妊娠線は、妊娠による急激な皮膚が伸びてしまうことで出来る皮膚の断裂線のことを言います。

特に、妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、肌も乾燥しやすい時期です。

 

よく妊娠線が現れやすいのは、お腹周り、胸周辺、二の腕、お尻などが多いようです。

妊婦や出産を機に、このような肌に残ってしまう断裂線の跡や、中にはかゆみにまで悩まされてしまう女性は多いんですよね。

 

実際、この妊娠線は一度出来てしまうと、完全に跡が治ることは難しいらしく、誰でも少なからず跡が残ってしまいやすいそうです。

 

妊娠線が出来る時期

妊娠線が出来る時期は、人それぞれ期間は違います。

妊娠初期から出る人もいれば、妊娠後期らへんで現れる人もいるそうです。

 

この妊娠線をどうにかしたいのであれば、いつ出来るかが重要なのではなくて、いつから予防やケアするべきなのかを知ることが、大切となります。

 

ケアするべき時期とは

先ほども話ましたが、妊娠線は一度出てしまうと、完全に跡がなくなることは難しいと言われています。

予防やケアするのであれば、出来れば、妊娠線が出てからではなく、出る可能性がある妊娠初期からこまめにしておくと、オススメのようですよ。

 

1日でも早くから、体のお肌のケアを取り入れておくことで、妊娠線の断裂線も最小限まで抑えることは出来るかもしれませんよ。

やってる人とやってない人では、大きな差が出るでしょう。

 

嬉しい声続出!人気の妊娠線用ケアクリームはコレ!

妊娠線用のケアクリームを手に取っている女性の手元の画像

妊娠線は、一日でも早い対処が大切です。

人は年齢重ねるごとに、肌は衰えていきますよね。

 

当然、妊娠線が出来たら、それをほっとけばほっとくほど、跡は残ってしまいやすくなるということです。

 

一度出来てしまった妊娠線に関しては、完全に良くなることは難しいみたいですが、諦めてしまうのも、もったいないです。

諦める前に、今では妊娠線用のボディクリームも存在します。

 

実際に利用されている方が多く販売実績も高いのは、【ネンネのママミー】です。

 

ネンネのママミーは、オートファジーの働きをサポートする役割があるらしく、これは古い細胞を新しい細胞へ作り出すリサイクルシステムのような働きをなします。

 

このような妊娠線ケアクリームを利用されている方では、良い結果が出ている方も多いので、妊娠線に不安を感じている方は、予防やケア目的の1つとして使用するのも良いと思いますよ。

 

ママミーのメリット・正しい使い方

手にクリームを付けている手元の画像

妊娠線が出来たら、「なぜママミーが良いのか?ママミーの詳しい使い方は?」なんて疑問を持つ方もいるでしょう。

 

ママミーのメリット

  1. 今なら60%OFF(通常7200円税込み→2980円税込み
  2. 送料無料
  3. 定期縛りなし(10日前に連絡すれば解約出来る)
  4. 15日間返金保証あり
  5. 無香料、敏感肌用

 

きっと、誰でも何か商品を買う時は、失敗したくないものですよね。

ママミーは商品の品質にも、こだわりを持っていて安心ですが、何より1回目のお試しな価格で購入出来るのにも関わらず、きちんと15日間の返金保証もあるので、「購入して失敗」なんてリスクが、ほとんどないことですよね。

 

ママミー公式に記載されるオススメの正しい使い方

  1. クリームの使用頻度:朝晩の2回
  2. 使用時期:妊娠初期~(途中からでもOK)
  3. 使用部位:妊娠線が出来やすいところ(お腹周り、胸、腕、お尻など)

 

詳しくは、ママミー購入後されたときに付いてくるマニュアルもあるそうなので、安心です。

使用する際は、必ずマニュアルに沿って自分に合うように使用するようにしましょう。

 

万が一、使用される際は、パッチテスト(アレルギー検査)をすることや、何かあれば専門家にも相談するようにしましょうね。

 

公式はコチラ≫≫【ネンネのママミー】


番外編:自分で出来る妊娠線の予防とケアのやり方とは

  1. 石鹸に気を付ける(泡の立たない油分を落とさないものを使う)
  2. ゴシゴシしない(体は、手で洗うか、柔らかいスポンジを使って洗う)
  3. ぬるめのお湯にゆっくり入る(羊水の温度に近い39度くらいの湯船にゆっくりつかる)
  4. 入浴後のスキンケア(乳液、クリームなど、保湿が大切)

参考:堀産婦人科

 

妊娠線用のクリームを使いながら、少しでも、生活の中でも予防やケアできる方法を取り入れて、1%でも跡が付かないようにすることを、率先して取り組んでみましょう。

出来れば、妊娠線が出来たらケアを始めるのではなく、出来る事前からケアや予防しておきましょう。

お役立ち情報
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐフリーの整体セラピストとして独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング・護身術。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント