妊娠線が薄くなる方法、予防はコレ!いち早い対処がキレイなお腹を保つ!

妊娠中に海を眺めている女性の画像お役立ち情報

女性が妊娠してから気になるのが、妊娠線ですよね。

このシワの跡が気になる妊娠線は、跡として残りやすいので、肌を出すときに恥ずかしいなんて方もいると思います。

今回は、この妊娠線が残らないように、予防やケアするのに便利なものを、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

妊娠線の原因は、皮膚の伸びてしまうから

妊娠線が起こりやすいのは、お腹、脇腹、胸、二の腕、お尻などの皮膚や脂肪が付きやすいところですよね。

これらの部位が、妊娠したことによる急激な皮膚の伸びによって、妊娠線が出やすくなると言われています。

 

医療学的に妊娠線の原因を説明すると、以下のようなメカニズムとなります。

①皮膚の急激な伸びで、皮膚の表皮は伸びるが、真皮や皮下組織の一部のコラーゲン、弾性線維は伸びにくいため、断裂が起こり、赤紫色の線状斑(妊娠線)が現れる。

②妊娠中は副腎皮質ホルモンが増加し、皮膚のターンオーバーが抑制されてコラーゲンの生成が抑えられることにより、弾力を失い皮膚組織に断裂が起こりやすくなる。

引用:福岡薬剤師会

 

妊娠線は、本来は良くならないもの?

ベンチに座る妊婦の画像

医療従事者からの見解によると、妊娠線は基本的には、完全には良くならないとのこと。

腹部妊娠線の発生頻度は初産婦71.6%、経産婦87.6%で、分娩回数が増加するにつれ発生頻度は高く、妊娠線の強さも強くなった報告がある。腹部妊娠線の発生には、分娩年齢、分娩回数、胎児の大きさ、妊婦の体格栄養(体質)等が関与していると言われる。妊娠線は腹部のほか、乳房、上腕、太腿、臀部にもでき、一度できたら完全に元には戻らない。

引用:福岡薬剤師会

 

このように、何もしないで、一度妊娠線が出来てしまうと、良くなることはほとんどないとのことです。

恐らく自分で、日々マッサージぐらいなんてしてても、皮膚自体の組織の問題なので、解消させるのは難しいでしょう。

しかし当然、妊娠線が出来てしまうこと、良くなりにくいからと聞いて、諦めるのも早いと思います。

 

諦めるのは、まだ早い!一日でも早く対処することは大切!

妊娠線は、基本的には完全に予防することは、良くすることは難しいとの話ですが、しかし妊娠線用のケアアイテムは、世の中にはたくさん存在しています。

 

実際に、使用されている方たちは多く、中には嬉しい声もたくさん見られます。

何もしないで諦めるよりは、マシですよね。

 

日々お腹を見ていると諦めたくなる気持ちもわかりますが、妊娠線は時間が経てばたつほど、年齢による老化も重なりますし、更に良くなりずらくなってしまうことも考えられます。

 

当然、予防もケアも何もしなければ、著名に出てくる可能性もありますし、ずっとそのままになってしまうかもしれません。

早い段階から、1日でも早く予防やケアをすることが出来れば、気にならないぐらいにまで抑えることが出来るかもしれませんよ。

 

妊娠線対策は、ケアクリームが一番扱いやすい!

造花とボディケアクリームの画像

妊娠線用のケアクリームがあることをご存知でしょうか?

クリームなので、塗るだけでOKです。

 

当然、継続する必要はありますが、たった塗るだけで、気になる妊娠線の悩みがなくなるかもしれませんよ。

 

将来ずっと、醜い妊娠線をほったらかしにして、完全に対処困難になっていつまでも後悔するような人生や、自分のお腹を見るたびに、「はぁ…」とため息をつくような人は、一度ケアクリームで様子を見ることも良いと思いますよ。

 

何でも、やってみないとわからないものです。

【ポイント】

妊娠線用の予防、ケアクリームとして、利用者が多く販売実績もあるのは、【ネンネのママミー】です。

 

この商品の特徴は、オートファジーという古い細胞を新しい細胞へ作り出すリサイクルシステムをサポートしてくれるものです。

 

オートファジーは、よくファスティングなどの断食の際に出る体にとって良い反応ですよね。

妊娠されている方は、妊娠初期から使用することで、予防のサポートもしてくれるみたいです。

 

公式サイトを見てもらえばわかると思いますが、使用者も多く、製品の品質や安心性は、かなり高いと見えます。

下手に市販の商品を購入するよりも、販売実績のある商品を選ぶことを大切にしましょう。

 

まとめ

このように、妊娠線はしっかり妊娠している最中からケアしておくことで予防にもなることや、または妊娠後でもケアしてみることで変わる人もいます。

 

きっと、諦めているような方もいるかもしれませんが、何もしないで後悔したり、日々自分の体を見て落ち込むなら、一度何か体のためのケアもしてみることを大切にしてみましょう。

お役立ち情報
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐフリーの整体セラピストとして独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング・護身術。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント