褒める言葉の神髄は、相手を理解・受け取り・認めること【褒め星人になれ】

褒め合う上司と部下が手を繋いでいる画像心の話

普段、褒めること、褒められることってありますか?

きっと今の時代、「ほとんどない!」なんていう方も多いですよね。

今回は、この褒める言葉の神髄について、生活・環境を変える褒めるに隠された力と具体的な方法についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

褒める言葉に隠されたすごい力

浜辺に転がっているボールの画像

本来、褒める言葉には相手に、笑顔を与え、希望を与え、自信を与えるような素晴らしい行為です。

そんな褒めた相手が嬉しそうにしている姿をみて、こちらも幸せな気分になれるのも褒める言葉のすごい力です。

 

このように本来は人を褒めるという行為は、お互いが幸せな気分になれる素敵なものなんです。

でも果たして、このような人を褒めるという行為を、お互いが幸せのために使っている方はどれぐらいいるでしょうか?

きっと少ないですよね。

 

みんな褒めるよりも褒められたいのが本音

褒めるよりも褒められたい女性が海を見て悩んでいる画像

あなたは普段の生活の中で、心の底から人を褒めることはありますか?

きっと、上司の機嫌を取るため、お世辞、礼儀として人を褒めることはあっても、心の底から人を褒めることは少なくなっている人は多いのではないでしょうか。

 

本来、褒めたり褒められたりするときって、何かを頑張ったときですよね。

なのにも関わらず、この世の中頑張っている人を、褒められない人って多いものなんです。

理由は、「自分だって褒められたい」から!

 

当然ですよね。

みんな一人一人自分なりに頑張っているはず。

こんなに何かを頑張っているのにも関わらず、普段誰からも褒められることがなければ、人のことを率先して褒めようなんて思えないものです。

 

自分から褒め星人になれ!理想の人生は「褒め上手」から始まる

時空を飛んでいる女性のイメージ画像

普段褒められることがなければ、自分から褒めるよりも褒められたい気持ちのほうが強くなるのもわかります。

しかし、自分から褒め星人になってしまえば、今よりも自分の理想の人生に近づくかもしれませんよ。

 

【褒め星人とは】

「究極の褒め上手になる」ことを言います。

 

褒める言葉のメリットは、何か見返りがあると考えるよりも、人の良いところを気づける人生になれることです。

打って変わって、人のことを褒めない人生というのは、世の中の悪いところばかりに意識が傾いて生きてしまいやすいことです!

 

当然、悪いところばかり見えてしまう生活のほうが、不満ばかりが増えて苦しくなっていくのも当たり前です。

なので、世の中への不満が多く心の余裕がなくなってしまっている方ほど、褒め星人になってみましょう。

 

相手の良いところを見つけ褒めてみることが出来るようになると、生活の中で不満が減ったり、自然と自分も褒められることが増えたりと、環境に何か良い変化が出てくるかもしれませんよ。

 

褒めるの神髄は、相手を理解・受け入れ・認めること!

夕焼けの中手を繋いでいる男女の画像

「人の良いところばかり見れる幸せな人生、褒め星人になろう」なんて言いましたが…。

日本人というのは、謙虚な人が多いものです。

 

世の中には、この褒め星人(褒め上手な人)が少ないので、褒められ慣れていない人が多すぎます。

こちらが相手の良いところを褒めることが出来ても、「どうせお世辞でしょ」と素直にこちらの褒め言葉を受け取れない人は多いんですよね。

 

きっと自分にも、普段身に覚えのある方もいるんではないでしょうか?

そんな褒められた言葉を素直に受け取れない人に対して、こちらの言葉を素直に受け取ってもらえるポイントをご紹介します。

 

【素直じゃない相手を褒めるときのポイント】

相手の良いところだけでなく悪いところも、理解、受けとめ、認めることです。

 

世の中の人のほとんどは、自分に自信がない人が多い。

要するに、「自分を理解してほしい、どんな自分も受け入れてほしい」と求めている人は多いのです。

 

あなたも自分の良いところを褒められるだけよりも、自分のダメなところも理解してくれて、受け入れてくれる方が嬉しくないですか?

実は、このような相手の良いところだけでなく悪いところまで、理解すること、受け入れること、認めることは、相手にとっての最高の褒め言葉になるのです。

 

褒め言葉は返って相手に気を遣わせる!褒めるよりも共感が先!
相手を褒めるという行為、褒め言葉ってとても素晴らしいことですよね。 でも実は日本人にとっては、この褒め言葉は返って...

まとめ

このように、今の時代は頑張っていても褒められない時代です。

皆それぞれで、人のことを褒めているほどの余裕なんてないのです。

 

でも褒められたい気持ちが上回るのは仕方ありませんが、待っていても褒められません。

今の環境を変えるには、自分から人の良いところを見つけて褒めていく習慣、褒め星人になってしまうことです。

 

人の良いところを見つけられる人生というのは、生活の中での不満も減っていき幸福感が増えること、自然と褒められることも増えていきます。

世の中には、褒められ慣れていない人も多いので、素直にこちらの言葉を受け取ってもらえないことがあれば、そんなときは相手の悪いところを理解・受け入れ・認めてあげるようにしましょう。

 

この記事が、素晴らしい人生になるきっかけになれたら幸いです。

心の話
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント