プチ断食ヨーグルトは正しいやり方を知らないと痩せない!準備食と回復食が成功する鍵

本を読んでいる女性の画像 ファスティング

プチ断食にヨーグルトか。

名前を聞いただけで、いかにも「健康や美容に良さそう、ダイエットに良さそう」な匂いがプンプンしますね。

 

乳酸菌が「体に良い」と覚えさせられた私たちにとってヨーグルトは健康食品のひとつですよね。

そんなヨーグルトを使った人気のプチ断食法です。

 

でもただ「ヨーグルトだけを食べていれば痩せる!健康になる!」なんて思っているなら大間違い。

効果的に、プチ断食にヨーグルトを取り入れる成功するために必要なやり方を今回はご紹介します。

 

スポンサーリンク

プチ断食ヨーグルトのやり方は

ヨーグルトの画像

一般的に言われているプチ断食のやり方
  • 朝食、昼食、夕食をヨーグルトに置き換える(1食100~120g程度)
  • 野菜ジュースや炭酸水で別で水分もしっかり摂る(目安は一日で2ℓほど飲む)

 

通常このやり方で実践されている方が多いようです。

しかし、果たして本当にこれだけでいいのか?

 

食事を抜いてヨーグルトと野菜ジュース炭酸水だけ飲んでプチ断食してるだけでは、きっと健康のためにもダイエットのためにもうまくいきません。

 

例え痩せることが出来ても、すぐにリバウンドするのがオチです。

 

プチ断食ヨーグルト前の準備食が体の負担を抑える

玄米や煮物などの健康食の画像

プチ断食といえど、食事を抜くからには「断食の基本的なルール」を忘れてはいけません。

 

本来、断食を行う前には急激に食事量を減らしても体に負担がかからないように、事前に準備食というものを食べて生活します。

 

準備食とは、胃にやさしい健康的な食事をして少しずつ食事量を減らしていくことで、断食しても体に負担がかからないようにする胃腸を慣らしていく時期です。

 

体や胃腸に負担が強ければ、せっかく断食してヨーグルトを食べていても効果が半減してしまいますよね。

 

この準備食を飛ばしてプチ断食を行えば、急激な塩分や血糖値の減少による体調不良や好転反応(頭痛や吐き気など)の原因にも繋がります。

 

プチ断食を行う何日か前に、この準備食を行っていくことで胃腸や体への負担を最小限にすることで、より効果的になおかつ安全に取り組める環境に整えてから行いましょうね。

 

準備食はどれぐらいの期間行えばいいの?

準備食の期間を決める目安
  • 4〜7日:ファストフード食・外食などが多く、暴飲暴食してしまう人
  • 3〜4日:脂物を控えたり、野菜・水分摂取を心がけ、食生活に注意している人
  • 2〜3日:「玄米菜食」「マクロビオティック」を実践してる人

 

なかなか、普段から玄米菜食やマクロビしているような健康的な人で、プチ断食ヨーグルトを行おうとする人なんていないでしょうが。(笑)

 

普段栄養バランスがある程度整っている人は、3~4日。

暴飲暴食が多い方や食事のバランスが偏っている方は4日~7日程度が、本来断食する前には必要。

 

プチ断食する前には、この準備食を極力出来る人は行いましょう。

 

準備食は何を食べればいいの?

栄養バランスが整った理想の日本人の食事でもある「まごはやさしい食」がオススメです。

 

まごはやさしい食の食材一覧
  • 「ま」・・・納豆、豆腐、味噌などの豆類
  • 「ご」・・・ごま、くるみ、銀杏、ナッツなどの種子類
  • 「わ」・・・わかめ、ひじき、のり、昆布などの海藻類
  • 「や」・・・緑黄色を中心とした野菜類
  • 「さ」・・・魚類(特に小型の背青魚類)
  • 「し」・・・椎茸、しいたけ、えのき、なめこなどのキノコ類
  • 「い」・・・じゃがいも、さつまいも、こんにゃくなどのイモ類

 

私は、玄米、味噌汁をベースに、魚、納豆、豆腐、めかぶ、かぼちゃ、里芋、ジャガイモ料理など、その他に野菜中心の鍋なんかも食べてます。

 

プチ断食ヨーグルト後の回復食がリバウンドを防ぐ

お粥と七草の画像

ヨーグルトによるプチ断食生活が終わって、気が緩む人は結構多いですよね。

しかし、ここで「終わったー!よしっ焼肉だー!」なんてことしたら、リバウンドの道へまっしぐらです。

 

プチ断食後は、食事による栄養から断っていたため胃腸も休眠状態でなおかつ飢えている状態です。

なので、食事に対して胃腸の吸収力は現在高まっているけど胃腸の働きは弱い状態なんですね。

 

そんな状態のときに、脂たっぷりの焼き肉や砂糖たっぷりのケーキを食べたらどうなるかは、なんとなくでもイメージできますよね。

最悪の場合、胃痛や急激な血糖値の上昇で体調も悪くなってしまいます。

 

せっかく食事をヨーグルトだけに我慢して過ごしたことで、勝ち取った痩せた体やダイエットの結果は、維持したいですよね。

そんなリバウンドさせない方法が、回復食なんです。

 

回復食とは、ヨーグルトなどでプチ断食したことで、飢えていて尚且つ休眠状態の胃腸の働きを少しずつ通常運転に戻していくための期間です。

 

お粥や味噌汁、スープ類などの胃にやさしい食事から摂り始め、少しずつ通常食に戻していきます。

 

回復食の期間は、ヨーグルトで断食した日数と同じぐらいを目安に最低でも行いましょう。

 

野菜ジュースより酵素ドリンクのが栄養価値が高くオススメ!

優光泉の商品画像

プチ断食にヨーグルトだけでは、栄養も不足がちになってしまいますよね。

 

その栄養対策のために、野菜ジュースをプラスで飲む人が多いみたいですが、あまりおすすめしません。

 

市販で売られているような野菜ジュースは、

  • 栄養価値が低い
  • 添加物などが含まれている
  • 糖質などが多くカロリーが高い

などのデメリットがあります。

 

これでは、体のデトックスを目的として健康やダイエットを目指す断食には逆効果ですよね。

断食に使用されることが多いのは、野菜ジュースではなく酵素ドリンクです。

 

栄養価値の高い酵素ドリンクを使用することで、プチ断食も効果的に取り組むことが出来ます。

 

酵素ドリンクは、商品によってヨーグルトと割って飲むことも出来るので、最後まで飽きずにプチ断食を過ごせるのも良いところです。

 

ただしデメリットもあります。

酵素ドリンクは野菜ジュースよりも費用がかかります。

 

市販で売っているような酵素ドリンクであれば安く手に入ることも多いですが、安いものには添加物が入っているものや高カロリーなものがほとんどです。

それでは野菜ジュースと変わりありませんよね。

 

少し費用はかさんでしまうしまうデメリットはあるかもしれませんが、栄養価値のある完全無添加で低カロリーの酵素ドリンクを使用するようにしましょう。

 

あなたが、プチ断食ヨーグルトをする目的はきっと健康のため美容のためダイエットのためでしょう。

なら、より体にとっても安全に効果的に実践することを考えてくださいね。

 

断食でも使用されることが多い酵素ドリンクは下記関連記事にて

酵素ドリンク優光泉!断食ダイエットの効果や感想~使用方法から購入の流れまで【保存版】
ファスティングで使用する酵素ドリンクは何が良いのか迷っていませんか?酵素ドリンクにも添加物が入っているものもあればオーガニックな完全無添加なものまで品質も様々です。そんな中、最もファスティングにもおすすめの商品をご紹介したいと思います。

\断食必須アイテム・販売実績100万本/
公式HP≫≫酵素ドリンク「優光泉」

※特典・割引キャンペーンなどは、公式HPから必ず変更がないかご確認ください。

ファスティング
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー画像

応援お願いします。
ハピブロ

コメント