プチ断食1日でも効果あるの?やり方次第で失敗する人続出!

体重計に乗っている脚の画像ファスティング

よく名前を聞くプチ断食ですが、「取り組みやすくて痩せる」と女性に人気の健康ダイエット法です。

 

しかし断食って聞くと、

「ちょっと怖いな」

「断食なら1日ぐらいなら頑張れそうなんだけど。でも1日じゃ効果ないよね?」

なんて思う女性も多いんではないでしょうか?

 

確かに、出来ることなら1日ぐらいしか行わないプチ断食で、痩せたいものですよね。

 

今回は、そんな1日でもしっかり痩せるための正しいプチ断食法のやり方を、私なりにまとめてみました。

ひとつの参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

プチ断食たった1日でも効果はあるの?

お粥の画像

プチ断食を1日だけでも健康やダイエットの効果はあるのか?気になりますよね。

結論から言えば、やり方次第です。

 

まず、プチ断食1日を行うのには、最低でも合計3日間は必要なことを知っておきましょう。

「え?1日なのに3日?どういうこと?」って思う方もいますよね。

 

断食をするには、実は3つの期間を過ごすのが一般的なのです。

 

断食するにあたって必要な3つの期間とは
➀準備食期間

いきなり断食して胃がびっくりしないように、事前に健康的な食事を摂り少しずつ食事量を減らして過ごす期間

 

➁断食期間

食事を抜き酵素ドリンクや水のみで過ごす

 

③回復食期間

お粥や味噌汁、スープ類などの胃にやさしい食事から少しずつ通常食に戻し休眠状態の胃腸を戻していく期間

 

このように、3つの期間を正しく過ごすことが出来ればプチ断食1日でも痩せることは出来るのです。

 

プチ断食1日がオススメな人は

  • 普段忙しいけど、健康やダイエットには興味がある人
  • 何日も食事を摂らないようなファスティングはいきなりは怖くて出来ない人
  • 定期的に気軽に断食を行いたい人
  • 最近食べ過ぎて、胃腸を一旦スッキリしたい人

 

プチ断食1日でも期待できる効果は

食事している女性の画像

➀胃腸を整える

断食は、一定の時間胃腸に食べ物を入れないことで、内臓をゆっくり休めさせることが出来ます。

そうすることで胃腸や内臓の活動力をまた高めることで、健康的な体を目指せます。

 

➁デトックス

私たちは、普段口にしているものには添加物やカロリーが高いものには糖分脂質が多く含まれています。これらは、徐々に体の中に毒素や老廃物として溜まっていきます。

そのような溜まった毒素や老廃物を断食することで排出させやすい環境に整えデトックスする効果が期待できるのです。

 

③ダイエット

断食による食事を抜くことで、カロリーを大幅にカットすることや胃にやさしい食事やバランスの整った食事をすることで体重が落ちます。

そして、体内のデトックスや胃腸を整うことで、太りにくく痩せやすい体質にも期待できるのです。

 

④健康への意識が改めて考えられる

断食することで、食べ物のありがたみっていうのがとてもわかります。

ごはんの甘みや味噌汁の濃厚な味ひとつひとつ堪能することで、普段自身がどれだけ食べ過ぎていたのか体に負担をかけていたのか知ること実感できます。

今後の食べ過ぎ防止する意欲が湧くのが、断食本来の目的でもあるんではないかと私は思うのです。

 

プチ断食1日の正しいやり方と効果

牛の被り物をしてる人が講義している画像

現在は、プチ断食でもヨーグルトやプロテインなど使った断食も出てきていますが、

今回は一番主流の酵素ドリンクを使ったプチ断食を説明していきますね。

 

プチ断食を1日に設定して行うなら以下で行おう。

  • 準備食1日
  • 断食1日
  • 回復食1日

しかし普段、食事の栄養バランスが悪い人は、本来なら準備食を4~5日程度行うほうが良いです。

 

準備食の過ごし方と注意点

  1. 準備食当日の朝食・昼食は、玄米や味噌汁や煮物お魚程度のシンプルな健康的な食事を摂りましょう。
  2. 夕食に関しては、翌日からの断食に向けて、お粥や味噌汁にして塩分も控えめにしておくとベスト。
  3. 食事30分前に酵素ドリンクやお水をしっかり飲んでおくと胃腸の消化酵素の働きを助けます。
  4. 食事中、食後2時間程度は消化酵素の働きを邪魔するので水分は摂らないほうが良い。

 

急激な塩分の低下は、頭痛などの原因に繋がることがあるため。

 

断食の過ごし方と注意点

こまめに酵素ドリンクや水などを飲んで1日2~2.5ℓ程度を目安に飲むことで、体がデトックスする力を効果的に働かすことが出来ます。

熱い温度の長風呂は脱水を招きやすいので断食中はしないほうが良い。

 

回復食の過ごし方と注意点

  1. 朝は、お粥や味噌汁、スープ類などの胃にやさしいものを食べよう
  2. 昼食から少しずつ野菜たっぷりのスープや鍋などオススメ
  3. 夕食は、玄米に味噌汁、かぼちゃの煮物など通常食に近いおかずを取り入れてみよう
  4. 食事前30分前に、準備食同様に酵素ドリンクや水など水分をしっかり摂ろう
  5. 回復食では、魚などの食材は避けましょう

 

プチ断食をより効果的にするポイント

木製のフォークとスプーンの画像

少し意識することを増やすだけで、断食の効果にも差が出ることがほとんど。

1日と短い断食だからこそ、より効果的に結果を出したいものですよね。

 

そこで、3つの期間で以下2つのポイントを意識することで、より断食を効果的に取り組むことが出来ます。

 

食事はよく噛むことで「ひみこのはがいぜ効果」

食事をよく噛むことで、以下の8つの健康的な効果が期待できると言われています。

頭文字を取った、「ひみこのはがいぜ」と覚えると良いらしいですよ。

 

  1. 肥満を防ぐ
  2. 味覚の発達
  3. 言葉の発音がはっきり
  4. 脳の発達
  5. がんを防ぐ
  6. 歯の病気を防ぐ
  7. 胃腸の働きを促進する
  8. 全身の体力向上

 

使用する酵素ドリンクは栄養価値のあるもの

酵素ドリンクはプチ断食中の、栄養補給やデトックスする活動を高めるための大事な役割を持ちますが、商品によっては効果が半減してしまうこともあります。

 

今では、種類も多い酵素ドリンクですが中には添加物が入っているものカロリーが高いものも存在します。

そのような商品では、体のデトックスを考えるプチ断食では、不向きですよね。

 

出来るだけ体のためにも、プチ断食1日という短い期間の中で効果的に結果を出すためにも、より品質の良い酵素ドリンクを使用する必要がどうしてもありますよね。

 

断食に使用されることが多く人気の商品は、記事後半にランキング形式で紹介していますので参考までにどうぞ確認してみてください。

 

まとめ

プチ断食を1日というと、とてもシンプルで取り組みやすいために私は良いと思います。

でも期間が短くシンプルだからこそ、効果的に進めなかれば思っているような結果が出ないことも結構多いんですね。

 

せっかく頑張って挑戦するなら、今回お教えしている内容やポイントを掴みながら行うだけでも随分と違うかもしれません。

是非ひとつの参考になればと思います。

ファスティング
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー

応援お願いします。
ハピブロ

コメント