華がある人に共通する3つの特徴と行動に学ぶ心理学!

華がある人の脚を組んでいる女性の画像心の話

華がある人は、男性にも女性にもいますよね。

まるで舞台俳優のような圧倒的なオーラを持ち、見る側はすぐに魅了されてしまいます。

 

実は、いくつかの心理学の知識さえあれば、あなたも今日から華がある人になれるのです。

自分の性格を分析しつつ、華がある人に近づくために何をすればいいのか。

そして、華がある人になることで、恋愛や仕事にどう活きるのか。

 

この記事では、「華がある人に共通する3つの特徴と行動に学ぶ心理学」をお送りします。

  • プライベート/仕事が充実しない男女
  • 自分の性格や雰囲気にコンプレックスを持っている人

上記に当てはまる人は必見です!

 

スポンサーリンク

華がある人に共通する3つの特徴

防止を被った白ワンピースの女性の画像

まずは、華がある人に共通する3つの特徴を見ていきましょう。

知り合う人すべてに影響力を与えられるような華がある人に近づくためには、この特徴を真似てみるのがおすすめですよ。

 

姿勢がよく、おでこを見せている

華がある人は姿勢がよく、おでこを見せているという特徴があります。

誰かと対面する時、猫背で顔が隠れるほど前髪が伸びていたら悪印象ですよね…?

人に与える心理的な印象を理解し、自分が最も明るく見えるような見た目をキープすれば、あなたも一気に華がある人に近づくのです。

 

自分を持っている/人目を気にしない

自分を持っていて人目を気にしないのも、華がある人に共通する特徴です。

「前に倣え」という風習が色濃く残っている日本では、何となく自分を持つのが悪いことのように感じる人が多いのではないでしょうか?

 

その結果、必要以上に人目を気にしてしまい、自分の個性を出せなくなる人もいます。

一方、華がある人は自然体の自分でいることを重視するので、その他大勢から見ると独特の雰囲気を持っているように感じる場合が多いのです。

 

仕草が洗練されている

華がある人は、仕草が洗練されている特徴を持ちます。

それも1、2日で身につくような仕草ではありません。

 

例えば、髪の毛をかき上げる時もすごく自然で嫌みではないのです。

「たった今習得しました!」というような仕草ではなく、時間をかけて培ってきた仕草だからこそ華があるのでしょう。

 

「自分が気持ち悪い」なんて思うのは本心や本音じゃない!
自信がなくて、「自分のことを気持ち悪い…嫌い」なんて言ってしまう人、思ってしまう人っているはず。 でも、本当にその...

華がある人が必ず意識している3つの行動

女性2人男性2人で話し合っている画像

ここでは、華がある人が必ず意識している3つの行動をお伝えします。

前の章では、華がある人の特徴を真似るべきだとオススメしました。

 

ただ、あなたの目指す華がある人の特徴を真似るには、華がある人が意識している行動もチェックしておかなければいけません。

  • どういうことを意識して行動しているのか?
  • なぜ、その行動を取るのか?

 

上記2点を知らなければ、特徴を真似ても本当に華がある人にはなれませんよね。

早速、華がある人が必ず意識している3つの行動を見ていきましょう。

 

積極的にコミュニケーションを取りに行く

華がある人は、積極的にコミュニケーションを取りに行きます。

新しい輪の中に飛び込むこともためらいません。

その中で、新しい価値観を得る・今までにないタイプの仲間を作ることは、華がある人にとって何よりの楽しみだからです。

 

積極的にコミュニケーションを取りに行くほど自分のオーラが磨かれるのだと、華のある人は潜在的に知っているのでしょう。

 

オン・オフの切替えを忘れない

華がある人が必ず意識している行動は、オン・オフを切り替えることです。

疲れ顔で誰かと会うのは避け、元気な時にだけ外出すれば、「誰から見ても華がある人」と認められますよね。

 

落ち着いた話し方をする

男女問わず華がある人は、落ち着いた話し方を心がけています。

どんなに急いでいても聞き上手でいるため、相手に優雅な印象を与えるのです。

 

落ち着いた話し方は、「気品」を育てることにもつながります。

華がある人に近づきたければ、焦らずゆっくり話すようにしたいものですね。

 

華がある人になるために覚えておきたい心理学はこれ!

華がある人になるために覚えておきたい心理学は、「メラビアンの法則」です。

あなたは、人の第一印象が見た目だけで55パーセントも決まることを知っていますか?

 

《メラビアンの法則》

上記の枠内を見ると、声や話の内容がどんなに良くても、見た目が悪ければ好印象を持たれにくいことがわかりますよね。

つまり、見た目の優美さを備えた「華がある人」にならない限り、あなたの理想とする人間関係は成り立たない可能性があるのです。

 

華がある人になる根底の意味は、自分に自信をつけて理想の人付き合いをしていくことにあるのではないでしょうか。

筆者も過去に、恋愛や仕事など様々な面で苦労した経験があります。そんな時でも頑なにコミュニケーションを拒み、華がある人とは程遠いインドア生活を送っていたのです。

 

でも、自分が変わらなければ人生を変えられません。

1歩踏み出す勇気を持って華がある人になれたら、こんな良いことがあります。

  • 恋愛面:タイプの異性からアプローチされて簡単に付き合えるようになる
  • 仕事面:上司、同僚、部下とのコミュニケーションが取りやすくなる

自分を嫌いになり、他人と関わることが億劫になる前に、華がある人を目指しましょう。

 

自分を愛する方法を知る前に、愛せない原因に気づく方が一番大切!
「自分のことを好きになれる?愛せる?」と聞いて、「はい」と答えられる人なんてほとんどいないですよね。 自分を愛せる...
心の話
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体サロンを独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント