パートを辞める理由の嘘ベスト3!超使える言い出しやすい事情を選抜

パートを辞める理由をパソコンで調べている女性のイラスト画像人間関係

「パートを辞める理由で、嘘でも言い出しやすい事情とかないかな?」

意外にも、こういった悩みを持っている人って多いんですよね。

 

仕事って辞めるのたった一言が言いにくいもんですよね。

 

人手が足りてない忙しいときだし、色々お世話にもなったしなど、何かしら辞めるを言い出しにくくなる理由があるはずです。

 

そこで今回は、嘘でも当たり障りない仕事を辞めれる理由を用意しました。

一つの参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

パートを辞めると言いずらい人ならではの悩み

パートを辞めたいと思っていても、なかなか辞めるを言えずにいる人も多いかと思います。

なんで、こんなにも仕事を辞めることって言い出すのに勇気がいるんですかね。

 

不思議ですよね。

 

しかしながら、こんな理由で辞めたいと言えないこともありませんか?

  • 始めたばかりだと辞めると言いにくい。
  • 人手不足だと罪悪感から辞めにくい。
  • 忙しい職場ほど言いずらい。
  • 人間関係が問題だとなんて言っていいか分からない。
  • 辞める理由がハッキリしない。
  • 何か言われないか、怒られないか不安。
  • 自分勝手など、陰口を言われないか怖い。

これ、あるあるですよね。

 

これらの内容すべて、心理的に見ると背景にはある特徴があるんです。

それは、自分の評価と恐怖と不安です。

 

人は誰でも、人からの評価を気にしますよね。

 

周りからどう思われているのか、どう思われると嫌なのか、日々気にしながら生きている人もいるんじゃないでしょうか。

 

こういった人からの評価を気にする人ほど、パートを辞めること一つにもなかなか勇気が出ないんです。

 

そりゃ不安でしょうし、怖いですよね。

もしも、辞めるなんて言ったら、上司や社員に何て言われるか…。

 

パート先の人たちにどう思われてしまうのか…。

みんなに迷惑をかけるかもしれないし、印象が悪くなってしまうかもしれない…。

 

こうやって、悪い方向にいちいち考えてしまう人も多いかと思います。

でも、本来そんなこと考えなくていいんですよね。

 

だって、仕事を辞めるなんて、誰でも一度は考えることじゃないですか。

実際に、辞める人なんて腐るほどいるわけです。

 

何より、自分の考えすぎなことも多いこともあるかもしれません。

意外にも、辞めると言ってみたら、スムーズに了解してくれるかもしれない。

 

何が重要なのかというと、人の評価よりも、〝自分がどうしたいのか〟を優先して生きていくことが大切なんです。

 

そうしないと、いつまで経っても人からのジャッジの中でしか、自分が生きられなくなってしまう。

 

そんな生き方は、凄い窮屈ですよね。

人のためだけに自分たちは生まれてきたわけではありません。

 

自分のために生きていくこと、そして人のためにも生きていくこと。

このことを忘れずにいられれば、パートを辞めるなんて行動もすぐに言い出せるようになります。

 

とはいえ、すぐには今までしてきた思考を変えられるわけないですよね。

 

そんなとき、パートを辞めると言い出せない人のためにも、仕事を辞める退職理由として言い出しやすいおすすめな嘘をベスト3でご紹介します。

 

パートを辞める理由の嘘ベスト3!超使える言い出しやすい事柄

それでは、なかなかパートを辞める理由が思いつかない人のために、嘘でも超使える言い出しやすい事情をベスト3で用意しました。

 

もしも、自分に合う言い出しやすいものがあれば、仕事を辞める理由の一つの参考にしてみてください。

 

第3位 夫または妻の転勤が決まり引っ越すことになった

引っ越しほど、引き止めることもできないものは他にないですよね。

スムーズに退職を了承してくれると思います。

 

しかし、いきなり引っ越すから辞めると言うのも嘘くさいです。

パートナー(夫妻・彼氏彼女)の転勤が決まってしまってと言うほうが、現実味があるでしょう。

 

ただし、引っ越しを理由にしてしまうと、パートの勤務先によっては今後の利用ができなくなってしまうかもしれません。

例えば、コンビニやスーパーなどね。

 

転勤と言って辞めておきながら、パートしていたコンビニやスーパーを利用していたら、引っ越していないことがバレてしまいますからねw

 

もしも、辞める予定のパート先がプライベートでも今後も利用していきたい場所なら、引っ越しを理由にするのは避けましょう。

 

「一時的に実家に帰省しなければならなくなった!」などの理由に切り替えるのも良いでしょう。

 

第2位 体調不良で仕事をするのが困難になった

これは、リアルな話です。

体調不良で仕事を辞める人は、今の時代は多いもんです。

 

体調というシビアな問題なため、相手も無理には引き止めたりはしないでしょう。

 

しかも、体調不良の場合ですと、「体調が治って戻りたくなくなったら、いつでも戻ってきていいからね!」なんて言ってくれるような場所もあります。

 

今後パート先の職探しに困ったときに、いつでも戻って働ける場所があるのは気分も楽ですよね。

 

第1位 実家(親戚)の仕事を手伝うことになった

これは、まだ始めたばかりのパート先でも、長く勤務してきたパート先でも使える嘘です。

実家や親戚の仕事を手伝うことになったなんて、急用としてもありえる話ですよね。

 

とても使い勝手が良い嘘でしょう。

 

よく辞める理由によっては、「次の働く場所は決まっているの?」なんてお決まりの引き止める言葉を言われてしまいますが、この嘘ならそれを回避できます。

 

もしも、辞める理由が見当たらないとき、今すぐにでもパートを辞めたいときは、この嘘も一つの参考にしてみてください。

 

仕事を辞めたいなら、どんな手でも使え!

そもそも、パートを辞めるという言葉を言い出せない…。

そんな勇気が出ない人もいるでしょう。

 

しかし、辞める勇気を出せなかったら、永遠と我慢し続けて今のパートを続けていかなければなりません。

 

もしも、パート先に不満がありストレスを理由で辞めようとしている人なら、これ以上我慢して働いていたら、いつか体調を崩してしまうかもしれませんよね。

 

それじゃ、意味がありません。

どんな手を使ってでも、自分の身は自分で守るしかありません。

 

それは、人を頼るということも一つの手なんです。

その一つとして、今話題になっているのが退職代行です。

 

いわゆる、自分の代わりに退職手続きをしてくれる業者のこと。

この退職代行を使えば、自分は一度もパート先とは関わらずに辞めることができます。

 

退職代行を利用するときには、無名や実績の少ない業者はあまりおすすめしません。

業者選びには、失敗しないように気を付けましょう。

安心できる業者でおすすめはこちら⇒【退職代行ガーディアン】

 

ある意味、嘘ついて仕事を辞めるよりも簡単です。

辞めると言い出す勇気もいりませんし、どんなやり方でも辞めれるなら自分のためになります。

 

「よく退職代行なんて使うなんて社会人としてありえない!」なんて言う人がいますが、普通に考えてそんなことありません。

 

世の中には、自分が思っている以上に辞めると言えずに仕事が辞められない人は多いんです。

そして、無理して仕事を続けて体調を崩して後悔してしまう人も多いのも事実です…。

 

だから、「退職代行を使って良かった!」と言う人もたくさんいるんですよ。

 

一番大切なのは、周りからの意見や世間一般のルールよりも、自分の人生です。

そして、自分の身体や心を守ることも大切です。

 

いらない人の価値観を鵜呑みにしすぎるのもよくない。

 

自分が、本当に言い出せずに辛い思いをするくらいなら、悩まずに退職代行を使って、人に頼ってみましょう。

 

それが結果的に、自分のためになるんですから。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

仕事がいっぱいいっぱいで泣くのは限界の合図!正しい道に切り替える方法
仕事を精一杯に頑張ることは素晴らしいことです。 でも、いっぱいいっぱいになって泣くほどまでに自分を追い詰めるのはおかしな話なんです。 気持ちが我慢の限界を感じたら、正しい道に進めるように軌道修正することが重要です。 ...

まとめ

このように、パートでも辞めると言い出せずにいる人って多いもんなんです。

 

辞めると言ったら、何を言われるか、どんな風に思われてしまうか、自分の評価や不安や恐怖もありますよね。

 

でも、大丈夫。

自分が思っている以上に、人は理解してくれることもあります。

 

また、何より自分の気持ちを優先することって、人生においては必要なんです。

 

もしも、辞める理由がハッキリしないなら、今回の辞める理由として言い出しやすい嘘を一つの参考にしてみてください。

 

それでも、勇気を出せないなら退職代行に相談してでも、今の環境から解放されることを優先してみましょう。

 

利用して良かったとなるはずですし、後悔はしないはずですよ。

人間関係仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!