パチンコあほらしいと悟った瞬間!どん底寸前だった自分が辞めた理由

パチンコギャンブルにハマり負けた男性が外で寝そべっている画像パチスロ話

私も、20代前半などの若い頃は、パチンカスと言われてしまうような時代がありました。

あれだけギャンブルにハマっていた自分でも、「パチンコってあほらしいな…」と悟った瞬間が何度もありました。

 

スポンサーリンク

【元パチンカスが暴露】パチンコがあほらしいと悟った瞬間

自分は、学生時代のころは、週4ぐらいパチンコやスロットに通っていたいわゆるパチンカスです。

これだけ行っていると、色々な経験をします。

中にはさすがに、あほらしく感じた場面ってのもあったんですよね。

そんなパチンコにハマっていた自分が、あほらしいと悟ってしまった瞬間をお教えします。

 

一日で10万以上の飲まれた瞬間

パチンコ行って負けるときは、だいだい平均2万~3万円ぐらいです。

でも稀に、負けすぎてどうでもよくなると、5万円近く使ってしまうこともしばしばありました。

 

しかし、人生での最高負け額は、10万円です。

さすがに、この一日で10万円も飛んだときは、「パチンコなんてあほらしいわ」と思いましたね。

あの頃のバカな自分を殴ってやりたいですよw

 

負けた帰り道に一生懸命に働いている人を見たとき

自分がパチンコをやっているときって、まだ専門学生だったこともあり、「まだ学生だし」みたいなノリでした。

だからか、人生にも余裕があったんですよね。

 

そんな環境にいても、パチンコに負けた帰りにイライラしているときに、一生懸命働いている人を見かけると、「何やってんだオレ…」なんて劣等感に襲われることもありました。

 

こういった感情から、ギャンブルやめようと思ったことは何度かありましたね。

まぁ、これだけのきっかけでは結果辞めれていなかったですがw

 

夢に向かって頑張る姿の感動的な映画を観たとき

感動的な映画を観たときって、心が洗われる感じしますよね。

自分みたいなお金のためだけにパチンコやっていたような、心が汚れたパチンカス時代のときほど、心が洗われる映画を観たときの感動は絶大でした。

 

夢に向かって頑張るような映画を観たときほど、「パチンコなんてやってる場合じゃないよな」と思うことが何度もありましたね。

現実に向き合おうみたいな感覚ですかね。

 

あのまま続けていたら借金生活もありえた話

パチンコって別に悪いものじゃありませんよね。

正しく楽しくできる範囲内で、娯楽で行えばとても良いものだと思います。

 

一番怖いのは、現実から逃げて、お金を増やそう増やそうと縛られながら行うと、どんどん依存していきます。

なんでもギャンブルに刺激を求めるようになると、お金も破産していくんです。

 

自分もあのまま続けていたら、依存も強く、いつしか借金してまで負けた分を取り戻そうとしていたと思います。

それだけは、やらなくて良かったと思っています。

 

関連記事

スロット負けすぎてやばい!VIP車買えるほどの散財で後悔した話
私の黒歴史とも言える話(;´・ω・) 実は、専門学生のころに、スロットにハマり負けすぎてやばい時代があったんですよ。 【専門学生時代】スロットで負けすぎて人生詰みかけた 専門学生の頃は、アルバイトをしていて月10万円ぐらい...

パチンカスの自分がギャンブルを辞めれた理由

元パチンカスだった自分がパチンコやスロットなどの辞めれた理由は、色々ありますが、色々なことも取り組み頑張りました。

今回は、参考に一つにギャンブルを辞めるために行った方法をご紹介します。

 

金額を決めて行う

最初は、段階的に毎月いくらまでと決めること。

これができるだけでも、娯楽を楽しく遊べます。

 

ギャンブルに対して、計画性や我慢ができることは、ギャンブル依存にならないためのリスク管理としては大切です。

まずは、ギャンブルをしてても、最低限リスクのない環境を確保することは重要なんです。

 

銀行カードは持って行かない

パチンコ行くときは、絶対に銀行のカードは持って行かないほうがいいです。

理由は、負けたときにお金を下ろしてしまう恐れがあるからです。

 

ギャンブルって怖いのが、負ければ負けるほど、「絶対に取り返してやる」って気持ちになってしまうことってあるんですよね。

普段は冷静でも、あまりにも負けてしまうと、自分の気持ちがコントロールできなくなることもあるので、感情的になって行動するのは危険。

 

だからこそ、諦めがつくようにお金を下ろせない環境を作っておくことが大切なんです。

なので、パチンコ行くときは銀行のカードは必ず家に置いていき、決めた金額だけお金を持って行きましょう。

 

段階を踏んで、使う金額を減らしていき、行く頻度を減らしていくと、辞めやすい環境も作りやすくなりますよ。

 

趣味を作る

パチンコみたいなものは、普段何かに取り組めるものがなくて、刺激を求めるために行く人も多いんですよね。

だから、何か趣味みたいなものができると、自然と刺激を求めるものが趣味に切替わり、パチンコに行きたい欲も減ってきます。

 

何か自分が好きなことや、興味のあることがあれば、挑戦してみて新しい趣味を見つけてみるのも、パチンコから離れるきっかけになることもあります。

 

予定を作る

時間があれば行ってしまうのが、パチンコですよね。

だから、休みの日は強制的に行けない環境を作れれば、パチンコに行く頻度も減るんですよ。

そのため、休みの日は予定を入れてしまうこと。

 

普段遊ばない友達と遊ぶ約束をしてみる、家族とでかけてみる、旅行してみるなど、なんでもOKです。

何か、パチンコに行かなくても済むような予定を作ってみましょう。

少しでも、パチンコから離れる時間を増やせば増やすほど、辞める意志も強くなってきます。

 

大勝したら辞めようと意気込む

これ自分も辞めるきっかけにも繋がったことなんですが、大勝したときほど辞める機会です。

もちろん、大勝して大金を手に入れると、返ってパチンコに行く頻度が増えてしまう人もいます。

 

でも、自分みたいにいつでも辞めたい気持ちでいるような人なら、意外にも勝ち逃げしようと考えることもできます。

久しぶりの大勝したときほど、「これを機会に辞めるか」と意志を持ってみましょう。

 

貯金を始める

意外にも、パチンコ卒業のきっかけにも繋がるのが貯金です。

いくらでも良いので、コツコツ通帳に貯金をしていってみてください。

 

少しずつ増えていく通帳を見ていくと、お金の価値観が上がります。

このお金の価値観が上がると、パチンコで散財しているお金がもったいないと感じることも多くなるんですよね。

こういったお金の価値が分かるような行動するほど、ギャンブルのような賭けをする遊びをすることも減っていくでしょう。

 

夢や目標を見つける

正直、パチンコなんか心から行く気にならなくなる方法で効果的なのは、夢や目標を見つけることです。

もちろん、これは環境や運次第でも、夢や目標が見つかるかは変わります。

 

でも、もしもパチンコ生活から抜け出して環境を変えたいと思っているなら、色々な自分の知らない世界に触れて見てみてください。

何か、やりたいこと、夢や目標が見つかれば、本当にその環境はギャンブルからは程遠い世界なので辞められるきっかけになるはずです。

 

パチンコなんて辞めるも辞めないも自分の想い次第

勘違いしてはなりませんが、パチンコが悪という訳ではありません。

こういった娯楽からは学べることや、新しい出会いなんてものもありますしね。

自分の人生にとって、良い影響を与えることだって当然あります。

 

しかし、こういったパチンコやギャンブルが自分の人生を狂わしてしまうことだってあるんです。

パチンコが、あなたにとって良いものになるのか、悪いものになるのかは、結局はあなた(あなた)次第なんですよね。

 

今のあなたにとってパチンコやギャンブルが、何を意味をして利用しているのかを考えてみましょう。

そして、もしも辞めたいのなら、何を意味して辞めたいのかを明確にして行動することが大事なんです。

そこで、初めて辞める行動ができるようになりますよ。

パチスロ話人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!