誰からも愛されないは自分の勘違い?愛情の価値観の違いかも!

誰からも愛されないと思っていた女性が夕焼けの中、彼氏と誓いを決めている画像人生哲学・心理

「いつも私は一人…」

「誰も私のことなんて見ていない…」

「誰からも愛されない…」

 

なんて暗い気持ちになって、一人なことを孤独に感じて苦しんでいませんか?

でも、その誰からも愛されないというのは、証拠はあるんでしょうか。

 

スポンサーリンク

誰からも愛されない原因

実際に、どんな人が誰からも愛されない環境になってしまうのか?

 

求めているばかりで与えていない

愛されていないと感じる前に、自分が愛するような行動をしているか?

これ、お互いに愛情を求めあってしまっていることで、愛情を注いでもらえないこともあります。

愛は、一方的に求めてしまっては相手も冷めてしまいますからね。

 

過去の経験からのトラウマ

過去に嫌われた経験がある、浮気されたことがる、捨てられた経験がある、褒めてもらえない経験があるなどありませんでしたか?

このような経験がトラウマとなっていて、常に愛されている証拠がなければ安心できない状態にいる人は多い。

愛情が足りないと感じてしまいやすいんです。

 

自分は愛されてはいけない存在と思い込んでいる

誰からも愛されないというよりも、心のどこかで自分は愛されてはいけない存在と思っていませんか?

もしも、自分の求めていた愛情を実際に受けたとき、あなたは素直にその愛情を受け取れますか?

 

もしかして、「足りない、そんなんじゃ満足できない」みたいに素直に受け取ることができないんじゃないですか?

そうやって、今ある愛情を拒否してしまっている人もいますよね。

 

このようなパターンは、「自分は愛されてはいけない」と無意識に思い込んでいる部分があるからかもしれません。

これも過去の経験からの原因が多く、何か自分は愛されてはいけないと勘違いしてしまうような出来事があった人に多い傾向があります。

 

誰からも愛されない本当の原因は、愛情の価値観の違い?

愛情の価値観が違うカップルの画像

すべての人に自分を愛してもらおうなんてのは難しいかもしれませんが、少なからずあなたのことを見ていて愛してくれている人もいるはずです。

 

でも中には、「私は本当に誰からも愛されていない。周りに助けてくれる人や優しい人もいない。」なんて言う人もいますよね。

それって、もしかしたらあなたが周りの愛情に気づいていないだけかもしれませんよ。

 

愛情の価値観というのは、人それぞれで違います。

 

優しさや心配など、言葉や行動によるわかりやすい愛情表現をしてくれる人もいれば…。

「何もしなくても、言わなくても、ただ一緒にいるだけで愛情だよね」なんて考えの人もいるんです。

 

自分が求めている愛情の価値観と、相手の愛情の価値観が違ければ、「愛されていない」とすれ違いが起こるのも仕方ないことなんですね。

もしかしたら、「あなたが求めている愛情の価値観が違うだけで、相手の愛情を見逃している可能性もある」ってことです。

 

愛されていないと思う時は、相手の愛情の価値観を聞いてみる

女性の後ろ姿の画像

実際に確認してみない以上は、相手の価値観を知ることは難しいです。

聞いてみなければ、「自分のことをどう考えているか?」なんてのは基本は分かりません。

 

もしかしたら、自分の思い込みで愛されていないと勘違いしているだけかもしれない。

直接相手に聞いてみることをおすすめします。

 

実際に私がカウンセリングをしてきた人の半数は、直接聞いてみたら、自分の勘違いだった…」なんて人も多くいました。

それぐらい自分の思っている愛情の価値観や表現方法は、人とは違うことも多いんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

心が強くなりたい=弱い自分を受け入れるのが真のコツ!
「弱い自分に、劣等感を感じ強い心を手に入れたい!」 「負けない!くじけない強い人間になりたい!」 そんな風に、日々頑張っていませんか? 「強くなりたい!」と思う前に、心の弱いことをなぜダメだと思う! 悩んでい...

愛されることも大切だけど愛する気持ちのがもっと大事!

愛を感じる夕焼けを散歩する家族の画像

どうしても、愛されたい気持ちが強くて、自分から愛することも減ってしまうことってありますよね。

でも実は、愛されるのを待つよりも自分から愛せる人を増やしていくことの方が、結果的にたくさんの人に愛されるようになるコツです。

 

愛するというのには、たくさんの形があります。

優しさ、ときには厳しさなど、「どんな愛情を伝えれば、相手は喜んでくれるのか?」悩む人もいるでしょうが、そんなの考えなくていいです。

 

大事なのは、「あなたがどうしたのか?どうしてあげたいのか?」が大切です。

相手の笑顔を見たいなら、「今のあなたならどうする?」を考えること。

自分の意志を尊重して、愛情を注いでいけばいいんです。

 

しかし中には、自分の愛情を受け取ってくれないことだって当然あります。

でもそれは、あなたのせいではありません。

これこそ愛情の価値観の違いです。

 

本当の愛情とは、お互いが認めあえるものだと私は思っています。

相手に合わせて愛情を注ぐことも悪いことではありませんが、最初は自分の中にある愛情表現を大切にしていくことが大切だと思いますよ。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

辛いことばかり続く人生は自由になるサイン!悪い状況を変える2つの秘訣
「人生辛いことばっかり…」なんて人いませんか? 自分も、正直そんなことを感じてしまうこともあるのが本音です。 「それが人生だ!」なんて言ったらお終いですが…。 実は、この辛いことばかり続く人生には、きちんと理由があ...
人生哲学・心理
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!