仕事ないのに残業する人の心理!無駄な行動は人生を苦しめる理由と対処法

残業する人たちの画像仕事

仕事ないのに残業する人っていますよね。

普通に考えたら意味不明ですよね。

 

仕事なんて、終わったら誰でもすぐにでも帰りたいもんでしょうし。

これには、必ず何か理由があるはずですよね。

 

そこで今回は、なぜ仕事ないのに残業するのかについて解説していこうと思います。

 

スポンサーリンク

え?なんで残業してんのって場面に遭遇

会社員時代なんですが、毎日のように残業している上司がいたんですよね。

 

もちろん、仕事が忙しいときは残業していても疑問には思ないんですが…。

なぜか仕事がない日でも残業しているときもあったんです。

 

「え?なんで残業してんの?」ってなりますよね。

しかも、「上司が帰ってくれないと自分も帰りずらいじゃん!」なんて思ってましたね。

 

いやぁ、ある意味では本当に迷惑でしたよw

同じような経験したことある人もいるんじゃないでしょうかね。

 

仕事ないのに残業する人の心理

それでは、なぜ仕事もないのに残業する人がいるのか?

この意味不明な行動の心理について解説していきたいと思います。

 

頑張っているアピール

仕事ないのに残業している人の中には、自分の評価を上げるための人もいるでしょう。

通常の勤務時間だと、あまり仕事アピールできる場面がなかったりもしますからね。

 

上司に残業している姿を見せれば、「おっ!残ってまで仕事しているのか!頑張ってるな!」なんて評価に繋がることもあるでしょうからね。

 

こういった自分の評価を上げるために、頑張っているアピールとして仕事ないのに残業してる人もいるんです。

 

家に帰りたくない事情がある

家に帰りたくない何か事情があり残業している人もいるかもしれませんよね。

「奥さんと喧嘩していて帰りたくない…。」なんてベタな話もあるかもしれませんし。

 

事情がないと、わざわざ仕事ないのに残業する必要性ないですしね。

 

周りが残業している罪悪感

これ一番多いんじゃないでしょうかね。

自分の仕事はやることないけど、周りが残業していると帰りずらいなんてこともあると思います。

 

どうしても人間は、罪悪感を感じやすい生き物です。

 

周りは仕事を残って頑張っているのに、「自分だけ先に帰るのは申し訳ない…。」なんて思ってしまう人は多いでしょう。

 

こうした罪悪感から無理に残業して残っている人もいると思いますよ。

 

意図的にわざと残業するほど仕事が好きな人間

人生において、楽しみや生きがいは人それぞれで違いますよね。

 

世間では、仕事が嫌いな人のほうが多いかもしれませんが…。

中には、仕事しかやりがいを感じないような生粋の仕事人間もいます。

 

定時に家に帰るよりも仕事をしているときのほうが楽しいなら、意図的にわざと残業するのも分かりますよね。

 

稀でしょうが、こうした仕事人間ほど、毎日残業してでも一分でも多く仕事をしていたい気持ちが強かったりするんです。

 

残業ほど生産性がない事実

正直なところ、残業ほど生産性ないことってないんじゃないかって思っています。

もちろん、残業をすれば残っていた仕事が終わらせることはできるかもしれませんけどね。

 

でも、残業して潰れた時間だけ自分の時間もなくなるんですよね。

 

また、残業するほどオーバーワークになるため、

  • 疲労が次の日まで残る。
  • 体調を崩しやすくなる。
  • 仕事への不満や我慢が増えてモチベーションが下がる。

こんなリスクも増えますしね。

 

人生において大事なことは、仕事と自分の時間どちらかと聞いたら…。

ほとんどの人は、「できることなら自分の時間を大切にしたい!」と答えるでしょう。

 

仕事が生きがいとしている人なら、残業することのほうがメリットが大きい人でしょうが…。

もしも、仕事が嫌な人なら残業しただけデメリットばかりで生産性がないんですよね。

 

たった一日一時間の残業でも、何年何十年と続けたして考えれば相当な時間になりますよね。

 

残業してきた時間を自分の時間に費やしていれば、どれだけのことができたか、どれだけ人生を満たせたか考えてみてください。

 

きっと、残業していたことを後悔する人もいるかもしれませんよね。

しかし、問題なのは、残業することが正解なのか不正解なのかを考えることではありません。

 

あくまでも、仕事よりも自分の時間を優先したいと考えたときに、どういった行動をするべきなのかを考えることが重要なんです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

定時に帰ることの何が悪い!残業するほど効率が悪い理由から対策まで
定時に帰ることの何が悪いのか…。 これ本当思いますよね。 なんで、世の中は残業ばっかりするんですかね。 なんで、決められている時間に帰ろうとしただけで、文句ばかり言われなければならないのか。 仕事を任...

残業せず定時に帰るための対処法

人生において自分の時間を大切にしたい人は、仕事で残業するほど生産性がないと話しました。

そこで、自分の時間を作るために残業せず定時に帰るための対処法もご紹介していきます。

 

理由を付けて帰る

周りの職員が残業していたりと、帰りたくても帰りずらい環境にいる人もいますよね。

そんな人ほど、定時に帰るには理由を付けることが一番効率的です。

 

何か理由を付けてから帰るほうが、「理由があるなら仕方ないな!」って空気感になります。

 

周りからの目線が気になるけど定時に帰りたいときは、文句を言われない帰ってもよさそうな理由を考えましょう。

 

例えば、

  • 通院のため
  • 子供の迎えのため

などなどね。

 

自分の生き方を全うして帰る

本来、定時に帰ることは悪いことではありません。

そのため、自分の生き方を全うして堂々と帰りましょう。

 

周りからの評価よりも、自分の人生や時間を大切にすることを第一に考えることを決意する。

こうした開き直るかのような自分を持った生き方も大切です。

 

どうしても自分のことよりも他人のことばかり考えては、自分の主張や考えを抑え込んでしまう人は多いですよね。

 

それでは、我慢ばかりする生活になってしまいます。

残業したくないのに残業する毎日になってしまうのも当たり前なんです。

 

一度、自分の生き方(主張や考え)を貫いてみるのも良いかもしれませんよ。

残業したくない日は、自分の気持ちに素直になって堂々と定時に帰ってみましょう。

 

まとめ

このように、社会に出ると仕事ないのに残業する人も見かけることもありますよね。

 

きっと、家に帰りたくない理由、周りが残業しているから帰りずらいなど、何かしらの事情があることのが多いでしょう。

 

しかしながら、残業するほど自分の時間も失われていくだけなく、オーバーワークによる疲れが残ったり、仕事へのモチベーションも下がるため生産性がないとも言えます。

 

仕事と自分の時間をどちらを大切にすることが、自分のためになるのか考えてみましょう。

 

もしも、定時に帰りたくても帰れない何か理由がある人は、今回ご紹介した残業せず定時に帰るための対処法も一つの参考にしてみてください。

仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ
error:Content is protected !!