ファスティングは準備食期間なしでも成立するのか?効果に差は出るか解説

準備食期間にも食べれる野菜を中心とした食事の画像断食

ファスティングをする上で必要なものに、準備食期間がありますよね。

一定期間とはいえ絶食する前には、徐々に食事量を減らし空腹に慣れる身体を作る必要があるんです。

 

でも、この準備期間なしでもファスティングができるのか気になる人もいますよね。

正直、さっさとファスティングして痩せたいと思う人もいるはずです。

 

結論から言えば、準備期間なしでもファスティングをすることはできます。

体重を痩せるなどのダイエット効果も発揮することもあるでしょう。

 

しかしながら、準備期間あるなしでは、何が違うのか…。

ここを知ることは、ファスティングをしていく上で大切なことです。

 

それでは、詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

ファスティングは、準備食期間あるなしで効果は変わるのか?

ファスティングにおける準備食期間とは、胃に優しい食事を中心に生活し、少しずつ食事量を制限していく期間のことです。

これから、食事から絶つファスティングに向けて胃腸を慣らしていく大切な時期なんですね。

 

準備食期間は、ファステイングを成功に導くためには必須とも言えるものなんです。

 

それでは、そんな胃腸を慣らしていくための準備食期間があるなしでは、どのようなメリットやデメリットがあるのか…。

以下にまとめてみましたので、一つの参考にしてみてください。

 

準備期間ありのメリットやデメリット

メリット
  • 急激な食事量の減少による胃痛や好転反応(頭痛や吐き気)の予防に繋がる。
  • 胃に優しい食事やカロリー制限により、準備食期間だけでも健康やダイエット効果がある。
  • 空腹に耐えれる身体作りをしておくと、ファスティングのときのデトックス効果が上がる。
デメリット
  • 食事メニューを考えたり、用意するのがめんどくさい。
  • ファスティングを行うまでに、数日~一週間ほど要する。

 

このように、準備食期間をすることは、ファスティングをより安全に行うため、効果を最大限に引き出すためのものなんです。

 

準備期間なしのメリットやデメリット

メリット
  • 食事を考えること、用意する手間がいらない。
  • すぐにファスティングを行える。
  • すぐに痩せる。
デメリット
  • 急な絶食により血糖値の低下を起こし、好転反応(頭痛や吐き気)が起こりやすくなる。
  • 胃腸に負担がかかるため、体重は痩せてもデトックス効果は低い。
  • 無理なダイエットにより過食や拒食になる可能性がある。
  • すぐに痩せるが、準備期間を行っているほうがもっと痩せられる。

 

準備期間なしでもファスティングはできますが、こうしたリスクがあることは理解しておきましょう。

よりファスティングを安全に効果的にするためには、準備食期間は必要なんです。

 

結論:準備期間なしでもファスティングは行えるが効果は半減

結果的に、準備期間なしでもファスティングは行えます。

ある程度は、痩せることもあるでしょう。

 

でも、身体への負担が大きいこと、ファスティング本来の効果を引き出しにくいことは理解しておきましょう。

もしも、健康的に効果的に痩せたいなら、準備期間は行ったほうが良いわけです。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

もう迷わない!ファスティング準備食の期間を正しく過ごす方法
ファスティングに大切な3つの期間のひとつでもある準備食ですが、実際の流れがイメージが付かない方ややってみて出てきた疑問や問題などありますよね。そんな人のために、この記事ひとつ見るだけで解決出来るように準備食でよくある質問をまとめて答えてみました。

準備食のめんどくさいを解消する方法

ファスティングはしたいけど、どうしても準備食期間だけはめんどくさいって人もいるはず。

実は、そんな人にもこの準備食期間をめんどくさいと思わずに過ごせる方法があります。

 

めんどくさがり屋もできる準備食期間の過ごし方
  • 準備食のメニューのレパートリーを3つほど決めておく。
  • コンビニやスーパーのお惣菜コーナーで買い揃える。
  • 品質の良い酵素ドリンクを用意しておく。

 

まずは、この3つを意識して行動するだけ。

これなら、誰でも取り組みやすいですよね。

 

まずは、準備食で食べれる食品をピックアップしましょう。

ポイントは、まごはやさしい食です。

まごはやさしい食一覧
  • 「ま」納豆、豆腐、味噌などの豆類
  • 「ご」ごま、くるみ、銀杏、ナッツなどの種子類
  • 「わ」わかめ、ひじき、のり、昆布などの海藻類
  • 「や」緑黄色を中心とした野菜類
  • 「さ」魚類(特に小型の背青魚類)
  • 「し」椎茸、しいたけ、えのき、なめこなどのキノコ類
  • 「い」じゃがいも、さつまいも、こんにゃくなどのイモ類

 

これらの食材をコンビニやスーパーで用意できるものがあるか考えて、まとめて日数分を買い込んでおけば楽ですよね。

 

本当は手作りのほうが良いですが、準備食期間なしでファスティングを始めるよりはマシです。

 

また、こうした手軽に準備食として食べれる商品もネットにあるのでおすすめです。

 

また、バランスの良い食事が上手く揃えられない場合は、不足がちな栄養素は酵素ドリンクをプラスして飲めば補うことも可能です。

 

ファスティングに適した酵素ドリンクは、優光泉です。

コスパ良く栄養価も高く添加物などもフリーなため、おすすめです。

 

また、準備食期間は、食事から摂れる水分量が減りやすい期間です。

 

ファスティングは、一日の水分摂取量を意識するのも大事になります。

こうした酵素ドリンクやお水含め、一日2ℓぐらいを目安に摂取するのが良いでしょう。

※体重や体格にて多少変わります。

 

気軽に手に入る準備食に使える食べ物は、玄米、おかゆ、カップ味噌汁、カップ春雨スープ、めかぶ、緑黄色野菜のサラダ、納豆、豆腐、ひじき、里芋、かぼちゃなどです。

 

この辺なら、コンビニでもスーパーでも手に入りやすいですよね。

準備食としても使える食材や食べ物なので、一つの参考にしてみてください。

 

まとめ

このように、準備食期間なしでもファスティング自体はできます。

痩せることだってある程度はできるでしょう。

 

しかしながら、どうしても準備期間を行っている人のほうが、ファスティングによる健康やダイエット効果は高いと言えます。

 

もしも、準備期間の食事管理ががめんどくさいなら、今回ご紹介した方法のように対策なんていくらでもあります。

 

準備食に適した食材は、まごはやさしい食と覚えておきましょう。

また、それらの食材を使った商品がないか使い勝手良いコンビニやスーパーで探しておくこと。

 

その他、水分補給や足りない栄養素は、酵素ドリンクで補うのが良いでしょう。

 

準備食なしでのファスティングは、体調不良に繋がる可能性や身体への負担が大きいのでおすすめはしません。

これを機に、視点や思考を変えて準備食期間をしてからファスティングに挑みましょう。

 

この記事が、何かファスティングに関する参考になれば嬉しいです。

断食
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!