友達がいない人の末路はまさかのハッピーエンド?噂はあくまで噂

友達がいない人が頭を抱えている男性の画像人間関係

友達がいない人の末路は悲惨や惨めになるに決まっている…。

そんな風に思う人もいますよね。

 

でも、本当にそうなのか?

そんな噂は、あくまで噂ですよ。

 

スポンサーリンク

友達がいないだけでマイナスに見られすぎ

友達がいないだけで、「寂しそう、人生つまんなそう…」なんてマイナスなイメージを持っている人は多いですよね。

孤独やら、ぼっちやら、引きこもりやら、コミュ障やら言われたい放題に言われます。

 

いやいやいやいや、ちょっとイメージがひどすぎやしないか?

そんなに友達がいないことって、マイナスなことばかりなの?

いーや、違います。

むしろ、良いことも多いんですよ。

 

友達がいない環境がもたらす良いところ

友達いない人の末路をバッドエンドだとマイナスなことばかり思う人もいるでしょうが…。

友達がいないからこそ手に入る環境や良いところもあるんですよ。

 

周りに影響されない

友達がたくさんいると、周りの環境や考え方に影響されやすいですよね。

仲良しの友達たちが結婚したり、出世なんてしていくと、焦って不安になったり、劣等感を感じることとかありません?

 

それって、関わる人が多いからなんです。

そういう環境って、他人と自分を比べるようになってしまいやすいんです。

友達がいないと、こういった周りから影響されることや、自分のペースをかき乱されることがないので、ストレスが少ないのが良いところです。

 

物事に集中できる

友達がいると遊び優先になってしまうこと多いですよね。

それも良いことですが、何か集中して取り組みたいことがある人にとってはデメリットなんです。

友達がいない環境だと、遊びたい欲に負けることもなく、集中したいことに全力で取り組めるようになります。

 

時間やお金を自由に使える

友達と遊ぶ時間とお金が必要ない分、自分のために時間とお金を使えます。

友達が多い人ほど、飲み会を頻繁にやったりするので、お金も時間も随分と持ってかれますよね。

ワチャワチャするのが好きな人にとっては良いでしょうが、一人の時間が好きな人にとっては、友達はいなくても有意義に過ごせるんです。

 

メンタルが強くなる

一人でいる時間が多くなると、まぁ孤独に対するメンタルが強くなります。

一人に慣れると、一人でご飯やショッピングや旅行したりと、なんでもできるようにもなりますしね。

このなんでも一人でできる自立できるところは、友達いない人の強みでもありますよね。

 

成功者に近づける

よく成功者は孤独を好むと言います。

理由としては、先ほども言いましたが、一人の環境は物事に集中できるからです。

何か仕事など独立したりしたときに、成功するために取り組んでいるものに集中して取り組めるので、誰よりも努力できて成功する確率も上がるんです。

 

関連記事

友達いらないは成功者の特徴!孤独を求める人の隠された意味
「友達なんていらない」 そんな言葉を言えるあなたは、成功者になれる素質があるかもしれない。 友達はいらないと言える人ほど成功者になりやすい 「成功者の定義って、なんぞや?」なんて感じでしょう。 世の中の成功者...

友達がいないことで困ること

もちろん、友達がいないことで困ることだってあります。

一応書いておきましょうか。

 

何かあったときに助けてもらえる人が少ない

何かあったときに、助けてくれる友達がたくさんいるのはいいなと感じますよね。

よく見かける場面だと、友達が多い人が飲食店を開業すると、口コミを広げてもらえたり、友達がお客さんになって売上げに貢献してくれたり…。

相談相手が限定されやすい、困ったときに誰からも助けてもらえない環境は、友達がいない環境で困るところですね。

 

コミュニケーション能力が下がる

全員とは言いませんが、友達がいないと会話する人が限定されますよね。

友達がたくさんいる人の方が、話す機会が増えるのは確かです。

気軽に話せる友達が多い人の方が、コミュニケーション能力が上がりやすいのも事実でしょうね。

 

印象が悪い

あくまでも印象ですが、友達がいないだけで印象が悪く見られやすいです。

何か問題ありの人なのかなと勘違いもされやすい。

こういった偏見から印象悪く見られやすいのは、人間関係において困る場面かと感じます。

 

一人だと入りにくいお店がある

友達じゃないと入りにくいお店ってありますよね。

ある程度のご飯屋さんなら、一人でも行けますが、ビアガーデンとかのオシャレな環境は一人で行っても惨めになってしまう。

こういったときは、気軽にご飯に行ける友達がいないと困る場面ですね。

 

情報を共有できない

友達は友達で色々な人生経験を積んできているので、自分の知らない情報を教えてくれますよね。

友達がいないと、自分で情報を調べて手に入れないといけない。

知らなことをたくさん学べる情報共有する人がいないのは、損している気分になります。

 

視野が狭くなる

友達がいない分、人との関わりが減ります。

そうなると、自分の考えや価値観と違った人と関わる機会も減ってしまうんですよね。

 

人生において、こういった友達を通して考えや価値観の違いを実感できなかったり、意見を言い合える人がいないと、視野が狭くなりやすいんです。

視野が狭くなると、悩むことが増えたりすることも多いので困ってしまいやすいところですね。

 

はい。

ここまで、友達がいないことで困ることをいくつかあげましたが…。

内容見ると、「絶対に友達いるほうが良いじゃん!」って思ってしまいますよね。

 

でもこれは、人それぞれなんですよね。

友達いるいないでメリットやデメリットが違うので、どっちの環境が良いかなんて、人それぞれで違うんです。

何より今回は、友達がいない人の末路がバッドエンドだと思っている人が多いので、「そんなことないよ」と伝えたいだけなんです。

 

他人事じゃない!誰だって大人になるほど友達は減っていく

てかさ、友達いないことをマイナスに思っている人たちって、他人事じゃないことに気づいていないでしょ。

大人になればなるほど、誰でも最後には友達は減っていくんですよ。

 

みんな仕事が忙しいやら結婚やらで、忙しくなれば、友達と連絡取ることも会うこともなくなってきます。

それって、友達いない人の環境と同じようなもんじゃないですか…。

 

そうなんですよ。

友達いてもいなくても、最後の末路はみんな同じような結末が多かったりするんです。

 

友達がいないまま過ごしていく人の末路はハッピーエンド

友達がいない人の末路は、「悲惨だ、惨めだ」とバッドエンドだと思っている人に言いたい。

そもそも友達の定義ってなんなの?

 

「友達はたくさんいる」なんて言っても、いくつになっても定期的に会って遊べる友達なんて、どれぐらいいますか?

きっと、ほとんど残っていないんじゃないですか?

どれだけ今が友達がいようが、年々と友達と遊ぶ機会なんてなくなっていくのが普通なんです。

 

いくら友達がいるとはいえ、大人になるにつれて一人も会える友達がいないなら、それって友達いない人と同じような環境じゃないですか。

だからね、そもそも友達がいないから悲惨で惨めな人生を送るとは限らないんですよ。

 

友達いなくても、家族、恋人、夫婦、子供などできたら、それはそれで幸せになれますよね。

なんなら、人生の後半なんて、友達よりも家族のような身近な存在と一緒にいることのほうが圧倒的に多くなるんです。

 

だから、友達いない人の末路がバッドエンドになるなんてありえないってこと。

むしろ、友達がたくさんいる人と同じようなハッピーエンドが待っているかもしれないんです。

人間関係ぼっち(独りネタ)
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代突入のアラサー男子。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。現在は、サロン経営・ブロガー・ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、このショーブログを月間100万PVにさせブログを書きながら世界一周すること!ありのままを意識した記事なので、たまに口悪くなりますが、ついつい気になっちゃうような情報をブログで発信しています。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!