夜勤辞めたいと思ったときがベスト!一日でも早く退職するべき理由

夜勤明けの日差しに当たるパソコン仕事をしていた男性のイラスト画像仕事

「夜勤辞めたい…。」

不規則勤務の仕事に、今にも限界を迎えそうな人って多いんじゃないでしょうか。

 

でも、そう簡単に退職するわけにもいかない。

仕事を辞めるベストなタイミングが分からずに困っている人もいるでしょう。

 

今回は、そんな夜勤の仕事を辞めるベストなタイミングについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

夜勤辞めたくなるときの三大要素

夜勤を辞めたくなる人の原因で多い三大要素と言えば、ほとんどがこれです。

 

体調不良

もうこれ多いですよね。

そりゃそうですよね。

 

寝る時間が不規則なんだから、いくら夜勤手当があるからと言っても、身体への負担がかかるのは避けられないこと。

 

体調不良で辞めたくなる人が出てくるのは、当然のことなんです。

寝る時間がバラバラだと、睡眠がよく取れない、不眠気味でフラフラしている人もいますしね。

 

夜勤は、長年勤務している人ほど、身体へ及ぼす影響は大きくなると言われているんです。

夜勤に従事してから5~10年ほどで糖尿病や高脂血症などの生活習慣病のリスクが、10年以上の勤務で直腸がん、子宮がん、乳がん、前立腺がんなどのリスクが高まるとされる。2007年にWHOの関連機関である「国際がん研究機関」は「交代勤務に発がん性あり」と認定したので一時大騒ぎになった。

引用:ナショジオ睡眠

 

これ見ると、怖いですよね。

 

生きていくためには、仕事をしていかなければいけないのは仕方ありません。

でも、無理してまで夜勤の仕事をする必要も本来はないんですよね。

 

身体のことを思い辞めたくなる気持ちが出ることは、当然の判断でしょう。

 

将来性に不安

夜勤の仕事に対して、将来性があるのかどうか考えてしまう人もいますよね。

 

例えば、

「給料もどこまで上がるのか不安…。」

「家族や友達と会える時間も減っていく…。」

「本当にこのままこの仕事を続けていて良いのだろうか…。」

こんな風に、色々な不安になる人もいるでしょう。

 

先ほど話しましたが、夜勤による身体への負担は大きいです。

いつか、体調崩して仕事ができなくなる恐れだってありますよね。

 

こうした将来性を色々と考えるほど、今している夜勤の仕事にメリットを感じなくなります。

だから、辞めようかどうか考えてしまう人も多いんです。

 

人間関係

もちろん、業種や仕事先にも寄るでしょうから一概には言えませんが…。

夜勤で働いている人の中には、変わり者、イライラしている人が多い話もよく聞きます。

 

人間関係が上手くいかない、苦手なタイプや嫌いな人が多いという理由で、辞めたくなる人も多いようです。

 

もしかしたら、睡眠不足でイライラしている人が多いのかもしれませんしね。

余裕を持った関係を築けない人が多いのも、不思議ではありません。

 

まぁ、これは夜勤とか関係ないかもしれませんけどね。

こうした人間関係が悪く仕事を辞めたくなる人は定番のことでしょうね。

 

関連記事

夜勤に向いてる人の特徴10選!メリットよりもデメリットを受け入れることが大切
ほとんど日中で仕事をしている人が多い中で、夜勤勤務が向いてる人ってどんな人なのか…。 普段、日中勤務の人からしたら、「夜中から朝方まで仕事するなんて眠くて無理無理…。」なんて言いたくなりますよね。 そうなんです。...

夜勤辞めたときがベスト!一日でも早く退職するべき理由

それでは、夜勤を辞めるベストなタイミングですが…。

もしも今、「夜勤の仕事を辞めたい!」と思ったなら、そのときがベストなタイミングです。

 

仕事を辞めたいと思うのは、自分からのSOSのサインなんですよ。

 

自分からのSOSのサインを無視して我慢して仕事を続けていっても、体調を崩して強制退職というオチも見えています。

 

辞めたいのに辞められない。

でも我慢して頑張っていたら、結果として後悔する人生になってしまった…。

 

こういう人が多いんです。

 

だから、辞めたいと思うほどしんどいなら、一日でも早く辞めてしまったほうが良いでしょう。

 

辞めたくても辞められない人が多いのは、

  • 職場が人手不足で辞めることを言い出しにくい。
  • 上司が怖い人だから辞めると言ったら怒られそう。
  • 社会人として我慢してでも頑張らないといけない。

こんなようなこと考えて言い出せずにいるんじゃないでしょうか。

 

何かしら罪悪感の気持ちに縛られていたりすることもありますよね。

「自分が辞めたら誰かの迷惑かけるかも…。」みたいにね。

 

でもね。

人生において、自分の気持ちを優先することは大切です。

 

これは、自分の身は自分で守るしかないときもあるからです。

 

辞めたいと思っている仕事を我慢してまで続けていても、必ず色々なストレスがかかり続けていきます。

 

そんな環境を続けていて、良い結果に繋がるとは到底思いませんよね。

 

自分の人生のためにも、夜勤の仕事を辞めたいと思ったときは、一日でも早く辞める行動に移しましょう。

 

こちらの記事も読み合わせるとおすすめ

夜勤はすべてがおかしくなる!20個のリスクが人生を狂わす理由とは
よく夜勤仕事をしている人から、「こんな生活続けていたら、人生すべてがおかしくなる…。」なんて言葉を聞きます。 昼夜逆転した生活ほど、何かしらのリスクがあるということなんでしょう。 今回は、そんな夜勤仕事をしていい...

辞めたくても辞めれないときは業者に丸投げ

なんでも自分一人でなんとかしようとすることは良いことですが…。

でも、一人では必ずどうしようもできないときもあります。

 

何かあったときに人を頼ることができるかで、人生も良い方向に向かうかどうか変わります。

今の時代では、仕事を辞めたくても辞めると言えない人がたくさんいますよね。

 

そういう人たちのためにあるのが、退職代行サービスなんです。

辞めるを言えない自分の代わりに、退職手続きをすべてやってくれる人たちです。

 

コスパ良くて知名度ある場所だと、【退職代行ガーディアン】が人気です。

 

このサービスは、仕事を辞めるが言えずに困っている人からしたら、かなりの救世主ですよね。

また、値段もそんなに高いわけでもないですしね。

 

こういったサービスを使いたくないと思う人もいるでしょうが、その考えは捨てるべきです。

辞めると言えないまま仕事を続けていても、体調崩すなどの後悔することもありますしね。

 

そんなことになるくらいなら、最初からこういった退職代行サービスのような逃げ道を作っても良いと思うんですよね。

 

その結果、悩みから仕事から解放されて自由になれるなら最高じゃないですか。

そんな退職代行を利用して良かったと言うような人も、実際にたくさんいるんです。

 

何かあったとき、こういうサービスがあることを知っているだけでも、少しは気は楽になると思うので、なんかあったときには相談してみましょう。

 

まとめ

このように、夜勤の仕事を辞めたいと思っていても、色々な感情が邪魔して辞めるを言い出せずにいる人もいるでしょう。

 

仕事を辞めるベストなタイミングは、自分が辞めたいと思ったときです。

その辞めたいと湧き上がる気持ちは、自分からのSOSのサインと思いましょう。

 

自分の気持ちを優先するかしないかで、今後の人生も変わってきます。

もちろん、我慢してでも仕事を続けていく未来もありなのかもしれません。

 

でも、もしも無理して我慢し続けていても、必ずその負担は自分の身も心も滅ぼしていくかもしれない。

 

何かあってからじゃ、後悔しても遅いんです。

 

もしも、どうしても辞めるを言い出す勇気が出ないときは、自分の未来のためにも退職代行という手段も考えておきましょう。

 

まずは、自分の苦しい環境から解放されることを考えて行動すること。

そうすることで、きっと未来も明るくなっていくと思いますよ。

 

この記事が、悩みや問題解決の一つのきっかけになれば嬉しいです。

仕事
スポンサーリンク
ショーをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ショー

30代アラサー男子。〝一度キリの人生なので好きなことして生きたい〟と思い立ち、20代で脱サラしてセラピストとして独立。身体や心に悩む多くの人たちをサポートしてきました。現在は、サロン経営、ブロガー、ライターなど幅広く活動中。将来の夢は、ブログを書きながら世界一周することです。ジャンル問わずついつい気になる情報をブログで発信中。

ショーをフォローする
ショーブログ

コメント

error:Content is protected !!