月曜断食中のコーヒーは体調不良に?理由と安全に飲むための絶対条件を解説

月曜断食コーヒー断食

関口賢さんが考案された〝月曜だけ断食する〟シンプルな健康ダイエット法です。

 

月曜断食の基礎的なやり方とコツはコチラ↓

【月曜断食やり方】実践結果と効果的な方法もやってみた!2週間で3キロ痩せ
月曜断食「究極の健康法」でみるみる痩せる! 関口賢による著書で有名ですよね。 名前の通り月曜に断食を行う健康法です。 今回は、最近太り気味の私の友人に、2週間この月曜断食を続けてやってみてもらいました。 1週...

 

しかし実践する中で、月曜断食中にコーヒーのような刺激物は飲んでも良いのかと疑問を持つ方は多いようです。

本来、断食では最低限のルールとして、コーヒーなどの刺激物を飲むことは基本おすすめしません。

今回はどうしても月曜断食中に〝コーヒーを飲みたい〟と思う方のために、3つの対処方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

月曜断食でコーヒーを飲まないほうが良い理由

本を読みながらコーヒーを飲む女性の画像

断食中の胃腸が空腹時にコーヒーを飲まないほうがいい理由とは…。

コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールなどの成分が原因です。

 

知らずに、「大丈夫だろ!」なんて軽い気持ちで、断食中にコーヒーを飲んでしまうのは危険!

月曜断食の効果が半減するだけでなく、以下のような体調不良の原因にも繋がることがあります。

 

  • カフェインの利尿作用で、体内の水分量が少なくなりデトックス効果が下がる
  • 胃酸の過剰分泌により、胃痛、吐き気、下痢になる可能性あり

 

軽い気持ちで断食中にコーヒーを飲む行為は、こうした体調不良に繋がることがあるので気を付けましょう。

 

でも、

「絶対に我慢しないといけないの?」

「どうにかしてコーヒーを飲む方法はないの?」

なんて思う人もいますよね。

 

あなたが月曜断食をしている理由が、健康のため、ダイエットのためであれば、最高の結果を出すため極力は我慢したほうが良いです。

とは言え、「どうしても飲みたい!」と言うのであれば手がないわけでもありません。

 

断食中の体調不良と好転反応についてはこちら

月曜断食中の好転反応のメカニズムと5つの対処法まとめ!
絶食期間が短い月曜断食でも、好転反応による体調不良を感じる方はいるようです。そんな不安を少しでも取り除いて月曜断食を安心して行うために、今回は好転反応のメカニズムと万が一起きてしまったときの対処法をまとめました。

身体の負担を最小限に抑える【月曜断食中のコーヒーを飲む3つの方法】

身体の負担を考えた断食中のコーヒーの飲み方3選
  1. デカフェ(ノンカフェインコーヒー)にする
  2. コーヒーを飲んだ後に、お水などの水分をしっかり摂る
  3. 良食、美食の期間の食後2~3時間後ぐらいに飲む

 

これは私が、身体や断食の特性を考えた上で出したコーヒーを飲めるポイント3つの対処法です。

 

デカフェにすることで、興奮性作用や刺激物となるカフェインが入っていません。

通常のコーヒーを飲むよりも、身体への負担は最小限に抑えられます。

 

どうしても、断食中にコーヒーを飲むことを我慢できない人にとって、デカフェは最強のアイテムになるでしょう。

 

出来れば飲むタイミングは、月曜断食でおなじみの良食や美食期間と言われる火曜日~日曜日の食後2~3時間後です。

 

食後2~3時間後が良い理由は、断食の本来の目的でもある胃腸のデトックスを促すこと。

食事中や食後の2~3時間は、水分を摂らないことがベストだからです。

 

理由は、食事中や食後すぐに水分を摂ってしまうと、食べ物を消化する酵素の働きを弱めてしまいます!

 

胃腸の消化酵素の働きを邪魔しないためにも、少しでも断食の効果を保つためにこの3つのコーヒーの飲み方を意識しましょう。

 

コーヒーを飲んだ後は、利尿作用で体内の水分が減りやすいので、別でお水や酵素ドリンクなどで、水分をきちんと摂るようにしましょう。

 

飲むデカフェについてですが、デカフェなら何でも良い訳ではありません。

いくらノンカフェインで体に優しいからと言っても、胃(体内)に入れるものです。

 

断食中に使用するのなら商品や品質には、なるべくこだわりましょう。

そのため、販売実績のある信頼出来るものを購入することです。

 

その中でも、たんぽぽコーヒーは身体に優しくて安心して飲めます。

 

意外に知らないコーヒーと断食の相性が悪いとされる2つの由来

意外に知らない人も多いかもしれませんが、なぜコーヒーと断食の相性が悪いのか…。

これは、コーヒー独自の生産工程や歴史文化にヒントがあります。

 

それでは、そんな2つの由来について詳しく解説していきます。

 

使用される農薬が世界トップレベルの飲み物

本来、断食は修行の一環として宗教的な意味として行われてきました。

国によっては、断食は万病を治すなんてことも言われていますよね。

 

そのため、断食中は身体に害がある可能性ものは、一切入れてはいけないとされています。

 

そんな中で、コーヒーはどうでしょうか。

コーヒーは、世界トップレベルで農薬を使われている飲み物とされています。

 

せっかく絶食して身体をデトックスするために頑張っているときに、農薬が多いコーヒーを飲んだら意味ないですよね。

※もちろん、農薬を使わないコーヒーもあります。

 

こうした理由もあり、断食とコーヒーの相性は悪いと言われるようにもなりました。

 

奴隷文化による歴史

また、コーヒーには奴隷文化による歴史があります。

 

生産量もトップクラスとも言えるコーヒー豆。

昔から国によっては、奴隷を使ってコーヒー豆の生産をしているという話もあります。

 

こうした話から、コーヒー豆には奴隷された人々の恨みなどの怨念による悪いエネルギーが流れていると言われているんですよね。

 

日本では、もともと断食をする人のほとんどは、スピリチュアル好きな人だったりします。

 

健康やダイエット目的だけでなく、スピリチュアルなパワーを高めるために行う人も多いとされているんですね。

 

そのため、こうした悪いエネルギーが入っている可能性があるコーヒーは、断食には合わないと考える人も多いんです。

 

こうしたコーヒーの歴史文化やスピリチュアル視点から見たときに、断食との相性は悪い印象が付くようになったんです。

 

月曜断食中にコーヒー以外にも気を付けること!

今回は、コーヒーを中心に話していますが、当然それ以外にも月曜断食を行う上で気を付けなければならないことはあります。

 

他のところでルールを無視していれば、体調不良のきっかけになってしまうこともあります。

断食中は、下記のことにも気を付けましょう。

 

月曜断食中のコーヒー以外に気を付けること
  1. 慣れていない人は、無理して長期的な期間行わないこと
  2. 代謝を落とさないように1日の水分摂取量はしっかり摂る(水と酵素など)
  3. 体調不良を感じたら無理せず中断する
  4. 油断して食べ過ぎないこと・食事はよく噛むこと
  5. 持病のある方は、医師や専門家に相談の上で行うこと

※コーヒーだけでなく、他にも断食のルールがあることを忘れないようにしましょうね。

 

月曜断食で太った、痩せない、そんなお悩みはこちら

月曜断食は失敗すると痩せない!間違った知識や成功するやり方を徹底解説!
関口賢による本で、一世風靡した月曜断食!成功して「痩せた」という人もいる中、「痩せない!太った!」なんて口コミも見かけることもあります。なぜ、月曜断食しても痩せない人や太ってしまう人がいるのか?原因と解決策に繋がるやり方をご紹介します。

まとめ

月曜断食は、断食、良食、美食と3つの期間を最低でも1週間かけて行います。

 

出来れば、断食系の健康法やダイエット法を行うときは、カフェインのあるコーヒーは身体の不調に繋がることもあるため極力我慢することも大切です。

 

どうしても、コーヒーを飲まないとストレスになってしまう人は、今回お伝えした3つのポイントを意識して飲むようにしましょう。

今回お教えした3つの対処法(おさらい)
  1. デカフェ(ノンカフェインコーヒー)にする
  2. コーヒーを飲んだ後に、お水などの水分をしっかり摂る
  3. 良食、美食の期間の食後2~3時間後ぐらいに飲む

 

何も考えずにコーヒーを飲んでしまうよりも、こうした月曜断食の効果や結果を邪魔しないような心がけによる行動は大切です。

 

身体の負担を最小限に抑えた3つのポイントを意識してコーヒーを飲みましょう。

これで、月曜断食の効果や結果を半減させないようにすることが可能です。

 

一つの参考にまでしてくださればと思います。

error:Content is protected !!