「整体って痛いの?」の真実について現役整体師が教えます。

カウンセリングで整体は痛くないか聞いている女性の画像整体・マッサージの裏話

みなさんは、整体に行ったことはありますか?

整体のイメージって、「痛そう…」って思っている人も多いと思います。

今回は、そんな痛いイメージのある整体の真実について現役整体院の院長がお教えします。

 

スポンサーリンク

そもそも整体って、何?マッサージとは違うの?

整体と言うと…

  • ボキッて骨を鳴らしたり
  • グイグイ体を伸ばしたり
  • ギューッと筋肉を押したり

 

こんなイメージを持っている人は多いんじゃないでしょうか?

「でも整体って、結局のところどんな施術なの?マッサージとは何が違うの?」

なんて疑問を持つ方もいますよね。

 

実は皆さんが思っているように、整体には基本的な施術という概念がありません。

なので、もみほぐし・ストレッチ・ボキボキ鳴らすような整体もあります。

どんな施術であろうと、体を整えることを目的としていれば〝整体〟と名乗っている方は多いんです。

 

あくまでも整体は、医療による治療行為ではなく代替医療です。

 

医療機関で良くならなかった方や、医療機関での治療と一緒に併用することで、「より健康的な体を目指しましょう」と健康増進を目的として通うのが整体のあり方です。

なので、「整体ってどんな施術なの?」という対して答えは、「ない」が正解です。

 

整体は「痛い!」なんて聞くけど本当なの?

先ほども伝えた通り、整体はお店によって施術のやり方が違います。

グイグイ強く押したり、ストレッチしたり、ボキボキするスタイルの整体を選べば、基本痛いのが当たり前です。

ですが今では、痛いのが苦手な人に向けたソフト整体なんてものも増えました。

 

優しく揉むような施術から触れるような優しいタッチの施術まで、様々な種類の施術を行われているお店は探せばたくさんあります。

私の整体サロンでも、お客さんの体の負担を考えてこのような痛みのないソフト整体施術を取り入れています。

当院の整体はちょっと特殊ですが、体をゆらすような施術が多くご利用者さまには、「まったく痛くないのに体が軽くなる!」とビックリされることが多く人気です。

 

整体は痛い方が効くんじゃないの?

あくまで私個人の感想ですが、「整体は痛いから効く」という考えはちょっと違います。

痛いところを強く押したら、悪化してしまうことだって当然あるからです。

「痛いから効く」という訳ではなく、「痛いぐらい押されると満足感がある」ってだけです。

満足感と効くは、別物です。

 

なので、容易に腰が痛いからといっても、自分で強く押してしまうのは危険!

整体で、腰を強く押してもらいになんて行こうとするのは危険ですので辞めましょう。

何度も言いますが、整体は医療ではありません。

痛みが発生したときは、まずは病院などの医療機関へ受診することをおすすめします。

 

整体を受けるなら、痛いよりも優しい方が良い

まぁこれも人それぞれで、「痛いほうが好き」なんて言う人もいるでしょうし個人の自由です。

私自身は体の負担を考えると、痛くない優しい整体のほうが良いと思っています。

 

理由は痛い整体というのは、もみっ返しによるだるさ、次の日に痛みが悪化することもあります。

もみっ返しによる症状のことを、「好転反応」という方がいますが、本来整体で好転反応なんて起きるなんてことは、科学的な証明はされていません。

根拠のない言葉を信じすぎてしまうのも良くないことです。

単純に悪化しているだけの可能性もあるので気を付けましょう。

なるべく整体もリラクゼーションの一種として捉えて、健康増進を目指すためのひとつの補助として考えて通うようにしましょうね。

 

まとめ

このように私のお店でもお客さんには言っていますが、整体は体を治すものではなく、健康増進を目指す補助的なものとして通っていただくのが本来のあり方です。

整体は自分にとって、体が軽くなるもの、気持ちいいもの、リラックス効果を感じるものを選ぶようにしましょう。

 

当然リラックス目的で通っていくことで、長年の体の痛みが良くなることもあります。

とりあえずは、自分にとって健康のサポートしてくれる1つの場所として認識しておきましょうね。

整体・マッサージの裏話
スポンサーリンク
ナチュをフォローする
スポンサーリンク
管理者
ナチュ

30代突入。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立し、体や心に悩む約3000人以上をサポート。属性:ぼっち・アニオタ。趣味:カメラ、キックボクシング。将来の夢:ブログ月間100万PV!得意なジャンルは自ら執筆し、苦手・専門外のジャンルはライターに頼み定期的に記事を更新しています!

ナチュをフォローする
応援お願いします。
ナチュブロ

コメント