【長期間のファスティングは危険!】注意点と正しいやり方

本を読んでいる女性の画像ファスティング

ファスティングに慣れてくると、ファスティング期間(断食)を延ばして行ってみたい気持ちって出てくる人もいると思います。

ただ1日のファスティングと5日間行うのでは、まったくもって内容も苦しさやリスクも違います。

 

もしも、長期間のファスティングを行いたいなら、最低限の知識と気をつけるべき注意点を知っておくことは大切です。

 

スポンサーリンク

ファスティングは、長期間やるほど健康に良いとは限らない

公園の階段に座る女性の画像

ファスティングを行う目的は、人それぞれで違いますよね。

あなたは、「健康のため?美容のため?ダイエットのため?」

きっと、体のことについてがほとんどだと思います。

 

でも、短期間ではなく長期間のファスティングをやりたいあなたの理由の中で

「たくさんやれば激的に痩せれるから。健康になるから。」

そんな風に思ってる方がいるなら注意が必要で、一度考え方を直したほうがいいでしょう。

 

ファスティングは、慣れてる人で長く行っても3日〜5日程度までが一般的です。

3〜5日程度であれば、まだ健康効果や美容効果は発揮されます。

私も実践経験からの感想でもありますが。

 

ただし!

5日以上の長期ファスティングは、あまりオススメはしません。

時に、1週間以上かけて長期的なファスティングを行うような人もいますが正直危険です。

 

ファスティング期間が長ければ長いほど健康になる。効果が上がると思ってる人は、それは間違った知識と考えです。

 

ある研究では以下のように言われています。

アメリカ心臓病協会は17年1月30日付の声明で、断続的断食は1日に少しずつ何度も食事をするのと同じく短期的には心臓にいいという研究結果があることを認めている。しかし、長期的な効果については研究の余地があるとクギを刺した。

引用:Newsweek

 

適度に定期的に行うことで、ファスティングは本来の効果を発揮しやすいと言えます。

なので、長期のファスティングを考えてるのであれば、最高でも3日〜5日まで程度にしましょう。

 

長期間ファスティングを行うなら3つの手段で行うのがベスト

ライオンの被り物をした男性の画像

➀短期間から徐々に期間を延ばしていく

自身で行う場合は、自己責任の上で細心の注意を払って短期間から行っていき少しずつ期間を延ばしていくことが大事です。

 

➁医師や管理栄養士などの専門の人の下行う

一人で行うのが不安な方や、持病などを持っていて何か気がかりになることがある人は専門家に相談の上で行いましょう。

 

③宿泊プランや断食道場などの施設で行う

ファスティングを行える宿泊施設なども存在しています。料理やプログラムなどすべて用意してくれるので、自身で行うのがめんどくさい人にはオススメです。

 

便利な世の中ですね。

費用を出せる人は専門の宿泊施設で行うのもいいかもしれませんね。

 

ファスティングを行う上で気をつけるべき注意点

長期間だけでなくファスティングを行う上で、気をつけるべき注意点はたくさんあります。

  • タバコやお酒、ガムやジュースはNG
  • お風呂は、熱い温度による長時間の長湯は危険
  • 水分摂取量は定期的にしっかり飲み脱水に気を付ける
  • 途中で体調不良を感じたら無理せず中断も考える

 

なるべく体に負担のかからいないような環境を作ってあげることは大切です。

 

健康効果アップ!安全に行う4つのコツ

自身で行う場合は、最低でも以下のことを注意して意識すると効果的にファスティングを進めることが出来ます。

長期間のファスティングで抑えておくポイントと注意点4つ
➀栄養価値が高い酵素ドリンクを使用する

デトックスの質を高めるために、完全無添加で低カロリーなものを選ぼう。

質が悪いと、ファスティングの効果も下がることや栄養の補給としても役に立たず体調不良のきっかけにも繋がります。

 

➁水分摂取量はしっかり飲む

ファスティングは、普段よりも体内の水分量が少なくなります。

代謝が落ちてデトックスも効果的に働かないため、1日2〜2.5ℓの水分量を目安に摂取しましょう。

 

③食前30分前に酵素ドリンクを飲むと効果的

準備食や回復食期間では、食事30分前ぐらいの空腹時に酵素ドリンクを飲むと栄養を効果的に吸収してくれます。

 

④筋トレして筋肉量を落とさない

食事量のエネルギー摂取が極端に少なくなるので、筋肉量が落ちやすいのがファスティングのデメリット。

日々適度に筋トレを取り入れると空腹感の予防や筋力低下を予防出来ます。

 

初級者さん~上級者さん向けの方法まで知りたい方は下記関連記事へ

これさえ見ればファスティングのすべての方法がわかる!
ファスティングのことを知らない初心者さんから、もっと深くやってみたい上級者さんまで、ファスティングに関する情報をひとつに総集編としてまとめました。この記事ひとつでほとんどの疑問は理解、解決出来るように詳しく書かれていますので情報集めの一つにしてみてください。

まとめ【ファスティングは短期から少しずつ長期に適度に】

このように、ファスティングは適度に行うことが一番の効果を発揮しやすいと言えます。

長ければ長いほど健康になる痩せるという考えはやめておきましょう。

 

どうしても行うのであれば3日~5日程度、慣れない人は1日から慣らしていき少しずつ期間を延ばしていきましょう。

ファスティング
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

1990年東京都出身。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、26歳で脱サラ。退職後すぐ整体ボディケアサロンを独立開業!整体セラピスト&カウンセラー&ダイエットアドバイザーとして、体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポートしてきました!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ、キックボクシングです。現在は、将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中です!

SHOTAをフォローする
お役立ち情報(無料)

LINE登録用のバナー

応援お願いします。
ハピブロ

コメント