「人生決まっている」なんて嘘である!人生は自分自身で変えることができる。

道にリスがいる画像心の話

歳を重ねるに連れて、「人生決まっている」と言われる機会が多くなります。

しかし、「人生決まっている」というのは嘘であると、私は思っています。

だって、人生は自分の行動次第で変えられるからです。

 

スポンサーリンク

「人生決まっている」なんて嘘…

「人生なんて生まれた時から決まっている」なんて、意見する人もいますよね。

しかし、「人生決まっているなんて嘘だ…」と私は思うのです。

やはり、「何歳になっても人生は変えられる」と、私は思っています。

 

何歳になっても人生は変えられる

 

若ければ若いほど、人生は簡単に変わりやすい。

例えば、「整体師になりたい」なんて考えたとします。

 

年齢が若いころほど、「整体師になりたい」という夢や目標が出来れば、専門学校に通うことも出来ます。

 

一方で、社会人になってから、「整体師になりたい」と思っても会社を辞めない限りは、学校に通う時間もお金もないですよね。

 

このように考えると、「若ければ若いほど、人生を変えるチャンスは増える」と考えられます。

しかし、年齢なんて関係なく会社を辞めてしまえば、整体の学校に通うことも出来るので、たとえ30代40代でも整体師になること、人生を変えることは可能です。

 

要するに、何歳になっても自分の行動次第で、いつでも人生は変えられます!

ただし、年齢を重ねれば重ねるほど、新しい事に挑戦することはリスクが増えやすいというだけ。

人生を変えることは出来るが、それ相応の勇気と覚悟が必要となるのです。

 

人生は自分自身で変えられる

アメリカアリゾナの風景の画像

何度も言いますが、人生は変えられます。

しかし、当然ただ待っているだけでは、人生は変わりません。

やはり、人生を変えるためには、自分自身が行動しなければいけないのです。

 

人生を変えるために行動する勇気と覚悟。

人生を変えるためには、まずは行動しなければいけないのです。

しかし、その行動には大抵リスクが生じます。

 

例えば、先述したように、社会人になってから「整体師になりたい」と考えたとしても、「会社を辞めて、整体の学校に通う」という行動を取らなければいけません。

 

会社を辞めるということは、生活費などを考えると、それなりのリスクを覚悟しなければなりません。

それだけでなく実際に仕事を辞めて、整体の学校に通うことが出来ても、「自分に合わなかった。思ってた世界と違った…」なんて結果が待っている可能性だってあります。

 

この場合、後悔しても会社に戻れるわけでもありませんし、再就職が出来るかも保証もありません。

このように、人生を変えるために行動をするということは、様々なリスクを背負わなければいけないのです。

 

しかし、何度も言うように、行動をしなければ、人生は変わりません。

つまり、リスクを背負わなければ、人生は自分の理想通りに変わらないことも多いのです。

 

もしも自分の中に理想な人生があるとしても、叶えるためにはリスクを背負ってでも行動しなければいけない場面は必ず出てくるのです。

 

理想の人生を歩みたい気持ちがあるのであれば!

「自分はどうしたいのか?」よく自分の気持ちと相談して、自信を持った状態で、「人生を変えるための行動」に挑みましょう。

 

人生を変える方法とは!?

夕日と川の画像

「行動すれば人生は変わるチャンスはいくらでもある」と話しました。

では、具体的にどのように行動すれば、人生は変わっていくのか?

ここからは、そんな人生を変える具体的な方法について、お伝えしていきます。

 

「理想」を考える

「人生を変えたい」と思ったのなら、まずは「理想」を考えましょう。

例えば、先述したように、社会人になった後で、「整体師になりたい」という夢や目標が出てきたとします。

 

この場合、理想は、「整体師になりたい」ですよね。

まずは大まかでもいいので、自分にとっての夢や目標、理想の人生を考えてみましょう。

 

「具体的にどうなりたいか?」の答えを実現する方法を考える

理想が決まったら。

では今度は、「具体的にどうしたいのか?」考えて行きましょう。

 

今回は、理想を「整体師になりたい」だったとして話を進めます!

この理想でもある整体師になりたい人生を、具体的に考えるとすると…。

 

「整体の学校に通って資格を取得し、整体師として5年間の実務経験を積んでから開業したい!」

 

と言うような考えが、これから自分が過ごしたい理想の人生にするために必要な具体的な行動になります。

 

ここは、より具体的に細かく考えることが出来れば出来るほど、理想の人生に変えられるチャンスは増えますし、叶う確率も高くなりますよ。

 

目標を実現するために行動する

ここが一番勇気と覚悟がいる場面です。

先ほど決めた具体的な目標が定まったら、実際に行動をしていきましょう。

 

今回の人生を変えるための例で考えて行きましょう。

 

「整体の学校に通って資格を取得し、整体師として5年間の実務経験を積んでから開業したい!」

 

こんな理想の人生に変えるためには

 

①仕事を辞めて、整体の学校を通い資格を取得する。

②または、仕事は辞めずに出来るのなら、通信で通うなど。

③今の仕事を辞めて、整体師として働ける職場に就職して実務経験を積む。

④開業資金もしっかり貯める。

⑤実際に現場に出て、経験値を実力を付ける。

⑥職場を辞めて、テナントを借りて開業する。

 

今回は例なので、ざっくり書いてしまいましたが、このような流れが、理想の人生に変えるために必要な具体的に行動すべきことになるでしょう。

 

きっと、人生を変えるということ、行動に移すときには、たくさんの不安や恐怖もあるでしょう。

ただし残念ながら、この不安や恐怖を乗り越えて行動に移すことが出来なければ、自分の理想の人生に変えることは出来ないのです。

 

いかに、実現のために本気で勇気と覚悟を持てるかで、自分の人生がどう変化するかは変わってくることを理解しておきましょう。

 

嫌なことから逃げることも、人生を変える方法である

白いきつねの画像

今まで話してきたような夢や目標などの理想の人生とかとは関係なく、生活のなかで嫌なこと不満なことが多く、それが原因で人生が苦しく感じている人もいますよね。

 

やはり、嫌なことから逃れられるだけでも、人生は変わっていくことも多いです。

従って、今の嫌なことや不満な人生を変えたい人は、嫌なことから逃げることも考えるべきでしょう。

 

嫌なことが人生を苦しめていない?

 

嫌なことが多くなることで、人生が苦しくなってしまうことは、たくさんあります。

例えば、会社の人間関係が嫌で、人生が苦しくなっている方。

 

この場合、会社を辞めれば、嫌な人間関係から逃れられます。

つまり、会社を辞めれば、人生はいい方向に変わっていくかもしれないということ。

 

やりたいことがある方なら、やりたいことに挑戦することで、人生は変わることもありますが、嫌なことから逃れるだけでも、今よりも良い方向へ人生が変わることもあります。

 

「嫌なことから逃げる勇気」を持とう

 

この嫌なことから逃げることも実は、リスクが生じるんですよね。

先述したように、会社の人間関係が嫌で、会社を辞めたとしましょう。

 

この場合、会社を辞めるわけですから、無収入になることがリスクとして考えられます。

やはり、すぐに再就職先が見つかる保障などありませんから、「会社を辞めること」はリスクであると言えますよね。

 

恐らく、ここでのリスクが怖くて一歩踏み出すことが出来ず、仕事を辞められない人も多いはず。

もちろん、何でもかんでも嫌なことから逃げるのは、逃げクセがついてしまうので良くないこと。

ただ、ときには「人生を苦しめるものから逃げることも必要」と思ってもいいのではないでしょうか。

 

人生をいい方向に変えるためにも、今自分が我慢している環境や嫌なことは、「逃げてもいいものか?」よく考えてみましょう。

この記事が、あなたの人生を変えるひとつのきっかけになれば幸いです。

心の話
スポンサーリンク
SHOTAをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHOTA

アラサー男子。都内。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐフリーの整体セラピストとして独立!体や心に悩む人たち約3000人以上の方をサポート!基本ぼっちでアニオタ。趣味は、スノボ・キックボクシング・護身術。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦!

SHOTAをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント