人生失敗して手遅れでも間に合う!思わず試したくなる環境打破する行動!

夕日の中の湖の真ん中で後ろに体を反り返っている女性の画像人生論

人生生きていると、失敗することなんて誰にでもあります。

中には、大きな失敗をしたことで、手遅れな環境になってしまった人もいますよね。

 

スポンサーリンク

物事に失敗する最も多い要因

人生において失敗とは、成長に繋がることもあるので、決して悪いことではありません。

しかし、失敗は極力少ないに越したことはないものです。

物事に取り組む際に生じやすい失敗の要因を把握しておくことで、今後の失敗に繋がる確率もグンと抑えられます。

 

失敗に繋がる5つの要因
  1. プログラム・目標設定があいまい
  2. 知識や技術不足
  3. 準備不足
  4. 不注意
  5. もともと不可能に近い挑戦だった

 

基本、物事に取り組んで失敗に繋がる要因は、この5つです。

何かに挑戦するときや取り組むときには、必ず最善の準備をしておけるかで、成功する確率も変わります。

 

その中で最も重要なのは、正しいプログラムや目標設定を立てることです。

プログラムや目標設定が立てることができれば、どれぐらいの知識や技術が必要か、何を準備しておくべきなのか、注意しなければならないポイントは何かなどを明確化できます。

少しでも失敗を繰り返さないようにするために、このプログラムや目標設定には時間をかけることを、意識して気を付けてみましょう。

 

人生失敗しても手遅れではない!むしろチャンス!

朝日に照らされた海にフレームを当てはめている女性の手の画像

人生誰でも、失敗なんてありますよね。

人生失敗しても手遅れなんてことは基本ありません。

だって、未来は自分自身の行動一つでいくらでも変えられるからです。

何より、人は失敗するからこそ学び成長するもの!

どん底に落ちたときこそ、成長や成功のチャンスなのです。

 

人生失敗しても、まだ間に合う!手遅れな環境を打破する行動!

崖から落ちそうな大きな石を止めている人のシルエットのイラスト画像

あなたの人生の失敗とはなんでしょうか?

手遅れだと感じてしまうほどの環境とは、よほどのことですよね。

そんな深刻な環境にいるときこそ、行動次第で大きく成長するチャンスになります。

 

一度現実を受け止める

失敗した事柄から逃げるのはやめて、一度現実を受け止めることも大切です。

無理してポジティブに考えて行動したところで、心の底からは認めきれないものだからです。

それでは、ずっとモヤモヤしてしまいますよね。

返って引きずるきっかけになるので、いっそのこと失敗した現実と向き合って受け入れてみましょう。

 

溢れ出す感情をさらけだす

自身の失敗、手遅れに感じるほどの現実を受け止めることって、とても難しいことです。

現実を受け止めるなんて、怖いし逃げたいでしょうし、普通はできないでしょう。

しかしその分、受け入れることができたとき、色々な感情が沸き上がってきます。

悲しい、悔しい、不安、後悔などの感情が溢れ出してくるはず。

この感情を、素直にさらけだして心をスッキリさせることが次に繋がるんです。

 

自分の本音に気づく

感情をさらけ出していくと、「あぁ。本当はこうしたかったなぁ…あのときこうしておけばよかったなぁ…」なんて自分の本音が出てきます。

このように、次のステップに進むには、自分の素直な本音や気持ちを気づいていけることが大切なんです!

そして何より、自分の本当にしたかったことをしてみる勇気や覚悟をつけてみましょう。

 

失敗の原因を考えてみる

人生の中で起きる失敗のほとんどには、原因が必ずあります。

「なぜ手遅れになるほどの失敗をしてしまったのか?」

ここを客観的に考えることで、解決策も見えてきます。

次の機会に活かすためにも、自分を責め続けて落ち込むのは辞めて、一度冷静になって原因の究明に時間を作ってみましょう。

 

一度すべて捨ててみる

もしも何をしても、前へ進めないときは、一度すべてのことを放り投げてみましょう。

何かに縛られていたり、忙しくしていたりすると、自分らしさが消えていきます。

何も考えない環境を手に入れるために、一度肩に乗った重荷を全て捨ててみることも大切です。

冷静に物事を考えられるような環境が増えることで、今の最悪な環境すらも打破するきっかけに繋がります。

 

人に頼って助けてもらってみる

今まで起こしてきた人生の失敗の要因の中に、一人で頑張りすぎてしまうところなどありませんでしたか?

なんでも一人で頑張ろうとして失敗することが多い人は、同じことを繰り返さないためにも、人に頼ることも大切にしてみてください。

 

人を頼って助けてもらうことで、人への感謝を感じられるようになります。

何より効率的に物事を動かせるようになるため、結果に結びつきやすく、失敗も最小限に抑えられるようになりますよ。

 

技術・スキルを磨く

何か1つでもスキルを磨いてみることで、活動の幅や視野を広げてみましょう。

人生の失敗の原因の中に、「実力不足や経験不足だった…」なんてこともありますよね。

きちんとした技術やスキルを身に付けることで、今の現状を打破するきっかけになります。

 

我慢していることを辞めてみる

普段、なにか我慢していることありませんか?

そんなときこそ、やりたいことを我慢しないで、一度ストレス解消の意味も込めて全力でやってみるのもいいことです。

気持ちがリフレッシュすることで、必然と心も前向きになり良いアイディアが生まれることもあります。

 

言い訳するのを辞める

何かに言い訳をして、行動に移せずにいることはありませんか?

その行動が、返って人生の失敗を招きやすくすることもあります。

今後も手遅れになってしまうほどの失敗がないように、言い訳をするのを辞めて素直に行動に移せるようにしてみましょう。

 

大きな挑戦をしてみる

現状が手遅れな環境に思っているなら、一度環境すべてを変えてしまうぐらいの大きな挑戦をするのも一つの手です。

借金を抱えてしまったのなら、お金をたくさん稼げる仕事に転職活動してみるなど。

今の現状を変えることは、恐らく本気を出せばいくらでも解決策はでてくるはずです。

結局は、現状を変えるには、行動する勇気と覚悟が必要なのです。

 

人は、悪い環境になる時ほど、現状をこれ以上悪化させないように、不安から行動範囲が狭まります。

しかし、そういった行動は返って現状を変えずに、ずるずると悪い方向に向かってしまうことも多い。

人生の転換期のようなイメージで、環境を変えるために、思いついたことは勇気と覚悟を出して挑戦し、一発逆転でもいいので考えて行動してみましょう。

 

人生どん底に落ちないと気づけなかった大切なことトップ10!
みなさんは、人生のどん底に落ちたことはありますか? 私は仕事を辞めてフリーランス1年目に、初めて人生のどん底を経験しました。 当時はお客さんを集客出来ず、売り上げがなく、収入なし、貯金が底を付き、借金を抱える…というような地獄の...

自分の行動次第で、人生は乗り越えられる

星空と三日月に照らされる女性のイラスト画像

人生の中で何度失敗しようが、手遅れだと感じようが、自分の行動次第でいつでも環境を変えること、乗り越えることは可能です。

当然何もせず自分を責め続けていれば、現状も何も変わらずに、後悔ばかり感じて生きることになります。

それでは、いつか本当に身も心までもが手遅れな状態になってしまいます。

自分を信じて、今できる最善な方法を考えて行動してみましょう。

人生論
スポンサーリンク
SHOをフォローする
スポンサーリンク
管理者
SHO

30代突入メンズ。「一度きりの人生、色々なことに挑戦したい」と、20代で脱サラ。退職後すぐセラピストとして独立。カラダやココロに悩む、約3000人以上をサポート。ぼっち。アニオタ。趣味、映画鑑賞、スノボ、キックボクシング。将来パソコン1台で海外を旅することを夢見て、ブログビジネスに挑戦中。

SHOをフォローする
応援お願いします。
ハピブロ

コメント